SEO対策をする際に抑えておきたい5つのポイント

SEO対策をする際に抑えておきたい5つのポイント

どうも、鈴木です。

今回はSEO対策をするを行う上で抑えておきたい5つのポイントについてお伝えさせていただければと思います。

SEO対策はブログやホームページを作成するうえで欠かすことができないものではあるのですが、

「対策しても順位が上がらない・・・」

「そもそもSEO対策って何をすればいいの?」

と悩むことがあると思います。

SEO対策を正確に行うことで広告費をかけず集客をすることができるだけでなく、様々な効果をプラットフォームにもたらしてくれます。

ですので、ぜひ身につけていただければと思います( `ー´)ノ

 

そもそもなぜSEO対策が推奨されているのか?

SEO対策はグーグルやYahooなどの検索順位を上げるために行われます。

このSEO対策を意識しなければ検索エンジンからの集客も期待できなくなってしまうので、プラットフォームを持たれる方のほとんどがSEO対策を意識したプラットフォーム作りを行います。

ですが、よくよく考えてみると

「そもそもなぜSEOってこのような形式になっているのか?」

という疑問を抱いたことはありませんか?

少し前までの検索エンジンの順位はお金を持っている人が有利になるようなものでした。

お金を払えば払うほど上位に表示されていたので、検索エンジンを運営する会社からするとSEOみたいな回りくどいことをしなくてもいいように思えます。

ですが、実際のところSEO対策をすることが主流になった現在のほうが情報の質が良くなり、ネットが栄えていきました。

つまり何が言いたいのかといいますと、SEO対策は大変な作業ではあるのですが、SEO対策を行うことで自然とサイトを見てくれた人が喜ぶサイトを作ることができるのです。

逆にSEO対策をなされていないサイトはそれだけで見てくれた人が喜びにくいサイトになってしまっている可能性が高いので、SEO対策は検索順位だけでなく、あなたのサイトを質のいいものにしてくれる対策でもあります。

ですので、SEO対策の基準にも満たないサイトは見られたとしても結果が出にくいサイトになってしまっている可能性が高いので、サイト運営にSEO対策は欠かせないものと言えるでしょう。

 

SEO対策をする際に抑えておきたい5つのポイント

SEO対策を行う上で意識しておきたい5つのポイントは以下のようなものがあります。

 

SEO対策で押さえておきたい5つのポイント

・サイト環境

・キーワード

・内部対策

・外部対策

・コンテンツ

 

このポイントを意識しておけば問題ないでしょう(^^)/

 

サイト環境

プラットフォームを運営していく上で中身を考えることも重要ですが、それと同じくらいサイト運用する環境も大切です。

運用する環境が整っていないとどのようなことになってしまうのかというと

 

サイト環境が整っていないサイト

・サーバーがダウンしてしまう時がある

・表示が遅くなる

・検索順位が上がりにくい

 

などの弊害が生じる可能性があります。

これから本格的にプラットフォームを運用していく上でサイトを運用していく環境だけで順位が上がりにくくなってしまっては元も子もありません。

ですので、長期的な運用を考えていくのであれば、サーバーやドメインなどを安さで選ぶのではなく質で選んでいくことをオススメします。

 

→レンタルサーバーの選び方

 

キーワード

SEO対策を行う上でキーワード選定は欠かすことができないものです。

なぜこのようなことが言えるのかというと、それは検索エンジンを決める仕組みにあります。

引用元 https://webtan.impress.co.jp/e/2009/03/27/4952

  1. クローラー:HTTPプロトコルでコンテンツを取得する
    あなたの運営しているサーバーを含めた世界中のWebサーバーと通信し、そのサーバー内のコンテンツを取得していきます。通信手段はHTTP/HTTPSプロトコルなので、HTTP/HTTPSで取得できるものは、なんでも持っていきます(テキストファイル、CSSファイル、JavaScriptファイル、画像、Flash、PDFなど)。
  2. インデクサ:取得したコンテンツを解析し保存する
    取得したコンテンツの内容を解析します。ここで取得したコンテンツのキーワードやテーマを分析して読み取り、分析結果とそのファイル自体をデータベースに保存(インデックス)します。
  3. クエリサーバー:ユーザからの検索クエリ(キーワード)の結果ページを返す
    ユーザの検索キーワードに基づき、保存してあった解析結果を検索結果ページとして作成し、表示します。SEOの結果が反映される部分になります。

 

 

検索エンジンではこのような流れで決められていることがほとんどなので、クローラーからインデクサに記録されるためにキーワードが必要になります。

ただ、一つ注意しておかなければならないことがあり、キーワードは記事内に入れれば入れるほどクローラーされたときに感知されやすいのですが、不自然な形で入れすぎてしまうと逆に順位を下げてしまうことになりかねないので、自然な流れでキーワードを入れていく必要があります。

 

内部対策

内部対策は現在のSEO対策でかなり重視されている部分になります。

今のSEO対策は「ユーザーファースト」の考え方が重視されており、ユーザーにいかに素晴らしいものを提供することができるかが見られています。

見られているポイントとしては

 

SEOで重視されているポイント

・タイトル

・記事構成

・離脱率

・直帰率

・滞在率 など

 

などのポイントが見られています。

タイトルや記事構成が悪ければ見ている側からすると「見にくいページ」を思われやすいですし、離脱率や直帰率が多いと「この記事には価値がない」と思われてしまいます。

最後の滞在率は滞在時間が短ければ「価値のない記事」と思われてしまいますし、逆に滞在時間が長ければ「価値のある記事」として検索順位で上位をとることができたりします。

このようにSEO対策では、会社独自のルールに沿って記事ごとに記事の価値が決められていて、価値のある記事は上位に、価値のない記事は下位にといったようにシステムが自動で振り分けていく仕組みとなっております。

 

外部対策

外部対策は少し前であれば重要視されていたのですが、今は内部対策のほうが意識されています。

ですが、完全に意味がないわけではなく、現在も外部対策が施されているサイトのほうが上位に上がりやすい傾向があるので意識しておく必要があります。

Googleでも「Google が掲げる 10 の事実」というページにリンクの大切さについて記載されています。

4. ウェブ上の民主主義は機能する。
Google 検索が機能するのは、どのサイトのコンテンツが重要かを判断するうえで、膨大なユーザーがウェブサイトに張ったリンクを基準としているからです。Google では、200 以上の要素と、PageRank™ アルゴリズムをはじめとするさまざまな技術を使用して、各ウェブページの重要性を評価しています。PageRank のアルゴリズムでは、ページ間のリンクを「投票」と解釈し、どのサイトが他のページから最高の情報源として投票されているかを分析します。この手法なら、新しいサイトが増えるたびに情報源と投票数が増えるため、ウェブが拡大するにつれて効果も高まります。また Google では、多くのプログラマーの力の結集によって技術革新が進むオープンソース ソフトウェア開発にも力を入れています。

引用:https://www.google.com/about/philosophy.html?hl=ja

 

なので意識しておいて損はないでしょう。

では、具体的に外部対策は何を行えばいいのかというと

 

メリット

・時間は自由

・オンラインでできる

・仕事のスキルを活用できる

 

外部対策でやるべきこと

・周りから評価される記事を作る

・ソーシャルボタンを設ける

 

という曖昧な表現にはなってしまっているのですが、外部対策は外部リンクのによって評価されるものです。

いくらあなたの書いた記事が周りのサイトに取り上げられ、リンクが貼られたとしても、掲載されたサイトの質が悪ければ評価されません。

なので、少し前に流行った自身でサイトを複数立ち上げ、それにリンクを貼り付けて順位を上げるといった方法ができなくなりました。

ですので、具体的に

「これをすれば対策になる」

といった明確な方法はないのですが、記事を見た人たちが

「この記事はとてもためになった!」

「周りにもこの情報を知らせてあげたい!」

と思わせるような質のいい記事(興味深い記事)を書き続けることができれば、リンクされやすい記事を生み出すことができるようになると思いますので、内部対策を行う際に外部対策も意識しておく必要があります。

 

・コンテンツ

コンテンツはプラットフォームでいうところの記事の内容に当たる部分になります。

これまでに内部対策や外部対策についてお伝えさせていただきましたが、そもそも記事の内容がユーザーに求められていない記事だとそれだけでユーザーの満足度を下げてしまう可能性があります。

ですので、記事を書くときに

 

「誰に記事を読んでもらいたいのか?」

「読んでくれた人に何を与えることができるのか?」

 

など、ユーザー目線で記事を書いていく必要があります。

どのようにすればこのような記事を書くことができるのかといいますと、よく言われている方法としてあるのが、

 

ユーザー目線で記事を書くために必要なこと

ターゲットとなるユーザーにお手紙を書くように記事を書く

 

お手紙を書くような記事を作成することで相手に伝わりやすい記事を書くことができ、なおかつ相手が共感してくれやすい文章を生み出すことができるようになります。

そのような記事を書くことによってプラットフォーム内のコンテンツの質を高めることができ、サイト全体の評価を高めることができるので、SEO対策につながっていきます。

 

これらのポイントを意識することでSEO対策のできた記事を作成することができます。

 

SEO対策を行う上で最も大切なこと

これまでにSEO対策を行う上で大切なポイントについてお伝えさせていただきましたが、最後にSEO対策を行う上で欠かすことができない事があります。

それは

 

SEO対策で最も大切なこと

改善作業

 

です。

記事を作成していきなり成果を出すことができる記事はごくわずかです。

SEO対策で順位を上げるためには記事を作成することはもちろんなのですが、その記事を改善してよりユーザーに求められる記事を作成することも大切です。

記事を公開すると、記事を公開する前ではわからなかった情報反応をデータとしてとることができ、そのデータをもとに記事を改善していくことでよりユーザーの求める記事を作成することができるようになります。

この作業を行っているサイトとそうでないサイトでは、長期的に見たときのPV数や反応率に大きな違いが出てきます。

プラットフォームから長期的に集客を行っていく上で改善作業は必須になってくると思いますので、SEO対策を行う際は上記でお伝えさせていただいた5つのポイントに合わせて改善作業も取り入れるようにするとより強いプラットフォームを生み出すことができるようになると思いますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です