最近ニュースでも取り上げられるようになった仮想通貨。

今までにない未知の通過ということで、仮想通貨に対して様々な人が様々な考え方をしていると思います。

ですが、仮想通貨は今後伸びる通貨として日本でも承認された通貨です。

そんな、今後伸びる可能性が十分にある通貨を利用したビジネスモデルがビットキングダムです。

今回は、まだ日本に少ししか広まっていないビットキングダムについて書いていきたいと思います。

 

ビットキングダムとは?

ビットキングダムとは仮想通貨を利用したビジネスモデルで、寄付と受け取り作業を行うことで報酬をえることができるビジネスです。

例えば、あなたが10万円の寄付を行ったとします。

すると、寄付してくれてありがとうということで、毎日元手の0.5%の報酬をもらうことができます。

この場合ですと、10万円×0.5%=500円が30日分つくので30日×500円=15000円の報酬をもらうことができます。

ちなみに、ビットキングダムの報酬の制度は、30日で0.5%のものと300日で1%の報酬をもらうことができるものの2つあります。

10万円を300日間寄付すると10万×1%=1000円、1000円×300日=30万円の報酬をもらうことができる計算となります。

ビットキングダムはこの制度を軸として、この制度とプラスして報酬プランがついています。

 

ビットキングダムの特徴

ビットキングダムの最大の特徴は今まで認知されていなかった仮想通貨を利用しているという点です。

仮想通貨は2016年になって日本でも認められたれっきとした通貨です。

これから、Amazonや楽天など様々な企業が取り入れるとされている通貨の一つです。

その通貨を利用しているだけでも大きなメリットの一つです。

仮想通貨は、徐々に注目されつつあるので、今後仮想通貨の単価は上がっていくと言われています。

単価が上がっていくということは仮想通貨の価値が上がるということです。

わかりやすく言いますと、金みたいなものです。

始め、日本は多くの金を取ることができたので金の価値は低かったですが、金の希少価値が上がると高い値段で金が取引されるようになりましたよね。

これと同じようなことが仮想通貨にも起きると言われています。

仮想通貨を保有しているだけでも利点なのに、仮想通貨を利用してビジネスを行えるのですから今後伸びるといっても過言ではないでしょう。

 

サイト主から

ビットキングダムは2015年にマレーシアで開始して、日本に来たばかりのビジネスです。

仮想通貨を利用したビジネスは今までになかったものでしたので、はじめるにしても抵抗がある人が多いです。

ですが、これはチャンスです。

みんながまだやっていないということは、広めることができるチャンスがあるということです。

日本にいるほとんどの人が仮想通貨の存在すら知らないレベルだと思います。

その人たちを取り込むことができれば、多くの報酬を獲得することができるかもしれません。

もしも、ビットキングダムについて疑問がありましたらコメントください。

Author

大学卒業後、就職するも働き方に疑問を感じ、1年で会社を退職し個人ビジネス支援サイト「ビジトレ」を立ち上げた当サイトの管理人。 現在は、「個人ビジネスコンサルタント」として、個人で頑張る人達の支援活動をさせていただいております。

Write A Comment