SNSをビジネス運用で成功させるために必要な3つのコツ

SNSをビジネス運用で成功させるために必要な3つのコツ

今の時代にSNSをビジネス目的として活用する事は増えています。

 SNS は手軽に世界中の人とコミュニケーションを取ることができるツールなので、世界中の誰にでもアプローチをかけることができ、ビジネスにつなげていくことができます。

ですが、当たり前ではあるのですがSNSはビジネス目的で作られているわけではありません

 SNS はコミュニケーションを取るために作成されたツールなのでビジネス目的で利用しようとしてもうまくいかない場合があります。

そこで今回はSNSをビジネス目的で活用する上で必要なことについてお伝えさせていただければと思います。

 

SNSをビジネス活用するとは?

引用元:https://www.digima-japan.com/knowhow/world/15722.php

 

まず、はじめに一般的なSNSとビジネス用のSNSの違いについてお伝えできればと思います。

一般的なSNSとビジネス用SNSの違い

・方向性が定まっている

・誘導が必要になる

・信用度が違う

 

方向性が定まっている

一般的な SNS 運用であれば何も考えず、思いついたことや気になったことについて投稿すればいいのですが、ビジネス用の SNS 運用ではある程度アカウントの方向性が決まった状態で投稿を行います。

方向性を決めておくことで、自身が扱っているビジネスジャンルについての配信がやりやすくなり、セールスをかけやすかったり、集客が行いやすくなったりします。

さらに、方向性を決めていると自身から相手にアプローチをしなくても、相手からフォローしてくれる可能性を高めることができるので、ビジネス運用の場合は方向性が決まっている場合が多いです。

 

誘導が必要になる

一般的な SNS 運用であれば何かに誘導したり、セールスをしたりする必要はないのですが、ビジネス目的の運用となると、何かに誘導したりセールスを行ったりする場合があります。

その時、集客やセールスが決まりやすい環境を整える上で、投稿の内容で誘導して行ったり、自身の考えが伝わるような基盤にしていく必要があります。

この作業を行わずにセールスを行ったとしても、フォローしてくれているフォロワーの目的と異なることがあるので、成果が出にくくなったりします。 

 

怪しまれやすくなる

一般的な SNS 運用であれば怪しまれることはないのですが、ビジネス運用になるだけで怪しまれやすくなります。

これは、SNSでビジネスをしている人が増えているということと、ネットが栄えたことによって詐欺が多くなってしまったことが原因として挙げられます。

 最初にもお伝えしたように SNS はビジネス目的で作られたものではないので、楽しんで使いたい人からすると、警戒心が強くなります。

 

以上のような違いがあり、俺らのことを理解せずにビジネス用の運用をしたとしても、成果が出にくいSNS基盤になってしまう可能性があります。

なので、ビジネス目的でSNSを活用する際には、SNSの性質や特徴などを理解して活用していく必要があります。

次に、そのことについてお伝えできればと思います。

 

SNSをビジネスに活用するメリット・デメリット

ビジネス目的でSNSを活用するメリットは、以下のようなものがあります。

 

メリット

・利用者が多い

・宣伝費がかからない

・バズる可能性がある

 

利用者が多い

SNSをビジネス目的で活用する最も大きなメリットとしてあるのが、利用者数が多いということです。

どのジャンルのビジネスにおいても商品を売らなければ利益にならないので、どこかしらから集客を行う必要があります。

その際、少しでも人がいるところから集客をしたほうが分母が増えて、セールスを見てもらえる可能性を高めることができるので、 多様なジャンルの人たちがいるうえに、すでに集客ができているSNSは最高の媒体です。

 

宣伝費がかからない

通常、不特定多数の人にセールスをかけようとすると、宣伝広告費を払わなければいけませんでした。

宣伝広告費を払うことで、様々な媒体に自社のセールスページを掲載することができ、他媒体の力を使って集客を行っていくのが一般的な方法でした。

ですが、SNSが当たり前になった現代においては、アカウントを作成すれば、無料で誰にでもアプローチを何回でもかけることができるようになったので、宣伝広告費を払うことなく0円で集客や販売を行うことができるようになりました。

 

バズる可能性がある

 SNSの機能を活用することで、自身の投稿を多くの人たちに見てもらうことができるようになります。

 

 Instagram であれば「いいね」、 Twitter であれば 「リツイート」、Youtubeであれば「高評価」

 

といったように、媒体ごとに拡散されやすくなる機能が付いているので、その機能を活用することで自身が全ての人にアプローチをしなくても勝手にアプローチを広げていくことができるようになっていきます。

デメリット

・市場が出来上がっている

・時間がかかる

 

市場が出来上がっている

これからSNSを活用してビジネスを行おうとしても、すでに市場が確立されている可能性が高いです。

先駆者と呼ばれる人たちがすでに SNS を活用してビジネス運用を行っている場合がほとんどなので、同ジャンルのビジネスを今から始めたとしても目立ちにくく、無視されてしまうことがほとんどです。

なのでこれからビジネス目的で SNS を活用するのであれば、創意工夫が必要になります。

 

時間がかかる

どのような SNS 媒体にも共通するのですが、どの SNS 媒体を使ったとしても集客やセールスができるまでに時間がかかる場合がほとんどです。

人を集客するのも時間がかかりますし、フォローしてくれた人を教育して販売につなげて行くまでにも時間がかかります。

なので

 

「すぐに始めてすぐに成果を出したい!」

 

という人には不向きです。

 

このようなメリットとデメリットがあり、SNSをビジネスで活用するためには、これらの事を理解した上で活用していく必要があります。

これまでを見ると、SNSを活用するとビジネスが発展しやすくなるはわかるが、デメリットを見ると、

 

これから新規参入で初めたとしても難しいのでは・・・」

 

と思われるかもしれません。

ですが、しっかりとビジネス用のSNSの運用をしていくことで、今から参入しても十分に成果を出すことができます。

次は、その方法についてお伝えできればと思います。

 

これからSNSで成果を出していくためには?

ビジネス用のSNSでこれから成果を出していくためには、以下のようなことが必要になります。

 

SNSで成果を出すために必要なこと

・市場の穴を見つける

・人間味を出した投稿する

・信頼を勝ち取ることを意識する

 

市場の穴を見つける

これからSNSを始めるのであれば、市場の穴を見つけてから始めることをお勧めします。

今の時代SNSは当たり前になってるので、どの市場に参加したとしても必ずライバルがいます。

ただ、ライバルがいたとしても全ての事を網羅しているわけではありません。

例えば、ダイエット関連の市場に参入しようと思った時に、

 

ダイエットの中でもどの部分をダイエットするのか?

数あるダイエット方法の中でもどのダイエット方法にするのか?

 

といったような細かな部分を確立していくことができれば、同じジャンルの商品だったとしても、ライバルと違う商品として認識されるようになります。

ライバルが「腕周りが痩せる商品」を出しているのであれば、こちらは「体感を鍛えることで腕周りを痩せさせていく」というようにすればライバルと同じ部分を痩せる商品だったとしても、ライバルになりません。

 

SNS で戦っていく上では、「いかにライバルを作っていかないのか?」というのが大切になってきます。

 

人間味を出した投稿する

「ビジネス用のアカウントだからビジネスのことだけを書きたい!」

と、始めたての頃は考えてしまうのですが、最初にもお伝えさせていただきましたが、 SNS はビジネス目的で作られたものではありません。

 SNS は第三者の人とコミュニケーションをとるために作られたツールなので、ビジネス目的の投稿をしたとしても相手は見てくれません。

なので、ビジネス用でSNSを運用する場合は、ビジネスのことだけでなくコミュニケーションも取っていくようにしましょう。

そうすることで信頼関係を築くことができ、あなたのビジネスに対しての疑念をなくすことができ、商品やセールスを見てくれるようになります。

 

信頼を勝ち取ることを意識する

ビジネス用 SNS を運用していく上で最も大切なのが、信頼の構築です。

ネットが当たり前になっている現代において「怪しい」というのはそれだけで避けられてしまうものになります。

 SNS でビジネス関連のことを配信すると、初めは「怪しい」と思われやすく、信頼関係ができていない状態でセールスをかけてしまうと「さらに怪しい」という風になってしまいます。

なので、SNSを運用していく上では、信頼を獲得するための投稿やコミュニケーションを日々とっていく必要があります。

これは時間がかかることではあるのですが、あなたのアクションに対する成果を高める効果があります。

SNS を使って長期的にビジネスを行っていきたいのであれば

 

信頼をどのようにすれば獲得することができるのか?

 

というのをいつも意識して運用をしていく必要があります。

 

SNS運用を成功させるためのコツ

最後にSNS運用を成功させる上で

 

「何が必要なのか?」

 

についていくつかのコツをお伝えできればと思います。

SNS運用を成功させるコツは以下のようなものがあります。

SNS運用を成功させるためのコツ

・投稿を媒体ごとに配信方法を変える

・見てくれている人の「何か」になる投稿をする 

・データからの改善作業を定期的に行う

 

投稿を媒体ごとに配信方法を変える

  SNS を活用してビジネスを行う際は、それぞれのSNSの特徴を理解した上で戦略を立てていく必要があります。

例えば、InstagramとYouTubeを活用してセールスを行いたいと思った時に、Instagramが画像がメインとなっているSNSでYouTubeは動画がメインとなっているSNSです。

なので、同じ投稿をしたくても形式を変えなければいけません

さらには、媒体ごとに利用者の目的が異なっている場合があります。

 Instagram であれば画像を見たい人が集まっていまし、 YouTube であれば動画を見たい人が集まっています。

この媒体ごとの特徴を理解せずに同じ投稿を同じ形で複数の媒体に投稿したとしても、成果が出にくくなります。

なので、 SNS 運用を始める際は、媒体ごとの特徴を理解し

 

自身のビジネスに合っているのかどうか?

 

を確認した上で利用することをお勧めします。

 

見てくれている人の「何か」になる投稿をする

 SNS で投稿を行う際、全ての投稿で

 

誰かの何かになるのか?

 

ということを意識して投稿するようにしましょう。

一般的な SNS の活用ではこのようなことを意識する必要はないのですが、ビジネス目的で活用する場合は、少しでも多くの人に見てもらうことが大切になります。

その際にSNSの拡散機能を活用するのですが、投稿したからといって拡散されるわけではありません。

確認される投稿は「誰かの何か」になった時に初めて拡散されるようになります。

例えば、自身が病気になってしまった時に、病気になってしまった時の対処法やなって困ったことなどを配信すると、多くの人たちには関係のない投稿になるのですが、病気になりたての人や病気になっている人からすると、とてもありがたい情報になります。

このように、情報が「誰かの何か」になった時に初めて拡散されるようになります。

ですので、SNSの投稿をする際には「誰かの何か」というのを意識しておくようにしましょう。

 

データからの改善作業を定期的に行う

SNSは投稿して終わりではありません。

SNSの媒体によっては、投稿の反応や拡散率などをデータとして取ることができるようなものがあり、それを活用することで投稿を改善していくことができます。

 SNS を始めたての頃は

 

何を投稿したらいいのかわからない

 

となると思うのですが、これは当たり前のことです。

市場のことを知らずに市場の人を動かすような投稿はできません。

市場の人を動かす文章は、市場に聞くことが一番早いので、SNS運用で早く成功したいのであれば、いかに早くデータを取って改善を行うかが大切になります。

 

これらのことを意識することでSNS運用をいち早く成功へ導くことができます。

 

最後に

SNSは今の時代ビジネスで欠かすことができないツールです。

 SNS がない時代は広告宣伝費がたくさんかかっていましたが、SNSが出てからは、個人でも費用をかけずに多くの人に対してアプローチをかけれるようになりました。

さらに、 SNSを運用していることが一種の名刺代わりにもなってきて、事業で信用される上でも必要とされてきました。

なので、もしまだSNSの運用していないのであれば、是非運用始めてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です