最近テレビや新聞などで取り上げるようになった「ビットコイン」。

ビットコインは2017年4月に正式に日本でも通貨として認められ、今後様々なところでビットコインを利用したサービスが登場するでしょう。

いま日本で仮想通貨と言えばビットコインとなっていますが、ビットコインのような仮想通貨は他にも複数存在しています。

今回は、ビットコインの次に流行るであろう仮想通貨について書いていこうと思います。

 

次に人気がでるかもしれない仮想通貨は?

複数ある仮想通貨の中で次に人気が出ると思われるのは以下の仮想通貨です。

 

・DASH、Zcash、Monero

ビットコインは、全ての取引が公開されているという特徴があるのですが、DASH、Zcash、Moneroは全く逆と思っていただけるとわかりやすいと思います。

これらの仮想通貨は、匿名性が高く、すべての取引が隠された状態で行うことができます。

なので、取引が見られたくなかったり、大切なお金を送金するときに利用されるのではないかと期待されています。

ビットコインのように世間に全てをさらす仮想通貨もあれば、逆に世間には絶対に公開したくない仮想通貨も今後人気が出ることが予想されるので、これら3通貨のうちどれかの人気が出るのではないかと期待されています。

ちなみに、2017年2月の地点ではDASHがほかの2つに比べて人気が出ているので、もしかするとこの3つの通貨の中では一番早く人気が出るかもしれません。

 

・イーサリアム

イーサリアムは、ユーザが独自に定義した契約・財産を扱うことができる柔軟性の高い通貨です。

また契約はチューリング完全な言語により記述することができ、中央機関なしに契約を自動執行することができます。

これは、ビットコインにはなかった機能で、今まで仲介会社を通してでしか行うことができなかったことが、個人間でも行うことができるようになるので、ビットコインにはない可能性を秘めています。

今まで面倒だったことがこの仮想通貨によって改善される可能性があるので、この通貨も次に人気が出るのではないかと思います。

 

これらの仮想通貨以外にも世界には700を超える仮想通貨が存在していると言われいていますのでまだまだ可能性を秘めた通貨が存在しているかもしれませんが、現段階で人気が出るのではないかとされているのは紹介させてもらった通貨になります。

 

サイト主から

仮想通貨は現在ものすごい勢いで浸透しつつあります。

ですので、多くの方が仮想通貨を投資対象にして投資を行ったりしています。

ビットコインだけで見ても一年前は1BTC=約6万円だったものが現在では1BTC=約15万円まで跳ね上がっています。

更に、今後様々な企業での利用が予想されるので、1BTC=30~40万円になるのではないかと予想されています。

これほど可能性がある仮想通貨に投資しないてはないですよね!

そんな可能性を秘めた仮想通貨を最大限利用したビジネスモデル

今話題になっているので、興味がある方は下の写真をクリックしてみてください!!

 

Author

大学卒業後、就職するも働き方に疑問を感じ、1年で会社を退職し個人ビジネス支援サイト「ビジトレ」を立ち上げた当サイトの管理人。 現在は、「個人ビジネスコンサルタント」として、個人で頑張る人達の支援活動をさせていただいております。

Write A Comment