どうも、鈴木です。

 

今回はコンテンツ作成についてお伝えできればと思っています。

 

このコンテンツのスキルを身につけることによって、ビジネスを円滑に進めていくことができるようになります。

 

さらには、コンテンツを作成することで、プレゼントしたり販売したりといったような様々なことに対してコンテンツを利用することができます。

 

そんな便利なコンテンツの作成方法について今回お伝えできればと思います。

 

コンテンツとは?

コンテンツって聞いたときに

 

「言葉は知ってるけど具体的な意味が・・・」

 

という人がほとんどだと思います。

 

コンテンツと検索した時に出てくるのが

 

①(箱などの)中身

情報内容放送ネットワークで提供される動画音声テキストなどの情報内容をいう。

書籍目次

 

引用元:https://www.weblio.jp/content/%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%B3%E3%83%84

 

 

といった意味で検索できるのですが、この検索結果を見たとしてもよく分からないと思います。

 

コンテンツというカテゴリーの中には、Webに関する事すべてが含まれているのでブログやホームページもコンテンツの一部となります。

 

その数あるコンテンツの中でも今回お伝えさせていただくのは、ホームページやブログ内で商品を販売したり、見てくれている人に何かプレゼントを提供する際のコンテンツの作成方法についてお伝えできればと思います。

 

このコンテンツの作り方を身につけることで、ライバルとの差別化を図ることができたり、集客を行う際に非常に便利なものになると思いますので是非マスターしてくださいね!

 

コンテンツの種類

 

今回ご紹介させていただくコンテンツの種類は全部で三つあります。

 

今回ご紹介するコンテンツの種類

・ PDFコンテンツ

・動画コンテンツ

・プレゼンテーションコンテンツ

 

 

この3種類のコンテンツの作成方法やどういうものなのかについてお伝えしていけたらなと思っております。

 

・ PDFコンテンツ

PDFコンテンツは、PDFを活用したコンテンツとなっています。

 

PDFを用いたビジネス戦略は昔からあるのですが、シンプルに情報を伝えることができるという点では強い部分があります。

 

今は動画の方がメインとなっているのですが、全ての人たちが動画を見るわけではなく、見ている人たちの中には、文字として読みたい人たちもいるので、 PDFでの作成スキルは覚えておいて損がないものだと思います。

 

・動画コンテンツ

動画コンテンツは今最も主流になっているコンテンツとなっています。

 

スマホ一台で動画撮影、動画編集、投稿のすべてを行うことができるので、誰でも簡単にコンテンツを作成することができます。

 

さらには、文字よりも動画のほうが情報量を多く、なおかつ分かりやすく伝えることができるので、これからコンテンツを作成して行くのであれば動画コンテンツが一番おすすめです。

 

・プレゼンテーションコンテンツ

プレゼンテーションコンテンツは、セミナーや勉強会などの内容をそのままコンテンツとしてしまう方法となります。

 

動画コンテンツと似ている部分があるのですが、セミナー形式で動画をとることによって、会場にいなくてもセミナーを受けているような感覚を相手に与えることができるので、セールスなどを行う際には非常に便利なコンテンツとなっています。

 

さらには、エバーグリーンローチンなどの戦略と合わせることで生配信形式でコンテンツを作成することができるので、強力なセールス手法として利用することもできます。

 

 

以上のようなコンテンツの作成方法について今回はお伝えできればと思います。

 

コンテンツ作成 PDFコンテンツ

 

コンテンツ作成 動画コンテンツ

コンテンツ作成 プレゼンテーションコンテンツ

以上が3種類のコンテンツの作成方法となっています。

 

最後に

コンテンツは、ビジネスを発展させていく上で有益な役割を果たしてくれます。

 

何か見てくれてる人にプレゼントを渡したい時にコンテンツを作成したり、何か情報を販売したい時にコンテンツを作成したりといったように、何かアクションをする際にコンテンツを作成する技術があればすぐに形にすることができます。

 

これは現代のスピード重視のビジネスにおいては、大きなメリットとなり、 先駆者の利益を取ることができます。

 

それほどコンテンツ作成はこれからも重要視されるスキルだと思いますので、今回の内容をマスターしてどんどんコンテンツを作って言っていただければと思います!

Author

大学卒業後、就職するも働き方に疑問を感じ、1年で会社を退職し個人ビジネス支援サイト「ビジトレ」を立ち上げた当サイトの管理人。 現在は、「個人ビジネスコンサルタント」として、個人で頑張る人達の支援活動をさせていただいております。

Write A Comment