4月1日、ついに日本で仮想通貨に関する初めての法律が執行され、正式に仮想通貨が日本で認められました。

この動きに伴い、様々な動きがあることとが予想されます。

今回は、勝手に今後の展望について大胆予想をしていきたいと思います。

 

今後の動き

2017年4月1日に、ビットコインなどの仮想通貨を支払手段として認められた改正資金決済法が執行されました。

これにより、初めて仮想通貨が日本で認められました。

今まで仮想通貨でのやりとりでは、国がかんゆすることがなかったのですが、今後はもしかするとやりとりに対して税金がかかるかもしれません。

ですが、仮想通貨のやりとりにおいて何かしらの問題が発生した時に保証してくれるようなこともできてくると思いますので、仮想通貨対する信頼が上がると思います。

すると、今まで注目されていなかった通貨まで人気が出てくると思いますのでビットコイン以外にも注目が集まってくると思います。

ですので、仮想通貨自体の扱いは厳しくなっても、仮想通貨自体の価値が高まっていくと思いますので、今後成長していくでしょう。

更に、ビットコインに関しましては様々な決算システムで導入されることが決まっています。

例えば、Amazonがビットコインを決算サービスに導入することを正式に決定しています。

更に、東京UFJ銀行がブロックチェーン技術に注目し、既に独自の仮想通貨の開発に乗り出しています。

これらのことを考えると、今後仮想通貨が成長しないわけがないと思います。

なので、今後も価値は上がり続け、ビットコインだけでも1BTC=約30万円ほどになるのではないかと予想されます。

それだけでなく、イーサリアムであったりZcashなどのビットコインだけではまかないきれていない部分にも注目が集まり、既にZcashですと2000円の価値だったものが8000円にまで上がっています。

これらのことを考えると、今後の仮想通貨の動きに注目です。

 

サイト主から

今回日本で通貨として正式に認められましたが、仮想通貨の強みは日本で利用できるだけでなく世界で利用することができるということです。

ビットコインは世界共通の通貨なので、今まで旅行をするときなどに円をほかの国の通貨に変換しなければ利用することができませんでしたが、ビットコインはそのような手間がないので、世界をまたにかけて仕事を行っている人からすると、とても便利ですよね。

これはビジネスにおいても同じことが言えます。

例えば、日本の商品を世界に輸送しているひとからすると今までほかの国の通貨を円にするために手数料がかかっていたのですが、そのような手数料がなくなります。

このような観点からもビットコインの重要性がわかると思います。

ですので、今後の仮想通貨の動きは頭に入れておくことをオススメします。

Author

大学卒業後、就職するも働き方に疑問を感じ、1年で会社を退職し個人ビジネス支援サイト「ビジトレ」を立ち上げた当サイトの管理人。 現在は、「個人ビジネスコンサルタント」として、個人で頑張る人達の支援活動をさせていただいております。

Write A Comment