オートメーション化を容易に実現することができるオススメシステム3選

オートメーション化を容易に実現することができるオススメシステム3選

近年になって個人で働くことが増えてきました。

 

個人事業主として活動する人

フリーランスとして活動する人

会社と兼業で働く人 など

 

様々な個人の働き方が増えていきました。

個人の働き方には労働条件や拘束時間などがないので、基本は自由に行うことができます。

しかし、労働時間が自由な事と収益は別です。

個人で働く理由としては「収入を上げるため」というのがほとんどだと思うのですが、収入を上げるための作業時間が年々増え続けています

理由としてはライバルが増加したことによって市場が飽和していており、その市場の中から一際目立つと思ったら、相当な努力と作業が必要になります。

そうなると個人でも労働を強いられる時間が増えてきて、その結果、会社で働くよりも労働時間が長くなってしまうということもあります。

なので、このような働き方をしている間は、労働時間から解放されることができず、毎日働き続けなければならなくなってしまいます。

そのようにならないために近年導入されているのがオートメーション化システムです。

オートメーション化システムをビジネスに導入することで作業を自動化することができ、あなたの代わりに24時間365日働いてくれるようになります。

なので、会社だけではなく個人の方もオートメーション化システムを導入する人は増えているのですが、このオートメーション化システムには様々な種類があり、どれを選んでいいのかが分かりにくいと思います。

今回はそんな便利な「オートメーション化システム」についてお伝えできればと思います。

 

オートメーション化システムとは?

引用元:https://www.xthdesign.co.jp/860.html

 

オートメーション化システムとは、24時間365日あなたの代わりに作業を行ってくれるシステムの事を言います。

例えば、あなたが商品販売をしていて、その商品を購入してくれた人たちに対して「お礼のメッセージを送りたい」と思ったとします。

その時に、10人程度であれば簡単にメッセージを送っていくことができると思うのですが、これが1万人になったらどうでしょうか?

さらに言うと、10万人になったらどうでしょうか?

これだけの人数に一人一人メッセージを送っていては、それだけで日が暮れてしまいます。

このような時に、オートメーション化システムを活用することで、10万人に対して自動でお礼のメッセージを送ることができるようになります。

このようにオートメーション化システムは、人が時間をかけて作業しなければならない部分を機械が代わりに行ってくれて自身の労働を減らすことができます。

単調な仕事であればあるほど、今の時代であればシステムが豊富に揃っているので、多くの仕事をシステムに代行させていくことができます。

このように自身の作業をシステムに入れ替えて、労働時間の削減に加えて、仕事の効率化を目指すことができるのがオートメーション化システムとなっています。

 

オートメーション化システムのメリットとデメリット

オートメーション化システムを活用することで以下の様なメリットとデメリットがあります。

メリット

・作業を自動化することができる

・仕事効率を高めることができる

・お客様に満足してもらいやすい

 

作業を自動化することができる

オートメーション化システムを導入することで作業を自動化していくことができます。

ビジネスは基本同じことの連続です。

例えば、あなたがマッサージ屋を運営しているのであれば、

 

お客様が来店する→ヒヤリングをする→マッサージをする→会計をする→お見送りをする

 

といった流れがあると思うのですが、この流れはどのお客様に対しても同じだと思います。

用意しているコースによって作業内容は多少異なるかもしれませんが、基本の流れはこのような流れになると思います。

このように作業が決まっていることであれば基本システムに代行していくことができます

どのように代行をしていくのかと言うと

 

お客様が来店する

→自動音声を設置する

→タブレットに表記しておく

→ペッパー君にお出迎えしてもらう

 

ヒヤリングをする

→タブレットに必要項目を書いてもらう

→ペッパー君にやってもらう

 

マッサージをする

→自身で行う

→ペッパー君に行ってもらう(これは冗談です)

 

会計をする

→電子決済を導入する

 

お見送りをする

→自動音声を設置する

 

このように作業を置き換えることであなたの作業は「マッサージをするだけ」にすることができます。

このようにビジネスの中にシステムを導入することができれば、作業を自動化していくことができます。

 

仕事効率を高めることができる

オートメーション化システム導入することで仕事を効率的に進めていくことができるようになります。

先ほどのことを例に上げると、システムを導入していないマッサージ屋であれば上記で挙げたことを全て自分でやらなければならなくなってしまいます。

そうなってしまうと一つ一つの作業に時間を奪われてしまうことになるので、せっかく対応できたお客様が対応できなくなってしまう可能性があります。

逆にシステムを導入することで、今まで10人しか対応することができなかったのが、15人まで対応することができるようになったりします。

これだけで事業の売り上げをあげることができますし、作業時間や仕事内容が変わるわけではありません。

このようにシステムを導入するだけで、仕事を効率的に行うことができるので、同じ労働時間であったとしても 利益を上げやすくなります。

 

お客様に満足してもらいやすい

作業を自動化していくことでお客様に満足してもらいやすくなります。

システムは、人と違い100%に近い精度のものを最短で提供することができます。

例えば、商品をネットで購入した時に、購入履歴が自身の手元に来たほうが嬉しくありませんか?

購入履歴が来ないと

 

「本当に購入することができたのか?」

 

と不安になってしまうことがあると思うのですが、この作業を手作業でやろうと思うと件数によって時間が異なってしまいます。

10人ほどであれば最短で返信を行うことができると思うのですが、10万人になった時に、 購入者一人ひとりに対して平等に最短でメッセージを返信することができるのかと言うとできないと思います。

これは人の力では難しいのですが、システムを活用すれば可能です。

このようにシステムは、決められた事を100%に近い精度で最短で提供することができるので、お客様に満足してもらいやすいです。

 

デメリット

・システムができることしかできない

・導入に時間がかかる

・コストがかかる

 

システムができることしかできない

システムは人ではないので柔軟性がありません。

人であれば

 

「○○をやっておいてくれ」

 

といえば動いてくれるのですが、システムにいくら口頭で伝えたとしてもシステムは動いてくれません

機械である以上、人間のように瞬時に何か変更することができないので、あらかじめ決められたこと以外何もできません。

 

導入に時間がかかる

オートメーション化システムを導入しようとすると、導入までに時間がかかってしまう場合があります。

基本的にどのシステムを活用したとしても、自身がシステムに商品や文章を導入していかなければいけないので、形になるまでに時間がかかります。

さらにシステムによっては、初期設定に複雑な作業をしなければならない場合があるので、 システムを使いこなせるようになるまでにも時間がかかってしまいます。

 

コストがかかる

どのオートメーション化システムを活用したとしても料金がかかる場合がほとんどです。

システムの多くが最初は無料で活用できるけど、後に月額課金に変わっていったりといったようなものが多く、定期的に料金を支払わなければならない場合があります。

なので、オートメーション化システムを導入する場合はランニングコストも計算して導入する必要があります。

 

以上のようなメリットとデメリットが、オートメーション化システムを導入することで発生します。

 

オートメーション化システムを選定する方法

オートメーション化システムは数多く存在しています。

一つ一つの機能を提供している会社や、 オートメーション化に必要な全ての機能を備えたシステムを提供している会社もあり

 

どのシステムを選べばいいのか?

 

となってしまうと思います。

その際に、迷わずシステムを選定していくことができる方法についてお伝えできればと思います。

システムを選定していく上で以下のようなポイントを押さえることで、自身にあったオートメーション化システムを選んでいくことができます。

 

選定する方法

・費用

・機能性

・利便性

 

費用

オートメーション化システムを導入する上で費用は一番意識しておいた方が良いポイントです。

ほとんどのオートメーション化システムは継続課金になる場合がほとんどなので、事業への影響が大きいです。

さらに、一度システムを利用して基盤を構築すると、変更するのに手間がかかってしまうので、一度導入したシステムは長期的に活用することが多いです。

ですので、システムを選定する場合は

 

必要な機能を最低限度の金額で!!

 

ということを意識したうえで選定するようにしましょう。 

 

機能性

オートメーション化システムを選定するうえでどのような機能を活用することができるのかを知っておくことは重要です。

オートメーション化を行うことができるシステムは、国内、海外合わせると数多く存在しており、それぞれの会社ごとに機能性に違いがあることがほとんどです。

なので、システムを選定する際は

 

自社のビジネスには何の機能が必要なのか?

 

という事をあらかじめ把握したうえで、システムを選定していくことをおすすめします。

このようにしないと、明確な理由の元でシステムを選定することができません。

 

利便性

システムを提供している会社によって利便性が異なる場合があります。

システムには、明確な形式や機能は決まっていないので、システムを提供している会社ごとに操作方法が違ったり、システムを利用する形式が異なっている事があります。

そのことを知らずにシステムを活用してしまうと、わざわざ使いにくいシステムを活用してオートメーション化を行っていかなければならなくなってしまうので、時間の無駄です。

なので、基本的にシステムを提供している会社は、無料お試し期間がついていることがほとんどなので、一度活用してみてそれで自身が利用しやすいかどうかを確認しておく必要があります。

 

これらのポイントを抑えたうえでシステムの選定を行うことで、自身に合ったオートメーション化を選定することができます。

 

オススメオートメーション化システム

 

オススメオートメーション化システム

・Line@

・ferret One

・A-BiSU

 

Line@

引用元:https://www.cs-cloud.jp/media/line/lineat_5minut_commentary/

 

料金:無料(1000通まで)

 

Line@は、個人や企業が不特定多数に一斉配信を目的として運用するメルマガのようなものです。

メルマガであれば、メールアドレスに対して配信を行うのですが、Line@を活用すればLineに対してメッセージを送ることができます。

Line@を活用することで、顧客のデータを収集することができたり、キーワードを選定することで自動で返信を行うことができます。

さらに、Lステップというサービスを活用すると、メルマガで言うステップメールのような機能を活用することができるようになり、商品販売やサポート、教育などを自動で行うことができます。

 

 

ferret One

引用元:https://basicinc.jp/1362614

 

料金:有料

 

ferret Oneとは、BtoBマーケティングに特化したシステムとなっており、マーケティングに必要なシステムを一通り取り揃えているサービスとなっています。

600社以上の導入実績豊富な機能でマーケティングに関する悩みをなくし、さらにはferret One独自の成功ノウハウもセットで手に入れることができるので、本格的な知識とシステムを手に入れることができます。

ただ、料金は多少高いものとなっているので、今後本格的にビジネスに取り組んでいきたいとお考えなのであれば、オススメです。

 

 

A-BiSU

引用元:https://unison-planet.jp/information_detail?actual_object_id=1780

 

料金:有料

 

A-BiSUは、Webマーケティングをオールインワンで実現することができる次世代型CMSとなっています。(CMSとは、Webサイトのコンテンツを構成するテキストや画像、デザイン・レイアウト情報(テンプレート)などを一元的に保存・管理するシステムのこと)

元々Webサイトを運用管理するために作成されていたサービスだったのですが、その情報力とシステム力を活用してオールインワンマーケティングシステムとして生まれ変わりました。

オートメーション化していく上で必要な機能は一通りそろっており、操作性も簡単なことから4年連続売り上げシェアNo.1の実績を獲得しています。

これからマーケティングシステムを導入してみたいという方にオススメです。

 

 

最後に

マーケティングシステムには様々な種類があります。

マーケティングに必要なほとんどの機能を取り揃えているサービスもあれば、一部分だけに特化したシステムもあります。

理想として全てが繋がっているシステムを導入したほうが利便性も高く、つながりも強いので扱いやすいのですが、料金が高くなってしまう傾向があるので、初めてマーケティングシステムを導入するのであれば、ハードルが高い場合があります。

なので、もし月額費用が高く導入することが難しいのであれば、事業に必要な機能だけをピックアップして、部分的にシステムを活用することで費用を最低限度に抑えることができます。

そのような活用の仕方でも、オートメーション化システムを事業に導入することは有効な手段だと思いますので、ぜひ導入してみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です