どうも、鈴木です。

 

今回は Instagram を活用した集客を行うまでの流れについてお伝えできればと思っています。

 

Instagram はSNSの中でも、有名なものとなっていて、 世界中の利用者数は10億人を突破しています。

 

国内の利用者数も年々伸びており、現在は3300万人と言われています。

 

その Instagram をどのように始めて何を意識しておかなければならないのかといった Instagram 集客を行う上で必要な知識についてまとめさせていただきました。

 

Instagram の特徴

Instagram の特徴をお伝えさせていただく前に他の SNS にどのような特徴があるのかについてはじめにお伝えできればと思います。

 

ホームページの強み

・ YouTube

→ 動画で相手に伝えることができる

・Twitter

→文章で相手に伝えることができる

・Facebook

→信頼性が高い

 

このような特徴があり、それぞれの媒体にそれぞれの特徴があります。

 

 SNS をビジネスで活用する際は、この特徴を理解しておくことが大切で、ビジネスと方向性の違うSNSを活用してしまうとそれだけで成果が遅くなってしまいます。

 

では、 Instagramにはどのような特徴があるのかといいますと

Instagramの特徴

SNSの中で最も手軽に注目を集めることができる

 

このような特徴があります。

 

 Instagramは画像がメインとなっている SNS となっているので、 Twitter のような文章とは違い、わかりやすく相手の興味を引くことができます。

 

これにより、全くフォロワーがいない状態からでもいい写真を撮ることができれば自然にファンを増やしていくことができます。

 

もちろん写真だけでなく、見ている人に情報を伝えたり、何か相手のメリットになるようなものを配信すると、それだけで注目を集めてファンになってくれる可能性があります。

 

それほど画像には人を動かすことができる強い力を持っており、この力を有効的に活用することができるのが Instagramのような画像がメインとなっているものになります。

 

また、 見ている人にインパクトを与えるという意味ではYouTubeも同じような集客力を持つことができるのですが、YouTubeは動画を作らなければいけないという手間があり、Instagramに比べると多くの労力を費やさなければいけません。

 

なので、数あるSNSの中でもInstagramが最も手軽に注目を集めて集客のきっかけを作ることができるSNSとなります。

 

Instagramのアカウント作成から投稿までの流れ

 

Instagram のアカウント作成は上記の動画の内容に従って登録をしていただくことですぐに始めることができます。

 

 Instagramの投稿戦略について

 

この記事では、最速でInstagramを始めるための方法についてお伝えさせていただいているので、戦略については運用させた後からでもいいです。

 

ですが、運用していただく前に覚えておいていただきたいことがございましたので動画にまとめさせていただきました。

 

動画でもお伝えさせていただきましたが、 Instagram 集客でまず考えなければいけない点としてあるのが、 Instagram の現状を知っておく必要があります。

 

現状知らずにいくら試行錯誤をしたとしても成果は出ません。

 

 Instagram の現状は以下のような状態になっています。

現在のInstagram

・ ライバルが多い

・本格的な写真が多い

・埋もれてしまう

 

といったようなのが今の現状となっています。

 

・ライバルが多い

これは SNS 全部に共通することではあるのですが、利用者の多いSNS は必然的に配信者も多いということになります。

 

配信者が多いということは、自分がこれから配信しようとしている内容と似たような内容を投稿している人たちがたくさんいます。

 

その中で勝ち上がって行かなければいけないので、これからSNSを始めるのであればそれにライバルがいると想定した上で戦略を立てるようにしていただければと思います。

 

・本格的な写真が多い

 Instagram は写真がメインとなっているSNSなので、いろんな人から写真が投稿されます。

 

その写真のクオリティなのですが、今の時代になってスマホだけで本格的な写真を撮ることができるようになっているので、レベルが高いです。

 

なので、写真だけでライバルと差別化しようとするとなかなかうまくいかないことが多いです。

 

ですので、運用を行う際は、写真以外の部分で差別化を行うことができるような戦略を立てておく必要があります。

 

・埋もれてしまう

 Instagram の国内の利用者は3300万人ほどいます。

 

その人達が、日々自由に投稿しているわけなので、あなたが投稿したからといって必ず周りの人が見てくれるとは限りません。

 

始めたての時は、このことに苦しむことが多く、いくら投稿をしてもなかなか見てくれる人を増やすことができないという状態が続くと思います。

 

ですが、 どの媒体を活用してもそうなのですが、一気にフォロワーを増やそうとするのではなく、しっかりとターゲットを決めた上でその人に刺さるような投稿を心がけるようにしていただければと思います。

 

そうすることで日々フォローを増やすことができ、それが積み重なって大きな人数に変わっていきます。

 

この考え方を持たずに、いきなり投稿したから何百人も集まると思って投稿してしまうと、モチベーションが続かなくなってしまうので、これから Instagram を活用するのであれば

 

「最初は埋もれて当たり前」

 

という考え方のもとで戦略を立てていく必要があります。

 

これが現在のInstagramの現状です。

 

これから Instagramをビジネスに導入したいとお考えなのであれば、最初からうまくいくと思わないほうがいいです。(元々知名度を持っていれば別の話ですが…)

 

では、このような現状の中でどのような戦略を立てて投稿をしていかなければならないのかというと、それは

これからの戦略

ストーリーを意識した投稿

 

を意識することでコツコツ成果を上げていくことができます。

 

よく Instagram の投稿についてネットで調べると

 

「タグを付けた方がいい」

「インスタ映えする写真をとったほうがいい」

「文章を長くした方がいい」

 

といったテクニカル的なことが検索で出てくるのですが、この事を行う前にまずはやらなければいけないことは

 

「自分がInstagramの中で何をすれば見られるのか?」

 

ということを知る必要があります。

 

自分の投稿を第三者目線で見た時に、その投稿がInstagramの中で見られるようなものになってるのかを自身で理解しておく必要があります。

 

この理解がない状態でいくらテクニカル的なことを行ったとしても効果がでません。

 

これは私自身も経験した事なのですが、その経験した中で最も効果が出たものが自身のストーリーを投稿に含める方法でした。

 

これをやれば

 

「絶対に見られるようになる!」

 

というものではありませんが、ライバルと絶対的な差別化を行うことができることは間違いないので、ぜひ一つ参考にしていただければと思います。

 

最後に

 Instagramは数あるSNSの中でも集客が行いやすい媒体だと思います。

 

人が情報を収集をする際に、視覚からの情報が55%の割合を占めると言われており、多くの情報を視覚から取り入れています。

 

その視覚に対して画像でアプローチをすることができるので、相手に情報を伝えやすくなおかつインパクトも与えることができます。

 

なのでアイデア次第で全く無名の状態からでも集客を行うことができるのが Instagramの強い部分にあると思いますので、是非活用し切ってくださいね!

Author

大学卒業後、就職するも働き方に疑問を感じ、1年で会社を退職し個人ビジネス支援サイト「ビジトレ」を立ち上げた当サイトの管理人。 現在は、「個人ビジネスコンサルタント」として、個人で頑張る人達の支援活動をさせていただいております。

Write A Comment