どうも、鈴木です。

今回はオフラインプラットフォームを活用したビジネス戦略お伝えできればと思います。

オフラインプラットフォームとはオフラインでの媒体のことを言います。

オンラインにつながっていないのであまり意識させていませんが、このオフラインの部分を強化することで、成約率を劇的に変化させることができるかもしれないことをご存じでしたか?

オフラインだからこそできるビジネス戦略についてお伝えさせていただければと思います( `ー´)ノ

 

オフラインプラットフォームのすごさ

まず初めに、オフラインプラットフォームにはどういうものがあるのかについて最初にお伝えさせていただければと思います。

オフラインプラットフォームの代表的なものとしては

オフラインプラットフォームの種類
・ネットにつながっていないページ
・会員制サイト
・パスワードがついているページ
・メルマガ、Line@ など

 

のようなものがあります。

オフラインのプラットフォームは主に会員に向けてとかサロンなどを開くときに活用されるのですが、このオフラインのプラットフォームの出来によってあることが判断されます。

それは、あなたのビジネスの価値です。

オフラインのプラットフォームに入ってくる人たちの多くはあなたの商品やビジネスに興味があるからこそ入会したり購入したりしていると思います。

そのお金を払って入会してくれた人たちに対してオフラインだからと言って、オンラインよりも見栄えの悪いページや質の悪いコンテンツなどを提供してしまうと、せっかくあなたのことを信じてくれた人たちをみすみす逃すことになります。

さらには、料金を取っている場合であれば、うわさがすぐに広がり

「有料で入る価値がない」

「だまされた」

といったことまでネット上で広められてしまう可能性まであります。

ですので、オフラインのプラットフォームはオンラインのプラットフォーム以上に気を使って作成しなければなりません。

ただ、逆にオンラインのプラットフォームよりも高品質で価値のあるものを提供できるオフラインのプラットフォームを作成することができれば、それだけであなたの価値を高めることができます。

この部分がオフラインプラットフォームを活用する強みにもなるのですが、わざわざ会員登録をしてくれたり商品を購入してくれた人たちは少なからずあなたの提供するものに興味があったからこそ入ってきてくれているわけです。

なので、その興味を持ってくれている人たちに想像以上の価値を相手に提供することができればどうでしょうか?

あなたのことについてさらに興味を持ってくれると思いませんか?

この現象を起こしやすいのがオフラインプラットフォームの強みで、この部分をうまく活用することができれば、それだけでビジネスを安定させるうえで必要な生涯顧客を生み出すことができます。

生涯顧客をオンラインで生み出すことは難しいのですが、オフラインであればそこまで難しくありません。

その理由について次にご説明させていただければと思います。

 

オフラインプラットフォームの強み

オフラインプラットフォームにはこのような強みがあります。

オフラインプラットフォームの強み
・特別感を出すことができる
・興味のある人だけにアポローチすることができる
・サイトを自由にカスタマイズすることができる

 

これらの3つの強みがあるからこそオフラインプラットフォームは利用されるのです。

一つ一つご説明させていただければと思います。

 

・特別感を出すことができる

オフラインプラットフォームの強みの一つとしてあるのが、オフラインであるという点です。

これは当たり前のことではあるのですが、オンラインのプラットフォームには絶対にすることができません。(真逆ですからね・・・)

これがなぜ強みなのかといいますと、それは、オフラインであることだけで特別感を出すことができるからです。

これはパスワードがついている記事とか会員専用のページなどでも同じ効果を出すことができるのですが、人は何か隠されると気になる生き物です。

例えば、あなたが応援しているミュージシャンがいるとします。

そのミュージシャンの無料のファンサイトに入会しているだけで少し他の人よりも上に立った気がしませんか?

このように、無料でもいいので誰でも見ることができないページを作ることで、相手に特別感を与えることができ、

「この情報を手にしているあなたは特別なんですよ」

という状況を生み出すことができるので、相手があなたの情報を見てくれるようになります。

オンラインのプラットフォームであればこの見てもらうだけでも苦労するのですが、オフラインのプラットフォームを作ることでこの苦労をなくすことができます。

なので、この方法を活用すればSEO対策をしていない記事でも見てもらえるようにすることができるので結果を早く出すことができます。

 

・興味のある人だけにアポローチすることができる

オフラインプラットフォームの強みの二つ目としてあるのが、読める人はあなたの提供する商品やサービスに興味を持ってくれた人だけが見ているという点です。

メルマガやLine@などでも同じなのですが、わざわざ登録までしてくれてあなたの提供する情報を見てくれるっていうのは興味がある人以外考えられません。

なので、オフラインプラットフォームに登録してくれた時点で将来的にあなたの顧客になってくれる可能性がある人を選定することができます。

さらには、興味を持ってくれた人へ情報を提供することができるので、オンラインでは万人受けする情報だったものを、その分野のコアな情報を提供することができるので顧客になってくれる可能性も高いです。

オフラインプラットフォームを導入するだけで人の選定も行うことができ、なおかつあなたの得意分野(コアな部分)で戦うことができるので、オンラインよりも圧倒的に顧客(ファン)を増やすことができます。

 

・サイトを自由にカスタマイズすることができる

オフラインプラットフォームを活用するうえでこの部分も欠かすことができない強みの一つです。

オンラインのプラットフォームでは、SEO対策をしなければならなかったり、媒体によってはルールが決められていて、そのルール内でしかプラットフォームを作成することができません。

ですが、オフラインプラットフォームではそのようなルールは一切ありません。

なので、自身の思ったようにプラットフォームを作成することができ、なおかつSEO対策などを気にしなくてもいいので、見てくれた人たちを思ったように誘導することができます。

相手を誘導するような基盤はオンラインであれば見られにくいのですが、相手が興味を持っている前提であれば見られやすいので、一度オフラインのプラットフォームにその仕組みを導入することができれば、それだけで自身の思うように教育を行うことができます。

 

これらの3つの強みがあるからこそオフラインのプラットフォームを導入するだけで成約率を劇的に変化させることができる可能性を秘めています。

 

オフラインプラットフォームを成功させる秘訣

最後にオフラインプラットフォームを活用したビジネス戦略を成功させる秘訣についてお伝えさせていただければと思います。

オフラインプラットフォームを成功させる秘訣は

相手に成果を出させること

 

です。

オンラインの情報は万人受けするような書き方をすることがほとんどですので、具体的な情報を書くことが難しく、書いたとしても最後まで見させることは難しいです。

ですが、オフラインプラットフォームでは、興味を持っている人に誘導するような文章を書くことができるので、相手を誘導し、実際にちょっとした結果を出させることができればすぐにあなたの顧客になってくれます。

いくら素晴らしい情報を提供し続けたとしても結果が出なければ相手は離れていってしまいますが、一度でも結果を出すことができたのであれば、それだけであなたのことを信頼してくれるようになります。

この関係を生み出すうえでオフラインプラットフォームは最強の媒体になると思いますので、もし今「成約がなかなか決まらない」と悩まれているのであれば一度オフラインプラットフォームを導入してみることも検討してみてはいかがでしょうか?

Author

大学卒業後、就職するも働き方に疑問を感じ、1年で会社を退職し個人ビジネス支援サイト「ビジトレ」を立ち上げた当サイトの管理人。 現在は、「個人ビジネスコンサルタント」として、個人で頑張る人達の支援活動をさせていただいております。

Write A Comment