2017年に仮想通貨が正式に国の通貨として認められて以来仮想通貨の人気は高まっています。

仮想通貨に対して投資をする人もいれば、海外に送金をするのにビットコインを利用したりとどんどん可能性を広げていく仮想通貨ですが、世界中に700以上あると言われている仮想通貨の中でも最も人気になったのがビットコインです。

ビットコインは海外への送金の時に手数料がかからず、なおかつ、スピーディーに送金を行うことができたり、ブロックチェーン技術を利用して、多くの人々が監視していることにより、安心して金銭のやり取りが出来るという点でも人気を集めました。

しかし、ビットコインにも弱点があり、全ての取引の情報が公開されてしまうために、世間に公開したくないような取引まで公開されてしまいます。

今回は、この弱点を克服する通貨「Zcash」について書いていこうと思います。

 

Zcashとは?

Zcashとはアルトコインと呼ばれているビットコイン以外の暗号通貨です。

仮想通貨は世界中に700以上あるのですが、その中でもZcashは基本的に決算用のアルトコインになります。

決算用のアルトコインなので、ビットコインと同じ役割を行うのではないかと思われる方が多いのですが、そんなことはありません。

むしろ真逆です。

ビットコインは全ての取引履歴を公開するのに対して、Zcashは全ての取引を非公開にすることができます。

今までも、同じような機能を持った通貨は存在していたのですが、アドレスが秘密にできなかったり、数量を隠すことができなかったりと、完全非公開を実現することができなかったのですが、Zcashは改善点はあるものの、全てのやりとりを非公開することに成功している唯一の通貨になります。

 

Zcashの可能性

2016年にビットコインが流行して、全てを公開して安全性を保つという新たな考え方が浸透していきました。

ですが、もちろんのこと世の中には世間の目には見せられないような取引が存在しています。

なので、ビットコインに詳しい専門家たちは2017年には全てのやりとりを隠すことができるような仮想通貨の需要が高まると予想しており、少なからず人気が出ることは間違いないでしょう。

ですが、Zcashはまだまだ技術的な課題が残っており、私たちの生活に浸透していくのにはまだ時間がかかるでしょう。

 

サイト主から

匿名性の高い仮想通貨は他にも存在しているのですが、全てを隠すことに成功しているいるのはZcashだけです。

更に、Zcashが市場に出回ったときに、1Zcash=3300BTCの価値がついたこともあり2016年の時ではありましたが、少なくとも世間に一度認められました。

現在は1Zcash=0.05BTCに収まっていますが、これらのことから今後を考えると成長する可能性は十分にあると思います。

Author

大学卒業後、就職するも働き方に疑問を感じ、1年で会社を退職し個人ビジネス支援サイト「ビジトレ」を立ち上げた当サイトの管理人。 現在は、「個人ビジネスコンサルタント」として、個人で頑張る人達の支援活動をさせていただいております。

Write A Comment