【最強の集客術!!】ランディングページとは?」という記事でライディングページについて書かせていただいたのですが、実際にどのように書いていけばいいのかわからない方が多いと思います。

今回は、誰でも簡単に書く事ができ、かつ興味を持たせることのできるライディングページについて書いていこうと思います。

 

ライディングページを書く前に

ライディングページを書くときは、そのページを見た瞬間に相手に興味付ができるような構造にしなければいけないので、他のライバルとは違うインパクトを与えなければいけません。

なので、普通のページではインパクトを与えにくいです。

ページ全体にインパクトを与えるためには少し特殊なページを作る必要があります。

なので、無料ブログでライディングページを作ろうとしている方は、できるところとできないところがあるのですが、HTMLをいじることが多いので、ライディングページを作るときは出来るだけHTMLを変更できるサービスがあるところにしましょう。

 

誰でも簡単ライディングページのつくり方

ライディングページを書くとき、むやみに自分の書きたいことを書いてしまうと、相手に興味を持ってもらう文章になりにくいです。

ですので、ライディングページを作るときはストーリーを作って書くようにしましょう。

ストーリーを作ることによって相手に伝わりやすく、ページに引き込まれやすいです。

今回は、商品紹介を例にして紹介しますが、これを応用することでどのようなものでも相手に興味を持ってもらえるようにできます。

上の画像のような流れで書き進めていくとうまく書く事ができます。

 

ファーストビュー

ファーストビューはライディングページを作っていく上で最も大切といっても過言ではありません。

あなたのページを訪れた人がまず初めに目にするのはフッター部分です。

ここをしっかりと作りこまないと、すぐに離れていってしまいます。

なので、ライディングページを作るときは文章も大切ですが、この部分を作り込むようにしましょう。

ファーストビューを作る上で大切なことは

・インパクトを与える

・読むことによるメリット

この二つを意識して作っていくことが大切です。

インパクトを与えるのは、写真を使うことがオススメです。

写真を利用して「このページには一体何が書かれているんだろう??」と思わせることができれば最高です。

 

問題定義・興味付け

あなたのページを読んでくれている方は何かしらの問題があったからこそあなたのページに興味を持っているのです。

なので、その問題を改めて明確にして、その問題を私が提供する商品で解決することができるということを提示して興味付けします。

この作業を行うことで、相手は自分のページを最後まで読みたくなります。

 

 

共感

「私もこの商品と出会うまではあなたと同じ問題を抱えていました。ですが、この商品を利用してから大きく変化しました。」みたいな文章を書くことで、相手が自分に対して共感してくれます。

共感を持ってもらうことで読んでくれた人は、あなたに対して安心感を覚えます。

安心感を相手に与えることであなたが提供している商品に対して「この商品は信頼できる」というふうに思ってもらえるようになります。

 

 

解決法の提案

「この商品を使ってあなたの問題を解決しませんか?」というような提案をしていきます。

共感の部分であなたの商品に興味を持たせて、その商品があなたも手に入れることができるという事をここでアピールします。

 

この商品で解決できる証拠

「この商品を使うことであなたの問題を解決しませんか?」のように相手に対して商品をすすめ、この商品はあなたの問題を解決してくれるという事をアピールします。

共感の部分でも同じようなことを書いたと思いますが、ここでは商品のことについて具体的に書いていきます。

この商品を使うことであなたの問題が解決できる裏付けや根拠を正確に書いていくようにしましょう。

 

クロージング

やはりどれほどいい商品を提供したとしても、このページを読んでくれている方はあなたのことを知らない人です。

知らない人から商品を買うことは勇気のいる行為です。

なので、最後に相手に対して購入を促すような文章を書くようにしましょう。

代表的な方法としては、商品の販売を期間限定にしたり、特典をつけたりするのが多いです。

 

サイト主から

ライディングページを書くときは文章も大切なのですが、最も大切なことは相手に読んでもらえるようなページにすることです。

いくら素晴らしい文章をかけたとしても読んでもらえなければ意味がありません。

なので、ライディングページを書くときは相手にインパクトを与えることを意識して作成するようにしましょう。

Author

大学卒業後、就職するも働き方に疑問を感じ、1年で会社を退職し個人ビジネス支援サイト「ビジトレ」を立ち上げた当サイトの管理人。 現在は、「個人ビジネスコンサルタント」として、個人で頑張る人達の支援活動をさせていただいております。

Write A Comment