最近ビックカメラがビットコインによる決算サービスを導入して、ビットコインに対する世間の考え方が変わりつつあります。

現在、このサービスを利用しているのは中国人ですが、いずれ日本でも浸透していくでしょう。

それにしても、なんで様々な仮想通貨があるなかでビットコインだけがここまで有名になったのでしょうか?

それは、ビットコインの取引にブロックチェーン技術が使われていることが理由として挙げられます。

このブロックチェーン技術があったからこそ、ビットコインは世間から注目され始めたのです。

今回は、ビットコインの裏で世界中から注目を集めている技術ブロックチェーン技はなぜすごいのかについて詳しく書いていこうと思います。

 

ブロックチェーンの何がすごい?

ブロックチェーンとは、ビットコインのやりとりを全てまとめて記録しているものなのですがこの技術には今までなかったある特徴があります。

それは、データの変更や改ざんをすることができないということです。

従来のデータ管理の方法ですと、一つの会社に大きなデータを保存するところありそこに保存をしていく用な方式でデータを保存していたので、この方法ですと外部からの攻撃で、データを変更、改ざんをされてしまったり、会社のサーバーがダウンした時に、情報が保存できなくなってしまうなどの問題点がありました。

ですが、ビットコインに用いられているブロックチェーンの技術を利用することで、このようなことが起きないとされています。

ブロックチェーンの技術には、P2Pという方式を用いるのですがこれはPeer to Peerの略で複数の端末間で通信を行う際のアーキテクチャのひとつで対等の者同士が通信をすることを特徴とする通信方法や通信モデルのことをいいます。

従来、クライアントサーバー型が主流で、クライアントとサーバーに分かれてデータのやりとりや保存を行っていたので、クライアントが活動しなくなるとサーバーも活動できなくなるという点とクライアントへの負担が大きいという欠点がありました。

ですが、このP2P型は複数のパソコンが対等につながるので、それぞれのパソコンがサーバーを共有することで容量に限界がなくサーバーがダウンしてしまう心配がありません。

更に、クライアントサーバー方式のようにクライアントが全てのデータを集めるのではなくそれぞれのパソコンにデータが振り分けられるため、クライアントのような大きな容量がなくても良くなりました。

このようにP2P型には様々なメリットがあるのですが、もちろんデメリットも存在しました。

ですが、ビットコインのように大きな組織同士が協力して行っているようなビジネスモデルでは、P2Pのデメリットであった通信経路による通信速度の制限や通信相手特定の困難性などの弱点をなくすことができました。

更に、ブロックチェーンの技術をP2P型に加えることによってデータの変更や改ざんをすることが実質不可能になりました。

今まで弱点だったの部分がブロックチェーン技術によって改善されたのでこの技術を利用した様々なサービスが考えられています。

 

ブロックチェーンの可能性

 

ブロックチェーン技術はビットコイン以外にも以下のようなことに応用されるかもしれません。

・契約書が不要になる

・ATMがなくなりスマホで全ての引き出しが可能になる

・個人間で契約をすることができる

・分散型社会が誕生する

・LineやFaceBookなどで金銭のやりとりを行うことができる

など、ブロックチェーンを応用して利用することで今まで世の中になかったざまざまなことができるようになります。

 

サイト主から

ブロックチェーン技術は今現在ではビットコインでしか利用されていませんが、この技術が応用され浸透していく頃には世界の常識が大きく変わっているでしょう。

現在、ブロックチェーンの技術もそうなのですが、フィンテックであったりVR、AR、バイオ技術、クローン技術など様々なことで世界が大きく変化していくことは間違いないと思いますで、知っておいて損がない知識だと思いますのでこの機会にぜひ覚えていってください。

Author

大学卒業後、就職するも働き方に疑問を感じ、1年で会社を退職し個人ビジネス支援サイト「ビジトレ」を立ち上げた当サイトの管理人。 現在は、「個人ビジネスコンサルタント」として、個人で頑張る人達の支援活動をさせていただいております。

Write A Comment