みなさんの常識を変えるかもしれないものがみなさんの見えないところで話題になっていることがあることをご存知ですか?

それは「ブロックチェーン」というものです。

ブロックチェーンが本格的に導入されると、今まで当たり前のようにやっていた作業が当たり前じゃなくなり、何かしらの手続きをするときに必ず必要になっていたアレを持っていかなくて済むようになる時代が来るかもしれません。

今回は、そのような可能性を秘めたブロックチェーンについて書いていこうと思います。

 

ブロックチェーンとは?

引用元 https://honcierge.jp/articles/shelf_story/1234

 

ブロックチェーンとは、ブロックと呼ばれる順序付けられたレコードの連続的に増加するリストを持つ分散データベースの事です。

従来のデータの保管方法は、大きな空間の中にデータを保管していくような感じでしたのでデータを改ざんすることができました。

ですが、ブロックチェーンでは、決められた容量のデータが蓄積されると、自動的に次のブロックがでてきて、そのブロックにデータが書き込まれるようになり、またそのブロックが埋まると、新しいブロックが出てくるというように、ブロックとブロックが鎖で結ばれているようになります。

これにより、データの改ざんをおこなおうとしても違うブロックにそのデータがあることになるので、改ざんすることができません。

なので、信頼性の高い取引を行うことが可能となりました。

ブロックチェーンの技術はもともと仮想通貨を運用するために用いられていたのですが、データの改ざんができないことや、信頼性の強さから注目され、現在では印鑑や証明書がなければ申請を行うことができなかった書類の申請を行うことができたり、その地方でしか使えなかった通貨をほかの地方で同じように利用することができたりと様々な分野での利用が期待されています。

更に、ブロックチェーンはそのセキュリティーの高さから、今まで中間会社が必要であった不動産や車のレンタルなどがいらなくなり、個人と個人でやり取りができるようになると言われています。

このように、ブロックチェーンは仮想通貨の世界だけでなく、様々なところに利用されていき、私たちの生活を大きく変化させようとしています。

今は、まだニュースなどでは少しか取り上げられていませんが、既に銀行ではブロックチェーンを取り入れた管理システムを取り入れており、私たちの見えないところで少しずつ変化しています。

ブロックチェーンが表沙汰になるのは、まだ少し時間がかかるかもしれませんが、いずれ必ずみなさんの目に触れる時があるでしょう。

その時に、乗り遅れないようにしておきましょう。

 

サイト主から

ブロックチェーンは今後世界を変えてしまうかもしれないシステムなのではないのかと言われています。

今まで当たり前のようにやってきた行為が当たり前ではなくなる可能性があります。

そのような時になったときに「知らなかった」では済まなくなります。

知っていて損がない知識ですので、覚えておくことをオススメします。

Author

大学卒業後、就職するも働き方に疑問を感じ、1年で会社を退職し個人ビジネス支援サイト「ビジトレ」を立ち上げた当サイトの管理人。 現在は、「個人ビジネスコンサルタント」として、個人で頑張る人達の支援活動をさせていただいております。

Write A Comment