バイナリーオプションは24時間できるわけですが、これは、日本が取引を終えていたとしても、別の国で取引が行われているからこそ取引を行うことができるのです。

ですので、より多くの取引をしたいと思っている方は、いつどこでどのような取引が行われているのかをある程度知っておく必要があります。

今回は、バイナリーオプションをやるにあたっての基礎知識である外国為替市場の時間帯について説明したいと思います。

 

外国為替市場時間割

外国為替市場は季節や時間帯で取引が異なる部分があり、まず初めにその違いについて書いていこうと思います。

 

引用元 http://fx初心者バイナリーオプション.com/binaryoption/time/

 

この写真は、通常時と夏の時の取引が行われる時間帯が記されたものです。

図を見てもらうとわかると思うのですが、東京が9~18時までなのに、ロンドンやニューヨークでは日本が取引を終えたあとも取引が行われています。

このように、日本で取引が終わっていてもほかの国で取引がおこなわれているので24時間自由に取引を行うことができます。

上の図と下の図の違いは季節です。

上の図は通常時の取引の時間帯を示していて、下の図は夏の時の取引の時間帯を示しています。

特に大きな違いはないのですが、取引の頻度が変わっています。

これを知っているか知らないかだけで勝率が変化していきます。

いつもどおり通常時の時間帯で取引を行っていたものを、サマータイム時にやってしまうと、取引の頻度の違いから負けてしまうことがあります。

ですので、この取引時間の違いは覚えておいたほうが勝率が高まります。

 

サイト主から

外国為替市場の開催時間と取引が頻繁に行われる部分を押さえておくだけで、勝率が変化します。

私も最初は何も知らないまま取引を行い、通常時からサマータイムに変化した時に負けを重ねてしまいました。

ですので、初心者の方はぜひ覚えておいてください。

Author

大学卒業後、就職するも働き方に疑問を感じ、1年で会社を退職し個人ビジネス支援サイト「ビジトレ」を立ち上げた当サイトの管理人。 現在は、「個人ビジネスコンサルタント」として、個人で頑張る人達の支援活動をさせていただいております。

Write A Comment