どうも、鈴木です。

今回は資金がなくても利益を生み出すことができるデジタルマーケティングについてお伝えさせていただきたいと思います。

デジタルマーケティングは、電子デバイスやインターネットを利用するあらゆるマーケティングを指す総称のことをいうのですが、この戦略を活用することで資金がなくてもあなたのビジネスの収益を上げることができるようになります。

ネットを活用するだけで低資金からでも本格的な収益を生み出すことができることについてお伝えさせていただければと思います。

 

デジタルマーケティングのメリット

なぜ資金がなくてもあなたのビジネスの収益を上げることができるのかについてはデジタルマーケティングのメリットの部分を知ることで見えてくれると思います。

メリットは以下のようなものがあります。

デジタルマーケティングのメリット

・料金がかからない
・ネット上だけで完結する
・自社の価値を高めることができる

 

これらのメリットがあるからこそ資金がなくても収益を上げることができ、なおかつビジネスをより発展させていくことができるのです。

 

・料金がかからない

ネットを活用することで今までかかっていた費用をなくすことができます。

例えば、店舗を構えたビジネスであれば店舗を維持するための費用が掛かりますし、商品を保管する場所代、電気代、水道代など店舗を構えるだけで商品販売以外の費用が掛かってくることがほとんどです。

ですが、ネットを活用することで店舗を構える必要もなくなりますし、商品を保管する倉庫は必要かもしれませんが、それ以外の費用をかけることなく商品販売を行うことができます。

このように、ネットを活用することで今までかかっていた費用をなくすことができ、メインとなる商品販売やサービス提供を行うことができるようになるので、無駄をなくすことができ、なおかつ効率的にすることができます。

それも、特別なシステムや料金がかかるわけではなくほぼ無料で行うことができることもネットの強みの一つです。

 

・ネット上だけで完結する

デジタルマーケティングを導入することですべてをネットだけ終わらせることができます。

例えば、店舗であればお客様に商品を選んでもらい、選んだ商品をレジへ運び、レジで会計ってといった流れで商品販売が進んでいくと思います。

ですが、ネットを活用することで、これらすべてをネットだけで完結させることができ、お客様にあわずして商品を販売することができるようになります。

これはネットを導入していなければ行うことができないことです。

 

・自社の価値を高めることができる

ネット上にコンテンツやサービスを作ることによって24時間働いてくれる労働力を手に入れることができます。

その結果、あなたが寝ているときもネット上ではあなたのプラットフォームが自動的にセールスをかけたり、自動的に販売をしたりしてくれるので、お客様に合ったセールスを行うことができるようになります。

その結果、あなたが活動しなくてもプラットフォームが勝手に価値を高めてくれるので、商品が売れやすくなったり新規顧客を増やしたりしていくことができます。

 

このようにネットを活用したマーケティングを導入するだけで店舗では行うことができなかったことをすることができ、なおかつ低資金で導入することができます。

なので、デジタルマーケティングを導入しているかそうでないかで大きな収益の違いが出てくるといっても過言ではないでしょう。

 

デジタルマーケティングを成功させるには?

デジタルマーケティンを導入すること自体は難しいことではありません。

店舗を持たれているのであればその商品をネットに公開したり、何か商品を購入されたときにサポート機能をつけたりと、ネットを活用することで今まで手動でやっていたことを自動的に行ってくれるようになります。

ですが、導入するだけは意味がありません。

今までの仕事を代行し、なおかつ今まで以上の価値を生み出すことができなければデジタルマーケティングを導入する意味が薄れてきます。

「手動よりも自動のほうが売れやすい!」

と思えるようなマーケティング基盤を構築するためにはどのようなことを行っていけばいいのかについて次にお伝えさえていただければと思います。

成果の出るマーケティング基盤を導入するためには以下のようなことを意識することで行うことができます。

デジタルマーケティングを成功させるためには?

・いろいろな媒体を使ってみる
・常に最新の情報を手に入れる
・やりたいことを明確にする

 

これらのポイントを守ってマーケティング基盤を導入することができれば成功しやすい基盤を構築していくことができるようになると思います。

 

・いろいろな媒体を使ってみる

現在ネット市場が盛んになったこともあり、様々なサービスが登場しております。

その中でも特に注目していただきたいのは、自身のジャンルに合ったサービスです。

今のサービスの中には一つのジャンルを専門に扱っているサービスも登場しており、そのサービスの中に自身のコンテンツや商品を投稿しておくことで、そのジャンルに興味を持ってくれている人たちにアポローチをかけることができるので自身の媒体に来てもらいやすくなります。

これを一から有名なサービスなどを活用して行おうとすると、ライバルが強い場合が多く、見られない可能性が高いのですが、特化型のサービスは需要が空いていることが多いので、そちらのほうが効率的に集めることができる場合があります。

なので、これまで有名どころだけを使っていたのであれば、特化型のサービスを活用してみるのも一つ方法になると思います。

 

・常に最新の情報を手に入れる

デジタルマーケティングにはいくつか種類があり、自身で基盤を構築するものもあれば、会社がマーケティングシステムを提供している場合もあります。

最新のサービスは既存のサービスと違って安定性に欠ける部分はあるのですが、そのサービスの市場をとることができる場合もあるので、チャレンジしてみるのも一つの方法だと思います。

チャレンジして失敗したら既存のビジネスに戻ればいいですし、成功すれば一気にビジネスを成長させることができるきっかけになる可能性もあるので、常に最新の情報には目を向けておく必要があると思います。

 

・やりたいことを明確にする

これもとても大切なことなのですが、マーケティング基盤を導入するうえで目的は重要です。

マーケティング基盤はむやみに導入するだけでは意味がありません。

効果が出ないマーケティング基盤は維持費がかかるだけでなく、信用を失ってしまう場合もあるので、導入するのであれば成果の出る基盤を導入する必要があります。

そのうえで、

「何を基準に成果とするか?」

ということがサービス選びにおいて重要であり、この部分がなければマーケティング基盤を導入する意味もありません。

なので、これからマーケティングを活用していこうとお考えなのであれば、まずは何をするためにマーケティング基盤を導入するのかを明確にしてから導入することをオススメします。

 

デジタルマーケティングを意識していない人が多い現実

デジタルマーケティングと聞いたときに

「SNSはやっている」

「ホームページは持っている」

など使っている人は多くいます。

ですが、実際のところ使っているだけでマーケティングとしてビジネスに反映できている人は多くいません。

一部の成果を出している人たちは、その媒体の特徴を知り尽くし、いち早く市場を独占し、自身のポジションを確立していっています。

今の段階で何かしらの媒体の中で

「○○ならこの人!」

「○○ならこの商品!」

といわれる立場を作り上げることはできているでしょうか?

もしそれができていないのであれば、ビジネス目的としてデジタルマーケティングを導入しきれていない可能性が高いので、見直してみるとあなたのビジネスをさらに加速させていくことができると思いますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

Author

大学卒業後、就職するも働き方に疑問を感じ、1年で会社を退職し個人ビジネス支援サイト「ビジトレ」を立ち上げた当サイトの管理人。 現在は、「個人ビジネスコンサルタント」として、個人で頑張る人達の支援活動をさせていただいております。

Write A Comment