早くスタートアップしたほうがいい理由【準備期間は必要ありません】

早くスタートアップしたほうがいい理由【準備期間は必要ありません】

もし今、事業を始めたいのであれば、急いで行動してください。考えている時間はありません。

 

このことが今はっきりと言えるくらい時代が変化しています

少し前までであれば、

 

「計画を立ててそこから行動をして・・・」

 

という流れだったと思うのですが、今の情報が早い時代において「準備期間」は意味をもたなくなってきました。

なぜこのようなことが言えてしまうのかについて今回お伝えさせていただければと思います。

 

早すぎる時代の流れ

引用元:https://www.hhp.co.jp/services/living/ls2025/update/post190830/

 

今の時代は情報社会です。

1日経つことに最新の情報が次々に市場に流れて、1日では最新の情報を見ることができないくらい情報が流れています

少し前までであれば「新聞で」とか「テレビで」とかたっだ情報収集が今では、スマホ一台で無料で行うことができます。

そんな手軽に大量の情報を無料で手に入れることができる時代になってしまった事で、ビジネスの仕方が大きく変わっていきました。

今までのビジネスのスタートアップでは、

 

「市場のデータを元にビジネスモデルを構築し、万全の準備の下で事業を開始する」

 

というのが一般的な流れだったのですが、この準備をしている間に時代が流れていってしまうので、今の時代のスタートアップは

 

明日からでも事業を開始する

 

と言うくらい「速さ」が求められています。

 

「とりあえずスタートアップをして、ビジネスを運営していく中で改善していき、それを継続的に行うことで事業の確立を行う」

 

これが今、最も主流となっているスタートアップの方法です。

なので、今の情報が早すぎる時代において「準備期間」というのは意味をなくしています。

 

これからのビジネスモデル

「準備期間がなくなった現代のビジネスモデルはどのようになっていくのか?」

 

ということについて次にお伝えできればと思います。

今後のビジネスモデルはこのようになっていくことが予想されます。

 

これからのビジネスモデル

→変動基盤を用いたビジネス

 

昔までの固定された基盤では、時代の流れに対応することができません

なので、今後はどのような時代になっても対応することできる変動可能なビジネス基盤が主流になってきます。

ちなみにここで言う「固定基盤」と「変動基盤」というのは

 

固定基盤・・・一つのビジネス専用に作られた基盤

変動基盤・・・一つのジャンルに固定していない基盤

 

今後この二つの違いがより明確になっていく可能性が高いです。

 

固定基盤と変動基盤の違い

固定基盤と変動基盤の違いは以下のようなものがあります。

 

固定基盤と変動基盤の違い

・柔軟に対応できるかどうか

・トレンドに乗れるかどうか

 

柔軟に対応できるかどうか

固定基盤は一度構築すると、時代の変化があった際に変更することは難しいのですが、変動基盤であれば時代の流れに合わせて基盤を柔軟に変化させていくことができます。

これにより時代の流れにあった基盤をお客様に提供し続けることができるので、継続的に売り上げが上がりやすくなります

ただ、ジャンルによっては固定基盤の方が長期的に売上を上げやすくなる場合もあるので、一概にどちらが良いかというのはありません。

 

トレンドに乗れるかどうか

固定基盤は一つのビジネスモデルを突き詰めていく形式で作られていくことが、変動基盤はその時代の流れに合わせて基盤を構築していきます。

なので、時代の流れに合わせたビジネスモデルを市場に出し続けることができるので売り上げが上がりやすいです。

ただ、固定基盤違い実績を積み重ねていくことが難しくなるので、長期的に安定的な収入を得ていきたいと言うのであれば固定基盤の方が優秀です。

 

このような二つの違いがあり、現在の状況やジャンルによって選択していく必要があります。

 

いいとこどりの基盤

上記で二つの種類の基盤のことについてお伝えさせていただきましたが、現代になってまた新たな考え方も出てきました。

それがこの二つの基板を合わせたような考え方です。

 

トレンドに乗ることができ、実績も積み重ねることができ、安定的に収入を得ることができる・・・

 

そんな基盤が現在になって登場してきました。

その基盤というのが「変動型固定基板」というものになります。

 

時代の流れに対応しつつもしっかりと軸を用い実績を積み重ねていけるような基盤が今の主流になってきました。

 

この基盤が登場したことにより、時代の変化にも対応することができるので短期的な利益も狙うことができますし、そこで得た実績を基盤内に積み重ねていき安定的に収益も得ることができます。

様々なメリットを持っているこの基盤がどのようなものかについてお伝えできればと思います。

 

変動型固定基板の具体例

変動型固定基盤とはどのようなものかと言うと、一例を上げると

 

「キャラクター×基盤」

 

といった考え方でできている基盤が、変動型固定基盤に当たります。

二つの基板と何が違うのかというと、今までであれば基板を固定にするか変動にするのかというのを考えて構築していたのですが、どこにキャラクターの要素を加えることで、役割を二つに分けることができるようになりました。

 

キャラクター→変動

基盤→固定

 

というように役割を分けて基盤構築を行うことで、キャラクターが時代の流れに合わせて「集客」や「教育」を行い、基盤が「販売」や「サポート」を行うことで、最もトレンドの変化に合わせなければならない「集客」や「教育」の部分を分けて考えることができるようになりました

これにより時代の流れに合わせたアポローチを行いつつ、商品販売やサポートも行うことができるようになりました。

このような考え方を持ったビジネス基盤が徐々に増えてきたので、「固定基盤だけ」「変動基盤だけ」というのでは、ビジネスモデルとして弱くなってきました。

ですので、これからビジネスを構築するのであれば「変動型固定基盤」の考え方は必要になってくる可能性が高いです。

 

最後に

今の時代は情報が早すぎます

なので、データを一から集めて完璧な基盤を構築することができたとしても、構築できた頃にはトレンドが終わっていて、全く意味のない基盤になってしまう可能性があります。

ですので、今の時代は固定基盤と変動基盤を合わせたような考え方が必要になってきました。

そこで、今回ご紹介させて頂いた「変動型固定基盤」を導入することができれば、これらの問題を解決することができ、時代の流れに合わせたビジネスを行い続けることができます。

なので、もしこれからビジネスに基盤を導入したいとお考えなのであれば、今回の内容を参考にしてみてはいかがでしょうか?。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。