2017年になって急激に成長を遂げた仮想通貨。

今まで仮想通貨はネット上にお金を入金して利用する電子マネーとしての役割がほとんどだったのですがビットコインが人気になるにつれて、仮想通貨のイメージが劇的に変化しました。

今までは、円やドルを入金することによって利用することができていた電子マネーと違いビットコインにはビットコイン自体に通貨としての価値があり、2017年4月には新しい通貨として日本でも認められます。

そんな成長し続けているビットコインですが、円やドルを換金しなくても利用できるこの通貨はどのような仕組みでできているのかについて今回は書いていこうと思います。

 

ビットコインを発行には世界中のみんなの力が必要??

ビットコインは2009年にサトシ・ナカモトという謎の人物が出した論文に書かれていたものでそれに可能性を関した専門家たちが生み出したものです。

従来、通貨を生み出すには中央機関が必要不可欠で、日本でいう日本銀行のようなものが必要でした。

中央機関がなければ、流通をコントロールすることができず、お金の価値をコントロールすることができなかったからです。

ですが、ビットコインにはそのような中央機関が存在しません。

ビットコインの性質上中央機関が必要ないのです。

これは、ビットコインの仕組みに大きく関わることですので詳しく書いていこうと思います。

ビットコインは、一定期間ごとにすべての取引が記録され取引台帳に追記していくようなシステムになっています。

追記処理には、ネットワーク上に分散されて保存されている取引台帳のデータと、追記対象となっている期間に発生したすべての取引のデータの整合性を取りながら正確に記録することが求められます。

その整合性を取る作業にはコンピュータを利用するのですが、膨大な計算量が必要で数台のコンピュータを用いたとしても処理しきれないほどでした。

そこで考えられたのが、追記作業に有志のコンピュータリソースを借り、余っているコンピュータの計算能力を借りることで膨大な計算を行い、みんなで共有する1つの大きな取引台帳の追記作業を行えるようなシステムを作りました。

これにより、世界中の方の手によってビットコインが運用されるようになりました。

更に、このシステムにはもう一つシステムが加えられており、それはビットコインの発行です。

この追記作業の手伝いをしてくれた人の中で、最も早く追記処理を成功させた人にお礼としてビットコインが支払われるようなシステムが入っています。

これにより、世界中のビットコインを生み出したい人たちがビットコインを運用し今のビットコインが存在しています。

 

ビットコインは無限に発行されるの?

ビットコインが上記のようなシステムをとっているのでビットコインが無限に発行されるのではないかと思われる方もおられるのですが、そうではありません。

ビットコインが無限に発行されてしまうと、インフレが起こったり、様々な混乱が起こります。

ですので、ビットコインはそのような問題が発生しないように2140年までに2100万BTCが生成されたらそれ以降新規に発行することはないとシステムに組み込まれています。

ですので、ビットコインが無限に発行されるということはありません。

 

サイト主から

ビットコインは現在1BTC=約15万円です。

2009年のビットコインが生まれたばかりの時は1BTC=0.07円でしたのでそれを考えるとものすごい成長率です。

更に、2017年4月に正式に通貨になり、様々な分野でビットコインが使われることを考えると、その成長率は計り知れません。

そんなビットコインの今後に期待ですね!!

もし、そのビットコインの発掘(マイニング)を行いたいと思う方は下の写真をクリックしてみてください。

いま、人気になりつつある発掘をメインに考えられたビジネスモデルの詳細が載っています。

興味のある方は、ぜひご覧になってみてください!!

Author

大学卒業後、就職するも働き方に疑問を感じ、1年で会社を退職し個人ビジネス支援サイト「ビジトレ」を立ち上げた当サイトの管理人。 現在は、「個人ビジネスコンサルタント」として、個人で頑張る人達の支援活動をさせていただいております。

Write A Comment