仕入先を見つけよう

lgf01a201311271100.jpg

 

ここでは仕入先について書いていこうと思います。

ものというのはどこにでもありますから、仕入先もたくさんあります。

その中で、私がオススメする仕入先をまとめてみた。

 

・フリーマーケット

・ドンキホーテ

・ネットショップ

 

などです。

これらを選んだ理由は次に書いていこうと思います。

 

オススメの仕入先の理由

 

フリーマーケット

物を売ってお金を稼ぐということは、物を安く仕入れて高く売ることですので安くて綺麗な商品を仕入れるのですが、そこでオススメなのがフリーマーケットです。

なぜオススメなのかというと、家にあった実際のモノの中から売れそうなものを厳選して出しているものばかりが並べているので、とても良質で安い価格で手に入れることができます。

更に、その人たちの中にはモノの価値を分からずに出している人がたくさんいます。

リサイクルショップやネットショップなどで高く売っている商品が激安で売っていることが多々あるので、そのような掘り出し物商品を探し出すことができればかなりの利益を得ることができます。

ですので、フリーマーケットに行ったことがない人は一度足を運んで、物を仕入れるのはこんな感じなんだというのを経験してみてください。

 

ドンキホーテ

激安の殿堂というキャッチフレーズの通りにものが安く、良質な商品が多いです。

普通のショップよりもドンキホーテがいいと思う理由は、いくつかありますが中でもいいと思うのはドンキホーテ独特の商品があるところです。

ドンキホーテならではの独特の形をした目覚まし時計であったり、コスプレ品など様々なジャンルで独特の商品があるので、そのような商品を見たことないという方からすると新鮮味もありますし、なおかつ店が扱っている新品なので中古品に比べると買いやすいので仕入れ先としてはオススメです。

 

ネットショップ

使ったことがある人ならわかると思いますが、ネットで売っている商品は一般的に店なので販売している商品よりも安いです。

このように、一般的な店で売られている商品はメーカーから卸業者を通して店に商品が届くようになっているので、我々消費者に届く時までに2回値段が上がっていることになります。

しかし、ネットショップなどで商品を買うと、メーカーからそのショッピングサイトに商品がいき、その商品が我々消費者に届くようなシステムになっているために一回分しか値段が上がらず商品を安く仕入れることができます。

更に、ショッピングサイトなので店が存在せず倉庫から直接届くので、店の維持費もないので、その分も安くなっています。

ですので、ネットで商品を売るならネットで商品を買ってみるという意味でも一度利用してみることをオススメします。

代表的なネットショップとしてAmazonや楽天などがあります。

 

サイト主から

物を仕入れて売る作業はある程度の知識がなければわからないことが多いです。

どの商品が安いのか、どのジャンルが狙い目なのかというのをまとめてまた別の記事で紹介したいと思いますのでそちらを参考にしてみてください。

家にあるものを売ってみよう