ともに仮想通貨を利用したビジネスモデルである「ビットリージョン」と「ビットキングダム」。

どちらも寄付をすることによって、受け取るときに毎日0.5%もしくは1.0%の上乗せされた金額が支払われるという制度をとっています。

ボーナスも似たりよったりでパッと見では同じ内容に感じます。

そこで、今回はビットリージョンとビットキングダムの違いについて書いていこうと思います。

ビットリージョンとビットキングダムについて詳しく知りたい方は、別の記事に詳しくまとめていますので、そちらをご覧になってみてください。

BitRegion(ビットリージョン)ってなに?

仮想通貨で資産運用!? ビットキングダムとは?

 

ビットリージョンとビットキングダムの違い

ビットリージョンとビットキングダムには次の違いがあります。

引用元 ビットキングダム情報局

 

ずらりと並べるとこのような違いがあります。

いろいろな違いがありますが、中でも注目してもらいたいのは、参加人数です。

ビットキングダムは32万人に対してビットリージョンは31000人しかいません。

これは広める側としては大きなチャンスです。

人数が少ないから人気がないというわけではなく、まだ世間に広まっていないというのが今の現状です。

これ以外に大きな違いがあるとするなら、ボーナス制度に違いがあります。

ビットキングダムは自分のしたの人には報酬がいかないのですが、ビットリージョンは自分の組織の人にも報酬が入ります。

ビットリージョンは最初に0.15BTCの料金を支払わなければいけないのですが、それを補える報酬を組織の人に与えることができます。

今までのMLMでは、下の人に報酬を与えることができなかったのですが報酬を与えることができるので、これは大きな利点です。

これらの違いを理解した上で、どちらのビジネスをやっていくのかを決めていくと、ビジネスをしていく上でやりやすくなると思います。

 

サイト主から

仮想通貨を利用したビジネスモデルはこの他にもあるのですが、いま日本に広まりつつあるビジネスはこの二つのビジネスモデルです。

仮想通貨は日本でも公認されている通貨です。

様々な企業が取り入れようとしている通貨なので今後の成長に期待ができます。

Author

大学卒業後、就職するも働き方に疑問を感じ、1年で会社を退職し個人ビジネス支援サイト「ビジトレ」を立ち上げた当サイトの管理人。 現在は、「個人ビジネスコンサルタント」として、個人で頑張る人達の支援活動をさせていただいております。

Write A Comment