【SNS活用術】SNSを活用して今までより2倍以上の集客力を手に入れる具体的な方法

【SNS活用術】SNSを活用して今までより2倍以上の集客力を手に入れる具体的な方法

どうも、鈴木です。

 

今回は SNS を活用する方法についてお伝えさせていただければと思っております。

 

SNS を活用することはどの業界でも当たり前となってきており、 SNSの影響力はどの年代にも通用するまでに成長しました。

 

ICT総研|市場調査・マーケティングカンパニー

引用元:https://ictr.co.jp/report/20181218.html

 

これほど影響力のあるものだからこそ様々な場面で利用されることが増えました。

 

その中でもビジネス目的で利用する人が多くなっているのですが、多くの方が成功することができず、ただSNSで情報を垂れ流しにしているだけの人が多く見られます。

 

 このような状態になってしまっている原因としてあるのか、 SNSの本質を理解していないことが原因として挙げられます。

 

今回はこの記事を読んだ後には、SNSの本質が分かり、大きく集客の方法が変わるような内容をお伝えできればと思っております。

 

 

そもそもSNSとは何か?

 SNS とは( ソーシャルネットワーキングサービス)と言われるようなもので、ネットを活用したコミュニケーションを目的としたアプリとなっております 。

 

そのため、利用している人もコミュニケーションをするために利用しています。

 

にもかかわらず、多くのビジネス目的で活用している人達が自社の商品やサービスを提供したいがために、商品に関する情報をSNSに流し続けたりしていて、コミュニケーションではなくてただの広告目的でSNSを活用している人が増えています。

 

普通に考えていただければ分かると思うのですが、このような垂れ流しされている情報に本当に価値があると思いますか?

 

本当に良質な情報であれば正式な広告枠を使い自社のブランディングも兼ねて商品提供を行うことがほとんどですが、個人の人たちはそこまでの資金力がないので、ただ無料で自身の投稿を流し続けています。

 

本当に集客を行いたいのであれば、このようなやり方で本当に集まると思いますか?

 

また、そこで集まった人たちを信用できますか?

 

本気でそのビジネスに気合を入れているのであれば、まずやるべきは SNS の投稿ではなく自社のブランディングを行わなければなりません。

 

そのことを理解せずに SNS を活用しているのであれば、ただ自社の商品を価値を下げ続けている投稿を続けているだけになってしまいます。

 

 

ビジネスとしてないSNS

では、どのように活用することで SNS からビジネス目的で集客を行うことができるのかと言いますと、それは SNS の本質を理解し、それに準じた方法で集客を行っていくことです。

 

  SNS の本質とはつまりコミュニケーションの部分です。

 

  SMS が最も優れている部分がコミュニケーションをあってなくても気軽に取ることができるという点です。

 

 その部分を最大限活用することで、自身から商品の集客を行いに行かなくても、勝手に向こうから来てくれるようになります。

 

そのような環境を作り出すことができるのがSNSの最大のメリットです。

 

SNSにはいいねやコメントなど手軽に相手と関わることができる機能が備わっています。

 

その機能を活用することで、世界中どこからでも気になる人にコミュニケーションを取ることができ、なおかつ良質な関係を作ることができます。

 

その特徴を生かし、自身ががSNS内で目的としているジャンルの尊敬される人となり、相手からだけでなくこちら側からもアプローチをかけていくことで、関係を築くとともに自社をブランディングしたまま商品紹介をすることができます。

 

このように SNS を活用して集客を行いたいのであれば、 まずは SNS のルールに則って自身をブランディングしていくことが大切になってきます。

 

 

具体的に何をすればいいのか?

では、どのようにすれば SNS 内で集客を行うことができるようになるのかと言いますと、それは、あなたが提供しようとしているジャンルのプロフェッショナルになることです。

 

それもただ自身がプロフェッショナルと名乗るだけではなく、アカウントを見た人が

 

「この人はすごい人なんだ」

 

と思えるような環境を整えておく必要があります。

 

どのようにすればそのような環境を整えることができるのかと言いますと、それは SNS 内で評価されることです。

 

評価されるというのは、例えば、 Twitter であれば「いいねの数」「コメントの数」「登録者数」などが挙げられます。

 

いいねの数は、あなたが投稿するたびにどれぐらい反応が起きているのかというのを相手に示すことで、初めてあなたをの投稿を見た人でも

 

「この人はすごい人なんだ」

 

と思うようになります。

 

 Twitter は不思議なもので、投稿の内容よりもいいねの数がついている人の方が驚きを与えることができ、逆にいくら素晴らしい投稿したとしても、全くいいねがついていない投稿は周りから評価されません。

 

次にコメント数ですが、これもいいねの数と同様に、一つの投稿に対していくつもコメントが来ていると、それだけですごい人と思わせることができます。

 

さらに、 コメントはそのコメント自体にいいねがつくので、いいねが増えることにまた投稿が拡散していくようになります 。

 

登録者数については前までは人数がいる方がよく見られていたのですか、今は情報リテラシー上がったことによって、みている人たちもフォローを整理するようになっています。

 

なので、フォローする人もその人がフォローしている人を見てフォローを行う人も多いので、質の良いフォロワーを集めることで質の良い人たちが集まるようになっていきます。

 

 今回はTwitterを具体例にご紹介させていただきましたが、 SNSであればこれらのような機能が付いていることがほとんどなので、同じような考え方のもとで SNS を運用していくことで、SNSから集客を行うことができます。

 

 

押し出す宣伝より呼び込む宣伝

上記でもお伝えさせていただいたように、SNSを活用して自身がすごいと思われる基盤を作ることができれば自然と人が集まってくるようになります。 

 

その上で次に行わなければいけないのは自分が勧めたいと思っている商品を提供していくことです。

 

この基盤を構築した上でどのように提供していくのかと言うと、それは投稿やプロフィールの中に自然と溶け込むしていく集客です。

 

よくあるような商品を紹介する投稿では、商品のメリットが伝わるような投稿が頻繁に行われているのですが、いくら商品のメリットを提供したとしても、他に似たような投稿がいくつもあるので、その中から自身の投稿が選ばれるのはランダムに近いです。

 

なのでセールスを行うときは、商品を押し出すような投稿をするのではなく、商品を見たいと思わせるような投稿をしていくことが重要になります。

 

例えば、あなたの投稿を見た人が最初に行う行動としてあるのがプロフィールを見ることです。

 

「この投稿をしている人はどんな人なんだろう?」

 

と気になった人たちが投稿からプロフィールに来てくれて、あなたがどのような人物なのかを調べようとします。

 

その時にプロフィールにあなたの仕事や、今やっている事、進めたい商品などの情報を掲載しておくことで、自然と相手は

 

「この人が提供しているのだからきっとすごいものなんだろう」

 

と自然と商品URLに飛んでくれるようになります。

 

相手から興味を持って自身が進めたいと思っている商品のURLに飛んでくれると、相手は興味を持った上で商品を見てくれるようになるので、たまたま広告に目が止まってクリックしてサイトを訪れるよりも興味をもって商品ページを見てくれるようになります。

 

このように、 SNS 内でしっかりとした地位を確立することができれば、自分から商品を進めなくても相手からアクションを起こしてくれるようになるので、わざわざ商品に関する投稿をしなくてもよくなります。 

 

 

SNSには可能性しかない

これまでにいろいろなサービスが出てきましたが、その中でもSNSは群を抜いてビジネスを大きく発展させることができる可能性があるツールです。

 

しかもそのような可能性があるツールを誰でも無料で活用することができ、なおかつ自由にカスタマイズしていくことが可能です。

 

特定のジャンルもなく、 自身がSNS内に基盤を作っていけば、どのジャンルでも対応することができる最強の基盤を作ることができます。

 

さらには、通常このような媒体を持つとなると維持費がかかるのですが、全て無料です。

 

こんな媒体を自身の努力次第で持つことができるのであればやらない手はないと思います。

 

今後動画が市場がさらに発展することが見込まれており、更なるコミュニケーションアプリが次々に登場していく可能性が高いので、その流れを乗りこなし、一つでも自身のジャンルを確立することができれば、それだけで集客に困らなくなります

 

その流れに乗り遅れないためにも、今のうちから SNS を始めていくことをオススメします。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です