世界中に仮想通貨は700種類以上存在しており、それぞれが異なる役割を持っています。

ですが、これらの仮想通貨の中には役割が似ている通貨がいくつも存在しています。

最近、仮想通貨に投資をする人が多いのですが、役割がかぶっている通貨はどの通貨の価値が上がるのかわからないと思います。

ですので、今回は性能がある通過とよく似ている仮想通貨「ライトコイン」について書いていこうと思います。

 

ライトコインとは?

ライトコインは様々ある仮想通貨の中でも「決済用」の通貨として世の中に出回っている通過です。

決済用の通貨の中には、今では様々な国と地域で導入されている仮想通貨の中でも代表的な通貨「ビットコイン」と同じような役割をしています。

現在では、ビットコインの価格が約27万円に対してライトコインは約3000円程です。

同じような役割を果たしている通貨にもかかわらずこのように価格に違いが出ているのですが、これは利用方法が異なっていることが大きな要因として挙げられます。

 

ビットコインとライトコインの違い

ビットコインとライトコインは似ている部分が多いのですが、その中でも大きな違いはトランザクションの時間が違うことです。

トランザクションとは、取引のことで仮想通貨をやりとりする際に発生する待ち時間みたいなものなのですが、この待ち時間が大きく異なっています。

ビットコインはトランザクションが完了するまでに最低でも約10分程の時間がかかってしまいます。

一方ライトコインはこのトランザクション作業が非常に短く、2.5分完了します。

ですので、ビットコインのやりとりに比べるととても早い時間で取引を終わらせることができます。

このことだけを考えますと、ライトコインの方が優秀ではないかと思うのですがビットコインにはトランザクション中にセキュリティ面も加えているためにこのような時間がかかると言われています。

ですが、ライトコインはこのような処理がされているのか微妙でありセキュリティレベルに問題があるのではないかと疑問視する人がいます。

この他にも、総発行量が違い、ビットコインは2100万枚ですが、ライトコインは8400万枚とビットコインと比べると4倍多い発行量となっています。

 

サイト主から

ライトコインは2015年の時は約180円の価値しかなかったのですが、現在約3000円の価値になっているので、2年で16.6倍価値が上がっています。

仮想通貨市場は現在ものすごい成長率を見せており、ビットコインの事を例に挙げますと、半年前までは12万円台だったものが、現在では約30万円近くまで成長しました。

今後も仮想通貨は金と同じように成長を遂げていくと考えられるので投資対象としては最高のジャンルに入るのではないかと思います。

ですので、ぜひ仮想通貨を買ってみてはいかがでしょうか?

Author

大学卒業後、就職するも働き方に疑問を感じ、1年で会社を退職し個人ビジネス支援サイト「ビジトレ」を立ち上げた当サイトの管理人。 現在は、「個人ビジネスコンサルタント」として、個人で頑張る人達の支援活動をさせていただいております。

Write A Comment