どうも、鈴木です。

今回はプロダクトローンチを成功させる人についてお伝えさせていただければと思います。

プロダクトローンチはマーケティング戦略の中でも短期間で爆発的な収益を生み出すことができものとなっております。

多くのリストを集め、一気にセールスをかけて販売を行う戦略なので、新商品などを出すときなどに用いられることが多いです。

プロダクトローンチを一度行うと大量のリストと多くの資金が手に入ることから様々なジャンルのビジネスに用いられています。

そんなプロダクトローンチですが、爆発的な収益を得ることもできますが、下手にやりすぎると爆発的な苦情につながってしまう場合もございます。

そんなプロダクトローンチで成功している人たちは一体どんな共通点があるのかについてお伝えできればと思います( `ー´)ノ

 

プロダクトローンチで成功している人の3つの特徴

プロダクトローンチをうまく活用することができれば多額の収益とリストを一気に手に入れることできるので事業を一気に発展させることができます。

なので多くの方が取り入れようと検討するのですが、プロダクトローンチの性質上なかなか成功しにくい部分もあります。

そんな中でも成功している人たちに共通する3つの特徴はこちらになります。

成功する人の3つの特徴

・企画力
・資金力
・パフォーマンス力

 

を持っている人たちが成功している傾向にあります。

 

・企画力

プロダクトローンチを行う上で企画を考えることはとても重要です。

プロダクトローンチの性質上、販売する商品はインパクトを残せるものでなければ集客する際にリストが集まらなかったり、販売する際も商品が売れにくかったりするのでいかに商品を魅力的に見せるかが成功のカギになります。

なので、プロダクトローンチで販売される商品は現在トレンドになっているものや、未来に可能性があるもの(投資系、ブルーオーシャンビジネスなど)などが選ばれやすいです。

トレンドになっている商品であれば

「○○さんも愛用しているサプリメント知りたくないですか?」

のような言い回しで、話題になっているものや人物と関連付けて企画が作られることが多いです。

また、未来に可能性のある商品であれば

「5年後あなたの手元に○億円の資産ができたら・・・」

みたいな書き方をすることで相手を

「今のうちにやっておいたほうが得!」

という感情に持っていくことができ、商品を販売しやすくなります。

ただ、このような販売方法なので詐欺にも利用されることが多く、プロダクトローンチの企画を強くしすぎると詐欺と思われやすく、逆に弱くしてしまうと人が集まりにくくなってしまうので企画を組む際はバランスが大切になります。

 

・資金力

プロダクトローンチは一気にリストを集めて一気に教育をして短期間に爆発的な利益を上げる方法なので、最初にリストを集めなければなりません。

その際、広告を出すことも行うのですが、アフィリエイターなどに依頼する場合もあり、一度プロジェクトを組むたびに何千万円もの資金が最初にかかってしまう場合があります。

なので、初期費用にどれだけ資金を投資することができるのかによって成功する確率は大きく変化します。

もしこのような資金を用意できない場合でもエバーグリーンローンチのような手法であればプロダクトローンチと同じような考え方でプロジェクトを組むことができるので、そちらもオススメです。

エバーグリーンローンチとは?

 

・パフォーマンス力

何度かお伝えさせていただいておりますが、プロダクトローンチは短期勝負です。

なので、短期間で集客、教育、販売をしなければならないので、様々な情報を詰め込んでいく必要があります。

それに加えて、商品のブランディングや相手にこの商品を購入した後の未来も想像させていかなければ商品を購入してくれないので、商品を短期間で魅力的に見せるパフォーマンス力が重要になってきます。

どのようなプロジェクトを組み、何を伝え、いかに商品を魅力的に見せて購入してもらうかが成功するうえでの必須条件にもなってきますので、このパフォーマンス(見せ方)がうまい人が成功しやすい傾向にあります。

 

これらの3つの特徴を兼ね備えている人はプロダクトローンチで成功しやすいです。

 

プロダクトローンチの闇

プロダクトローンチは商品を販売するうえでは最も効率的な方法です。

短期間で商品を販売することで相手が最も商品に興味を持っているタイミングで商品を販売することができるので、売り上げも出やすいです。

ただ、この方法には一つ弱点があり、それは心理誘導の部分が含まれているという部分です。

マーケティング戦略において心理誘導はなくてはならないもので、人の本能の部分を刺激することで自身が意識しないようにしていても気になったり、買いたいと思っていなくてもステップが進んでいくと「購入したい」と思わせるように誘導していくことができます。

その結果、心理誘導が徐々に薄れていくと、商品の真実が見えてくるようになり、

「思っていたものと違う・・・」

と考え始め、最悪の場合は苦情や集団訴訟につながる可能性もあるのです。

なので、プロダクトローンチを強くしすぎてしまうと、商品を欲していない人にも商品を届けてしまい、のちの「」につながってしまう場合があるので、注意が必要です。

 

プロダクトローンチで闇を生み出さないための方法

プロダクトローンチは闇を生み出してしまうリスクはあるものの、商品販売の手法としては強いものがあります。

なので、このマーケティング戦略を使わない手はないでしょう。

では、どのようにすれば闇を生み出すことなく、プロダクトローンチを行うことができるのかについてお伝えさせていただければと思います。

プロダクトローンチでマーケティングの闇を生み出さない方法としては以下のようなものがあります。

プロダクトローンチで闇を生み出さない方法

・教育を行った後に行う
・商品に注力を注ぐ
・サポート体制を整える

 

これら3つのことを意識することで闇を生み出さないプロダクトローンチを行うことができます。

 

・教育を行った後に行う

プロダクトローンチの弱点としてあるのがセールス期間が短いということです。

セールス期間が短いゆえに相手に十分な教育を行うことができず販売を行ってしまうので闇を生み出しやすいのです。

なので、メルマガやブログなどで自身の考え方ややり方などを配信してある程度リストをふるいにかけておくことで、自身のやり方を理解してくれている人に対して商品を提供することができます。

そうすることで、商品を求めていない人に商品が行き届くことがなく、求めている人たちに対して商品提供を行うことができるようになります。

ただ、教育を行いすぎてしまうと相手が満足してしまいセールスをかけたとしても売れなくなってしまう場合もあるので、DRMのようにしっかりと教育を行ってからではなく、興味がない人を除いていくようなイメージで作り上げていくと成功しやすいです。

 

・商品に注力を注ぐ

プロダクトローンチは「マーケティング×心理誘導」の部分が強い戦略となっているので、実際のところ商品がどんなものであったとしても誘導しだいで販売することができます。

ですが、このような販売をしてしまうと当然も生み出してしまいます。

なので、プロダクトローンチを行う前に、まず商品に目を向けるようにしましょう。

当たり前のことではあるのですが、商品が良ければお客様も喜んでくれますし、求めていない人の手に渡ってしまったとしても商品を利用してから好きになってもらえることもあります。

このように、商品の性能を高めることで闇を薄めることができるので、プロダクトローンチで扱う商品にも目を向けてみましょう。

 

・サポート体制を整える

商品を販売することも大切ですが、商品を販売した後のサポートにも目を向けなければ闇が生み出されてしまいます。

いくら素晴らしい商品を提供することができたとしても、購入者から質問が来た時にご返信が遅くなってしまったり、商品が購入されてから届くのが遅かったりするとそれだけで闇を生み出してしまいます。

ですので、商品の販売だけを考えるのではなく、購入された後の部分を意識も意識することでセールスによる闇を生みにくくすることができます。

 

これら3つのポイントを意識することでプロダクトローンチの闇を減らすことができます。

 

正しいビジネスのために使うべき

プロダクトローンチは商品を販売するうえでは強力な手法です。

商品販売においてプロダクトローンチの考え方を取り入れてるかどうかだけでも収益に大きな差が出てきます。

なので、プロダクトローンチを行う際は、「商品を販売して利益をとろう」という考え方も大切なのですが、一人でも多くの求めている人たちに知ってもらえるためにプロダクトローンチの考え方を利用していただければと思います。

そうすることでマーケティングの闇を生み出すどころか、お客様に喜ばれるようなマーケティングを行うことができるようになると思います。

「この商品と出会えてよかった」

と思わせるようにこのプロダクトローンチの考え方を活用していただければと思います。

Author

大学卒業後、就職するも働き方に疑問を感じ、1年で会社を退職し個人ビジネス支援サイト「ビジトレ」を立ち上げた当サイトの管理人。 現在は、「個人ビジネスコンサルタント」として、個人で頑張る人達の支援活動をさせていただいております。

Write A Comment