2017年は仮想通貨元年とよばれるくらい仮想通貨市場が盛り上がりました。

仮想通貨のほとんどが価値を伸ばし、ビットコインに関しては、1BTC=約6万円だったものが、現在では1BTC=約30万円くらいまで価格を伸ばし、今では仮想通貨を導入していく企業も増えています。

ですが、実際のところ仮想通貨の市場のほとんど占めているのがビットコインとイーサリアムだけで、ほかの通貨はまだ注目がこの二つに比べると集まっていません。

なので、今後成長する可能性を秘めています。

今回は、まだ2つの通貨よりかは注目されていない通貨「Factom」について紹介しようと思います。

 

Factomとは?

 

Factomとは、貸付記録や証券、保険等のあらゆる書類や記録をブロックチェーン状で管理することができる役割を持っている通貨になります。

今まで、大量のデータを記録するのにはリスクが伴っていました。

大量のデータを管理、保管をするだけでも大変なのに、情報が漏れたりするとすぐに問題になったり、情報が漏れたことによる罰金を払わなければいけなかったりと、データを持つだけで多くのリスクが伴っていました。

ですが、この「Factom」を利用することで、データを一つの巨大なサーバーに管理するのではなく、世界中のコンピュータによる安全で透明性の高い状態での管理が可能となります。

なので、今までの問題がなくなるのではないかと期待されています。

 

Factomの仕組み

Factomはビットコインの技術を応用した通貨で、ビットコイン2.0の一つです。(ビットコイン2.0とは、ビットコインで使用されている技術を応用して利用すること)

 

なので、ビットコインのようにブロックチェーン上にデータを書き込むことができます。

ですが、ビットコインのように、取引が行われるたびにデータをブロックチェーン上に記録を残すと、ひとつのデータを書き込むのに10分以上かかってしまいます。

なので、Factomでは独自のブロックチェーンを使用して、登録された情報をカテゴリー化し、Factom全体を1トランザクションにまとめることによって、手数料やブロックチェーンのデータ量を削減しています。

 

Factomの使われ方

Factomでは、データの管理や記録をしているサーバーに報酬として「factoid」と呼ばれるFactom独自の仮想通貨を与える仕組みになっています。

このシステムにより、データや記録が改ざんされるとすぐに発見することができるようになっています。

Factomを利用するには、この「factoid」を「Entry Credit」と呼ばれるものに変更する必要があります。

factoidを保有する管理サーバーにクレジット払いをすることで、factoidの代わりに必要量のEntry Creditを購入することができます。

なぜこのようなことをするのかといいますと、一つは悪意のあるハッカーなどが盗み出す経済的なインセンティブを減らすためで、もう一つは、利用料の増減の幅を抑制する狙いがあります。

暗号通過を投資目的で利用する人たちによってFactoidが購入され売り買いされてしまうと、サービスの利用料金が定まらなくなってしまいます。

なので、Entry Creditに変更することで、利用料金が乱れないようにしているということです。

Entry CreditはFactionを利用するときにしか利用することができない通貨ですので、一度これに変換するともう現金に戻したりすることができないのでこのような仕組みがとられています。

他にも、盗難できない、記録入力と投票にしか使えない、他の公開鍵への送信が不可能などのメリットがあります。

 

サイト主から

最近投資目的で仮想通貨を利用する人が多いです。

 

もちろんFactomも投資対象となっているのですが、Factomは「Entry Credit」に変換しなれば利用することができないような仕組みをとっているので、利用者のことを考えてくれています。

ビットコインやイーサリアムのように急激に値段が変化してしまうと、買いたいものが買えなかったり、サービスを利用したいのに料金が上がってしまったりなど、不安定な部分があるので、そこのことを考えると、Factomは今後成長していくのではないかと思います。

2016年から2017年にかけて10倍以上に価値が跳ね上がっているのもその証明だと思います。

なので、投資対象としても、利用目的にしてもいいのではないかと思います。

Author

大学卒業後、就職するも働き方に疑問を感じ、1年で会社を退職し個人ビジネス支援サイト「ビジトレ」を立ち上げた当サイトの管理人。 現在は、「個人ビジネスコンサルタント」として、個人で頑張る人達の支援活動をさせていただいております。

Write A Comment