ビットコインが有名になり様々な技術やシステムが登場しました。

ですが、この急激な進化に伴いシステムをアップデートしたり新たなシステムを導入したりと、管理が大変になっていきました。

その中で、注目を集めている技術の中にハードフォークというものがあります。

今回はこのハードフォークについて書いていこうと思います。

 

ハードフォークとは?

ハードフォークとは、仮想通貨のルールを変えるときに利用されるもので旧ルールを新ルールに変更させたい時に利用するものです。

ハードフォークは元々ソフトウェア開発関係の用語で、後方互換性・前方互換性のなアップデートをするときに利用されていたものなのですが、これをすると、現在あるシステムのアップデートを簡単に行うことができます。

ビットコインでもこの手法が利用されており、ブロックチェーン技術で新たなブロックが誕生するときに、そのブロックに新しいシステムを組み込むことで簡単にシステムを変更することができます。

ブロックチェーンの技術に適合していることから、この技術に注目が集まっています。

 

ハードフォークしたことにより起きた事件

ハードフォークがブロックチェーンの技術で使われるまでには、従来のクライアント型の時にも利用されていたのですが、クライアント型でハードフォークを行ってしまうとその性質上、新しいシステムと旧システムの二つのシステムが生まれてしまいます。

このことで一度事件が起きてしまいました。

2010年8月にハードフォークのこの性質を利用されて総発行予定数を超える大量のビットコインが生み出された事件が発生しました。

正確に言いますとこれはハードフォークで起きた事件ではなく、ハードフォークによく似たソフトフォークというものによってもたらされた事件なのですが、この事件が発生して一時期仮想通貨に対する信頼が失われました。

ですが、この事件はソフトフォークが原因であり、ハードフォークは全く関係がありません。

このことを勘違いしないようにしましょう。

 

ハードフォークは必要か?

ハードフォークは自由にシステムを変更することができるので、将来的には、需要が高いと思いますが、やはり様々な問題があるので年に何回もハードフォークをするとなると、あまりよくないと思います。

ですが、現代の移り変わりの早い情報社会では必ず必要になってくる技術だと思いますので、今後の成長に期待ですね!

 

サイト主から

ハードフォーク技術は、ブロックチェーン技術に適した考え方でこの技術が確立されてけばいくほど、新たなシステムの導入が早くなっていき、結果として社会を豊かにしてくれる技術だと思っています。

なので、今後も様々な問題があると思いますが、成長して欲しいですね!

Author

大学卒業後、就職するも働き方に疑問を感じ、1年で会社を退職し個人ビジネス支援サイト「ビジトレ」を立ち上げた当サイトの管理人。 現在は、「個人ビジネスコンサルタント」として、個人で頑張る人達の支援活動をさせていただいております。

Write A Comment