2017年になって仮想通貨市場が急激に成長を遂げました。

ビットコインやイーサリアムなど、様々な通貨が日本だけでなく世界を変化させようとしています。

ビックカメラやAmazonが決済サービスにビットコインを導入したり、トヨタや三菱UFJ銀行がイーサリアムを導入するなど仮想通貨はなくてはならないものに成長したのですが、そうな仮想通貨に対して最近、投資をすることが流行っています。

一日1万円以上変化する価値に対して投資をして、利益を上げているひとが多く存在しており、「仮想通貨長者」という言葉ができたくらいに投資が盛んになっています。

ですが、現在ビットコインの価格は1BTC=約30万円、イーサリアムですと1ETH=約4万円と投資したくても価格が上がりすぎて投資することができないという人もいると思います。

そこで、最近話題になっているのが、ビットクラブというビジネスモデルです。

ビットクラブはマイニングという技術を利用したビジネスモデルで、ほぼ毎日ビットコインやイーサリアムを手に入れることができるというビジネスモデルなのですが、今回は、本当にビットクラブは稼ぐことができるのかについて書いていこうと思います。

 

ビットクラブって儲かるの?

ビットクラブは会員を募って、マイニング機を管理し、一日にマイニングしたビットコインやイーサリアムを会員に配当するというシステムをとっており、ビットクラブ側がマイニングをやめない限り報酬が入り続けるシステムをとっているのですが、ぶっちゃけビットクラブは儲かるのですが、儲かるまでに時間がかかってしまうビジネスモデルだと思います。

ビットクラブの会員になって、マイニング機を購入することで配当をもらう権利をえることができるのですが、マイニング機には50ドル、100ドル、200ドル、350ドルの機械があり、その機械に応じて一日の配当が変わってくるのですが、例えば350ドルの機械を購入したとします。

すると、購入した10日後にマイニングが始まるのですが、その時の報酬は1日約500円程です。

これだけでは350ドルを回収するのに、約700日かかってしまう計算になってしまうのですが、ビットクラブのいいところは報酬の一部を再購入というのに回してくれます。

すると、最初にかったマイニング機の子機と呼ばれる物がどんどん増えていきます。

この子機は報酬が発生する限り無限に増えていくのですが、この子機が増えれば増えるほど一日の報酬金額が上がっていきます。

すると、1日1000円、2000円、5000円、10000万円と上がっていき、マイニングされる限りもらい続けることができます。

なので、ビットクラブは他の投資案件と違い、始めは報酬金額が少ないのですが、日を重ねるごとに報酬が増えていくというシステムをとっているので、最終的にはものすごい報酬金額を一日もらうことができるようになります。

さらに、これに加えて、様々な報酬プランが存在しており、それと合わせると、1日1BTCや5BTCなどもらうことができるようになるので、かなり夢のあるビジネスモデルと言えるでしょう。

 

サイト主から

ビットクラブは、2016年8月に始まったビジネスモデルでまだ1年経っていません。

なので、現在ものすごい勢いで会員数が増え続けています。

このビジネスモデルの最大の強みは、一度機械を買ってしまえばこれ以上かかる費用は一切ないので簡単に不労働収入を手に入れることができるというところです。

ですので、投資をしておいて損はないビジネスモデルと言えると思います。

ビットクラブについてもっと知りたいという方はこちらから詳しい情報を手に入れることができます。

今すぐ始めたいという方は代行も承っておりますので、代行して欲しいという方はこちらからお申し込みください。

管理人 鈴木
大学卒業後、就職するも働き方に疑問を感じ、1年で会社を退職し個人ビジネス支援サイト「ビジトレ」を立ち上げた当サイトの管理人。

現在は、「個人ビジネスコンサルタント」として、個人で頑張る人達の支援活動をさせていただいております。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事

  1. 2016-12-1

    研究所日記始めてみました!!

  2. 2016-10-31

    【誰でも簡単】バイナリーオプションを単純作業で勝つ方法

  3. 2016-10-15

    小学生でも稼ぐことができるinfo-zero稼ぎ方

ページ上部へ戻る