【未来は明るい??】ICOとは? 購入方法は?

最近、仮想通貨に関する情報が充実してきたおかげか、仮想通貨という言葉が日本でも当たり前になってきました。

ビットコインを利用した決算サービスを導入する店舗が増えたり、イーサリアムの技術を利用した自動車が作成されていたりと仮想通貨を利用したビジネスモデルが次々に誕生しつつあります。

その中で最近注目され始めたのが「ICO」というものです。

今回は、「ICO」について書いていこうと思います。

 

 

ICOとは?

ICOとは、Initial Coin Offeringの略称で日本語でいいますと新規仮想通貨公開の事をいいます。

仮想通貨は2017年で約1000種類以上存在しており、なお増え続けています。

新規で仮想通貨市場に参加する企業が資金を集めるために、ホワイトペーパーという書類をWEB上に公開し、投資家を募り、集まった投資家に対して出資をしてもらい、資金を集めます。

企業側はそれと引き換えに投資家たちにトークンと呼ばれる独自の仮想通貨を送ります。

これがいわば株でいう株券になります。

この通貨を持っていると、その出資した企業が仮想通貨市場に上場して、その通貨の需要が高まれば高まるほど収益になります。

このICOの仕組みにより、企業側は株式の発行や借り入れなどをしなくても資金を集めることができ、なおかつ投資家たちにも、資金の代わりの提供したトークンの需要が高まればそれだけ収益になるので、どちら側にしても利益があるビジネスモデルになります。

 

 

ICOの可能性

現在、世界的に仮想通貨が注目されているので、次に出る通貨がどのようなものなのかというものに投資家たちは興味があります。

ですので、ICOで新規仮想通貨市場に上場した通貨の中には約200倍以上の価値がついたものまであります。

さらには、ICOの資金調達では、ビットコインやイーサリアムを用いて行われるので、その通貨自体の価値が高まれば約1000倍以上の価値になることもあります。

これほど可能性があるかこそ、ICOは投資家たちの注目を集めています。

 

 

ICOの注意点

ICOは投資の仕方によっては、かなりの可能性を秘めている案件なのですが、注意しておかなければならないことがあります。

それは、詐欺が多いということです。

ICOはIPOと違い、比較的簡単なプロセスを行うだけで資金調達を行うことができるので、仮想通貨市場に参加する目的の企業以外にも資金調達だけを行って飛ぶ詐欺企業も存在しています。

さらには、資金を集めたのはいいが、その後活動をせず上場もしないという企業もあり、そのようなところに投資をしてしまうと損失になってしまいます。

それともうひとつ問題があり、それはハッキングをされることがあるということです。

ICOで資金調達を行うときはビットコインやイーサリアムで行うので安全と思われている人もいますが、仮想通貨をハッキングするのではなく、資金を集めた企業側がハッキングされてしまうという問題があります。

2016年6月に、「The DAO」というプロジェクトでICOで150億円を調達したのですが、約50億円の仮想通貨がハッキングされて盗まれてしまったという事件がありました。

このように、仮想通貨自体には問題がなくとも、企業側に問題があった時にも損失を被る可能性があるので、ICOに投資を行うときには投資する企業を慎重に選ぶ必要があります。

 

 

ICOの購入方法

ICOを購入するためにはいくつかの手順を踏まなければなりません。

①仮想通貨を購入する

②投資するICO案件を決める

③ウォレットをダウンロードする

④指定されたアドレスに送金をする

というのが一通りの流れになります。

 

①仮想通貨を購入する

ICOの資金調達は、ビットコインやイーサリアムで行われることが多いです。

 

ですので、仮想通貨を販売している取引所で購入する必要があります。

仮想通貨を購入の仕方がわからない方は参考資料がありますのでそちらを参考にしてみてください。

コインチェック登録方法&送金方法

 

②投資するICO案件を決める

仮想通貨を購入しましたら、どのICO案件に投資をするのかを決めていきます。

ICOは約200種類くらいあり、その中から有力と思えるものを選択していきます。

選択をしていく上で必要になるのが、そのICO案件の可能性を調べることです。

その通貨が世の中に出回った時にどのような需要があり、どのように広まっていき、どのような可能性があるのかをある程度推測した上で購入することで失敗をなくすことができます。

私がオススメしている方法は、分散投資でICOの案件の中にはたくさんの可能性を秘めた通貨が存在しています。

ですので、ひとつの案件に絞って投資を行うのではなく、複数の案件に対して投資をしておくことで、ひとつの案件が成長すれば全ての元を取ることができるというような投資手法をオススメします。

詐欺対策にもなりますし、数倍の価値になって帰ってくるのがざらにありますので、この手法が無難だと思います。

ICO案件を見つけるにはこちらのサイトがオススメです。

https://www.coinschedule.com/

※内容が全て英語になっておりますので注意してください。

 

③ウォレットをダウンロードする

仮想通貨を購入しICOで投資する案件を決めましたら、トークンを保存して置けるウォレットを作成する必要があります。

有名なウォレットとしてMyEtherWalletとMetamaskがあります。

作成方法につきましてはこちらを参照してみてください。

MyEtherWallet作成方法

Metamask作成方法

 

④指定されたアドレスに送金を行う

ICOで投資する案件から指定されたアドレスに仮想通貨を送金すれば投資を行うことができます。

アドレスに送金を行ってしばらく経ったあとに、その会社からトークンが届きますのでそれを保管して売却したいとき、利用したいときにウォレットから引き出すというのが一連の流れになります。

なお、ICOの案件に投資を行うときは、金額が決まっている場合がありますので注意してください。

 

 

サイト主から

 

ICOに投資をすることは、仮想通貨市場に上場している通貨と違って今後どのようになるのかがわからない案件が多いです。

ですので、投資するにしてほどほどにしておくことをオススメします。

ですが、投資案件としてはチャンスであることは間違いないと思います。

ですので、正確な情報をいち早く手に入れる必要があります。

もし少しでも情報を手に入れたい思っている方がおられましたら、私の方で最新のビジネス情報などを配信させていただいておりますLINE@がありますので興味がある方はぜひ登録してみてくださいね!

 

bizitore
あなたにあったビジネスを提供することを目的に様々なジャンルのビジネスを紹介したいと思っております。
あなたのビジネスを見つける手助けになるようなサイトを作りたいと思いますのでよろしくお願いします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめの記事

  1. 2017-12-5

    【そろそろ副業の時代!?】初心者から稼げるオススメ副業

  2. 2017-9-22

    【実戦!!】あるエントリー手法を公開しちゃいます!!

  3. 2017-9-19

    【もう騙されない!!】ボリンジャーバンドのだましを予防する方法

自己紹介

大学を卒業して、社会人になったものの日々変らない日常に嫌気がさし、会社を辞めて以前から興味を持っていたネットビジネスを初めて、1ヶ月で20万、2ヶ月で50万と増え続け,1年経つ頃には、自動で月に120万円ほど稼げるほどになりました。 今では、ネットビジネスを教えるコンサルタントとして活動しております。 最近、Line@を初めて、サイトでは書く事ができないような裏情報や具体的な稼ぎ方などを配信しております。 さらに、期間限定で「自動で毎月100万円稼ぐ方法」をプレゼントさしていただいておりますので、興味がある方は登録よろしくお願い致します。                              友だち追加

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

最新ビジネス

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

記事

  1. 2016-12-1

    研究所日記始めてみました!!

  2. 2016-10-31

    【誰でも簡単】バイナリーオプションを単純作業で勝つ方法

  3. 2016-10-15

    小学生でも稼ぐことができるinfo-zero稼ぎ方

ページ上部へ戻る