どうしても欲しいモノがあってついつい買ってしまった。

生活費をギャンブルにつぎ込んでしまって今月お金がない。

など、様々な理由でお金がなくてこまってしまったことがあると思います。

人間は、欲望に忠実な生き物なのでどうしてもこのようなことが起きることがあります。

そんな時あなたならどのような行動をとりますか?

バイトをする?家のものを売る?

など、お金を作る方法はたくさんありますが、中でもよくみなさんがしがちなのがお金を借りるという行為です。

友達にお金を借る、銀行からお金を借りる、プロミスやアコムなどからお金を借りるなど、お金を借りる方法も様々ですが、本当にお金を借りるという行為をしてもいいのかについて書いていこうと思います。

 

お金を借りるのは一番楽ではない

お金がない人からすると、お金を借りるという行動が一番簡単だと思っていませんか?

お金を稼ぐためにバイトをしたとしても給料が入ってくるのは1ヶ月後であったり、家のものを売るにしてもある程度の金額にしかなりません。

そう考えると、お金を借りるという行為が最も簡単で一番わかりやすい方法だと思います。

10万円足りないとなれば、10万円を借りれば済む話ですから簡単です。

ですが、本当のこと言うと借りるという行為は最も過酷であるということにお気づきですか?

お金を借りた時に必ず発生するのが利子です。

10万円を借りたとすると、その金額を借りている期間に応じて利子が付きます。

その結果、即金で10万円を借りたものを、10万円以上で返さなければいけなくなります。

これはお金を借りる上で当たり前になっていますが、おかしなことだと思いませんか?

お金がないからお金を借りているのに、その金額以上のお金が請求されるわけですから、お金がない人からするとどうしようもありません。

お金がなくなった人は何かしらの理由があったからこそお金を借りるのです。

病気、失業、物欲、詐欺、破産など、何かしらの理由があったからこそお金を借りる訳になった人がお金を借りたとしても返せるわけがないのです。

仕事やお金を稼げる収入源を持っている上で借りるなら返せるかもしれませんが、それ以外の理由では返せるわけがありません。

ですので、軽はずみな考えでお金を借りることはやめたほうがいいと思います。

 

お金を借りるだけが手段ではない

お金を借りるという行為は最終手段です。

どうしてもお金を借りなければならない状況に追い込まれた時以外利用することはおすすめしません。

では、どのようにお金を作るのかということなのですが、それは、この記事を見たあとからでもいいので貯金をはじめることです。

お金がなくなってからでは苦しい思いをするだけです。

物欲にも負けない、病気にも負けない、詐欺にも負けない、そんな資産形成を行っていればお金がなくなるという事態に陥ることはないのです。

お金がない人の共通点は、その時でしか人生を考えていないことです。

今人間の寿命は長くなりつつあり、平均寿命が80歳くらいになろうとしています。

そのように、長い人生をおくっていく中で、お金の管理ということをしなければいけません。

ですので、お金がないとこの記事を見た人は今からでも遅くありません。

バイトでもなんでもいいのでお金を作って貯金をしていってください。

そうすれば、このような問題に陥る人は減るでしょう。

 

サイト主から

 

今回は、お金がないときにどのようにお金を生み出すかではなく、お金がなくなると思ったときにどのような行動をするのかについて書かせていただきました。

お金は生きる上で必要なものです。

その必要なものを管理できなければ当然お金はなくなります。

お金がなくなってから考えるのは遅いのです。

ですので、お金がなくなると感じた時に、お金を管理するという行動をとるようにしましょう。

Author

大学卒業後、就職するも働き方に疑問を感じ、1年で会社を退職し個人ビジネス支援サイト「ビジトレ」を立ち上げた当サイトの管理人。 現在は、「個人ビジネスコンサルタント」として、個人で頑張る人達の支援活動をさせていただいております。

Write A Comment