近年、急激なSNSやネット環境の変化によりネット上で様々な情報を無料で手に入れることができるようになりました。

それに伴い、ネット上にある傾向の記事が増えるようになりました。

それは、「1クリックするだけで10万円獲得!!」であったり「寝ているだけでお金が入ってくる!!」などのどうも見ている限りは胡散臭い情報商材がネットに出回るようになりました。

メールアドレスを登録するだけで高額な収益をもたらすことができるなんてにわかには信じがたいですが、これらの行為はなぜ行われているのかについて書いていこうと思います。

 

 

無料コンテンツは稼げない!?

 

「総額100万円以上する商品を今なら期間限定で無料であなたのもとに!!」のように、何万円もする商品が無料で手に入りなおかつ収益も得ることができるなんて本当であれば最高ですが、現実、そういった情報のほとんどが詐欺まがいです。

 

中には本当に稼げるものがあるかもしれませんが、私は出会ったことがありません。

 

このような商材のほとんどがある目的のために作られていることがほとんどです。

 

それはなんなのかといいますと、この無料の情報を通じて、あなたのメールアドレスや名前等を収集する目的、もしくは情報提供者のLine@やメルマガへの登録をさせるためのコンテンツとして使われていることがほとんどです。

 

情報配信を行っているビジネスモデルのほとんどの人たちが大切にしているものはリストです。

 

何人の人に自分の情報が届くのかによってその人が提供している商品の売れ行きが決まるといっても過言ではありません。

 

ですので、このような何万円もするようなコンテンツを無料で提供するような行為は、このリスト集めに使われることがほとんどでその商品自体にはそこまでの価値がありません。

 

ビジネスモデルによっては、無料のものでも稼げる商材である時があるのですが、その裏には情報発信者が得するような裏側が隠されていることがほとんどですので、無料のコンテンツを利用するときは注意をすることをオススメします。

 

 

無料は所詮無料である

 

最近無料商材が出回りすぎて「無料商材だけでお金稼ぐことができるんじゃないの??」と勘違いされる方も出てくると思うのですが、そんなことがありません。

 

無料商材というものはやっぱり無料な価値しかないと私は思っております。

 

例えば、「これは100%売れる本です!!」という商品が無料で提供されていたとします。

 

もしも、本当にこの商品が100%売れる商品だとしても無料で提供されている以上この商品の価値はやはり無料になるのです。

 

その理由としては、ライバルがたくさんいるからです。

 

無料で提供しているということはあなた以外にも多くのライバルが存在している事を意味しています。

 

ではもし、10000人の人がその商品を見たとしてそのうちの100人がその本を売り出したとします。

 

すると、あなたのライバルは100人いることになります。

 

100人の中には本を売ることに特化した人やアフィリエイトを日常的にやっている人もいるでしょう。

 

その中で、何も情報発信を持っていない人が稼げるわけがないのです。

 

これは、すべてのビジネスモデルにおいて言えることです。

 

何かしらのビジネスモデルには必ずといっていいほどライバルがいます。

 

そのライバルにたして差別化をすることによって始めて商品が売れたり、情報世界で収益を上げることができるようになります。

 

ですので、このような無料で多くのライバルがいる情報世界の中で、収益を上げることなんて不可能に近いです。

 

 

サイト主から

 

今回書かせていただいた内容はあくまでも私の個人的な意見です。

世の中には本当に無料で稼げる商材もあると思いますし、情報配信をすることができるコンテンツを持っている方ならこれらの無料情報でも稼ぐことができると思います。

ですが、現状、私はそのような商材に出会ったことがありませんので、情報を受け取るときは注意をするようにしましょう!!

Author

大学卒業後、就職するも働き方に疑問を感じ、1年で会社を退職し個人ビジネス支援サイト「ビジトレ」を立ち上げた当サイトの管理人。 現在は、「個人ビジネスコンサルタント」として、個人で頑張る人達の支援活動をさせていただいております。

Write A Comment