5年間ニートをして思う一度ニートになったほうがいい理由【世界が広がります】

5年間ニートをして思う一度ニートになったほうがいい理由【世界が広がります】

どうも鈴木です。

 

今回の記事は

 

「会社で働きたくない」

「毎日が辛い」

「仕事をしてる意味が分からない」

 

という方におすすめの内容となっています。

 

本記事の内容

・ニートになって気づいた事

・ニートほど自分に向き合える時間はない

・一度のんびりしてみてはいかがですか

 

この記事を書いている私は5年間ニートをしています。

 

これは別に

 

「社会復帰ができないから」「会社員をしたくないから」

 

というわけではなく自らニートの道を歩んでいます。

 

なぜニートを続けているのか?

 

ここら辺の理由を踏まえて解説させていただきます。

 

ニートになって気づいた事

私は5年前にニートになりました。

 

ニートになった理由は仕事で精神的に病んでしまったからです。

 

精神的に病んで会社に行くことが嫌になりそのまま会社を辞めました。

 

その結果ニートになるわけなのですが、私の場合何も準備せずにニートになりました。

 

なので失業保険をもらうこともありませんでしたし、仕事を失った際の準備を全くしていない状態でニートになりました。

 

なので最初は焦りました。

 

しかし、ニートにならなければ気付けなかった事もいくつかありました。

 

 ニートになってみて気づいたこと

お金以外に困ることはほとんどない(あるとしてもクレジットカードが作れないくらい)

 

ニートになってもあまり変わることはありません。

 

むしろお金以外のメリットの方が多いです。

 

ニートになったことで得られたメリット

・毎日自由に時間を使えるようになった

・健康になれた

・生きるのが面白くなった

 

ニートになる前は会社に行くことが人生のようなものだったのですが、その縛りがなくなったことで、本当の自分に向き合うことができるようになりました。

 

会社に勤めていた時は

 

「自分は何がしたいのか?」「将来どんなことをしたいのか?」

 

などの目標がなかったのですが、ニートになってからいろんなことがやりたくなって、人生に生きがいを持つことができるようになりました。

 

なので私がニートになって思ったことは、

 

お金以外のすべての問題はニートになれば解決することができる

 

ということを知ることができました。

 

なので、案外ニートになった方が人生楽になったりします。

 

ニートほど自分に向き合える時間はない

あともう一つニートになって気づいたことがあったのですが、それはニートほど自分に向き合える時間はないということです。

 

小学校→中学校→高校→大学→社会人

 

と大体の人がこのルートで進んでいくと思うのですが、この人生の中で唯一遊べる時間といわれるのが大学ですが、 大学も勉強しなければいけません。

 

なので、私たちの人生の中で完全にフリーになる時というのはないのです。

 

私自身もこのルートで人生を歩んできたのですが、上に進むことに必死になりすぎて自分と向き合う事が一度もありませんでした。 

 

周りの流れに合わせて、何も考えずに大学に行き、なんとなく会社員になって、なんとなく仕事を続けて…

 

というのが自分の中でも当たり前と思っていたのですが、ニートになって初めて

 

これっておかしくない?

 

ということに気づくことが出来ました。

 

このことに気づくことができてから人生が劇的に変わりました。

 

会社員をやっていた時は見ることができなかった様々な世界を見ることができ、いろんな知識や考え方を持つことができました。

 

正直社会人をやっている時よりも何倍も賢くなってると思います。

 

なので、私は個人的に人生の中で一度自分に向き合う時間を作るうえでもニートになってみることをオススメしています。※自分がニートしてるので説得力はないと思いますが…

 

おすすめのニートのなり方

ニートになろうと思ったら明日からでもなることができます。

 

明日会社に行き

 

「仕事やめます」

 

と言ったらニートになることはできますが、このやり方はあまりおすすめしません。

 

私はニートになってから知ったのですが、日本はいい国なので、会社員に対する保証制度がいくつかあります。

 

その制度を活用することで就職で不利になる「空白の期間」を作ることなく自分に向き合う時間を作ることができます。

 

その方法というのが

 

1.失業手当をもらう

2.就活をする

3.就職する

 

この方法を活用すれば1年ぐらい時間を作ることができ、その間に自分と向き合ったりスキルアップをすることができます。

 

転職活動をしている間は空白の期間として含まれないので、活動だけしていれば問題ないです。

 

この時多くの人が前の会社に所属している時に就活をして別の会社の内定を受けてから転職をしてしまうので、自分に向き合う期間を作れずに転職をしてしまいます。

 

なので、あえて前の会社に所属している時は就活をせずに、失業手当をもらってから就職活動をすることで、次の会社が決まっていない状態にはなってしまうのですが、自分に向き合う時間を作ることができます。

 

他にも日本の制度を使えば休む期間を延ばすことというのは出来るのですが、ニートの期間が長くなりすぎると働くことが嫌になってしまう可能性があるので、半年~1年ぐらいで十分だと思います 。

 

それだけの期間があれば、会社から離れて精神が安定した状態で自分に向き合うことができるのでオススメです。

 

一度のんびりしてみてはいかがですか?

私が5年間ニートをやって思うことは、日本人は真面目すぎます

 

真面目なことは悪いことではないのですが、そのせいで会社にとらわれてしまい、いろんな世界を見ずに定年を迎えます。

 

実際私も精神病にならなければ今も会社で働き続けていると思います。

 

今だからこそ分かることですが、もしあの時に精神病にならずニートにならなければ、今頃人生やめてたと思います。

 

それくらい追い込まれてましたし

 

人生楽しくありませんでした

 

なので、私がこの記事で伝えたいのは、ニートはそこまで怖いものではないですし、むしろ会社だけの世界しか見ていない状況の方が怖いです。

 

確かニートになるとお金の問題は発生するのですが、それ以外の問題は全て解決するのでお金の問題だけ解決すればニートほど心安らぐ状態はないと思ってます。

 

なので、私は今もニートをやっていますし、4000万円貯金をするために日々活動しています。

 

ちなみになぜ4000万円なのかについてはこちらの記事を見てみてください。

 

結構ためになりますよ。

 

 

あと私はこういった苦しんでいる人たちの少しでも解放してあげたいと思っており、このお金の問題を解決する上でも無料のビジネススクールを運営させて頂いております。

 

もしよろしければそちらも覗いてみてください。

 

本気のビジネスを作れる無料ビジネススクール

 

これからお金稼ぎしていくならここら辺がオススメです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。