近年日本に多くの観光客が来るようになりました。

それに伴い宿泊先がないという事態に陥っています。

ホテルの数が少なく、外国人がたくさん日本に来ても泊まるところがなくせっかく来てくれた観光客に対してひどい印象を与えてしまうような状態にありました。

そこで、考えられたのがairbnbというサービスです。

今回はこのサービスがどのようなものでどのような可能性があるのかについて書いていこうと思います。

 

airbnbとは?

airbnbは世界中で話題となっているサービスで、日本でいう民泊を提供しているサービスです。

民泊とは、ホテルや宿泊施設の代わりに過程の空き部屋や借りているマンションなどに有料で旅行者を宿泊させることで、airbnbはその民泊と観光客をつなぐサービスを行っている会社で、新たな宿泊施設のスタイルであると世界中から賞賛されています。

ですが、民泊は法律を満たしていないということで様々なトラブルが発生していることもあり、なにかと話題のビジネスモデルです。

 

民泊ビジネスの可能性

民泊ビジネスは外国人観光客のためになることはもちろんなのですが、家を貸す側にも止まる側にもメリットが存在します。

 

安い

民泊はホテルに比べると安いというのが特徴としてあります。

都市部のホテルなどに止まると、シーズンによりますが、繁忙期にとまろうと思うと通常価格より倍以上のお金を払わなければいけない時があります。

そのことを考えると、民泊はそのようなことがないのでお手軽に止まることができます。

 

異国の文化を体験することができる

 

airbnbは世界中でサービスを展開しているので、その国に旅行に行くついでに、その国の生活や習慣などを体験することができるのも民泊のいいところです。

airbnbのサービスの中には、このようなこともできるようにホームステイ形式の止まり方もあり、世界中を飛び回ってたくさんの文化に触れたいと思っている人からするとこれほどよいサービスはないでしょう。

 

手軽に旅行することができる

民泊を利用することでやすく世界中を旅することができるので、手軽に海外旅行を楽しむことができるようになりました。

今までは、ホテルや食事などなにかと費用がかかっていましたのが全て安くなるのでその分を旅行の費用に回すことができることも民泊のいいところです。

 

サイト主から

 

airbnbはホテルの代わりという意味でこのサービス提供しているのですが、他にもコンセプトがあり、それは「人と人の交流」ということだそうです。

ホテルに泊まるのもいいですが、airbnbのサービスを利用して現地の人と気軽にコミュニケーションを取ることができて、いっそ旅行が楽しくなると思いますので、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか?

https://www.airbnb.jp/about/about-us

Author

大学卒業後、就職するも働き方に疑問を感じ、1年で会社を退職し個人ビジネス支援サイト「ビジトレ」を立ち上げた当サイトの管理人。 現在は、「個人ビジネスコンサルタント」として、個人で頑張る人達の支援活動をさせていただいております。

Write A Comment