100円のものが1万円で売れるオークションサイトとは?

100円のものが1万円で売れるオークションサイトとは?

日本には様々なオークションサイトがあります。

オークションサイトはネットショップやメルカリなどの自分で商品の価値を決めて商品の値段を決めるのではなく、人に自分の商品の価値を付けてもらうという販売手法で、自分が商品の価値を理解していなくても、商品の価値をわかってくれている人が自分の商品に価値をつけてくれるので、自分の想像以上の価値がつく可能性のある転売方法です。

 

オークションで稼ぐとは?

世の中にはオークションサイトだけで月収100万以上超えている人がいます。

フリマアプリが流行っている時代でもオークションサイトは安定して稼ぎを出す事ができるツールの一つです。

その理由の一つとして値段の違いがあります。

メルカリは服や靴、雑貨などの日常生活に関係しているものが多く値段が低いものが多いです。

しかし、ヤフオクでは、家具や骨董品、絵画などの芸術的作品まで扱っていたり、アンティーク商品などの年代物まで販売されているので値段が高い取引が多いです。

ですので、ひとつの商品が売れると、多くの収益を出すことができます。

ひとつの商品が売れるだけで、10万円の利益ができるものがあったりするので商品の目利きができる人は、オークションサイトを利用して転売する人が多いです。

 

稼ぎ方

オークションサイトで稼ぐ方法はいくつかあるのですが、その中でも私がオススメしている方法を書いていきたいと思います。

 

・本

・委託出品

・海外サイト

 

これらのやり方が私がやってきた中でもオススメの方法です。

 

オススメの理由

 

 

本を安く仕入れて高く販売する方法はオークションサイトでは代表的稼ぎ方の一つです。

本は安く仕入れることができるうえに、高く売ることも簡単にできてしまいます。

オークションでは、購入した本の値段より、その本の価値で値段が決まるので安く仕入れた商品でも、驚きの値段がつくことが多々あります。

中には100円で仕入れた商品が1万円で売れたこともあります。

本を仕入先は、BookOffやAmazonなどのネットショップなどが代表例として挙げられます。

 

委託販売

個人で経営している店などの商品をオークションに代理で出品する代わりに、落札額の何%かを報酬でもらう方法です。

この方法では在庫も抱える必要もなく、なおかつ個人経営している店からしても利益となるので、両方が得します。

骨董品店などは売上に困っている店も多く存在しているので、オススメの方法です。

 

海外サイト

 

海外のサイトから商品を仕入れてオークションに出品する方法です。

海外の製品は日本よりも安いものが多く、商品を安く仕入れれるだけでなくブランド品も安く購入することができます。

ただし、海外は日本と違い偽物などが流通している場合がありますので海外サイトの選定が必要となります。

 

サイト主から

オークションはメルカリのように商品を売ることは同じなのですが値段を自分で決めれないために、思ったように値段がつかない時があります。

しかし、オークションサイトは数多く商品を提供することも大切ですがひとつの商品で利益を出しやすいことも事実ですので、ぜひ一度挑戦してみては

いかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です