バリューチェーン分析とは?|具体的な使い方と意味について解説!!

バリューチェーン分析とは?|具体的な使い方と意味について解説!!

事業を行っていく上では様々な工程があります。

 

「セールスをする工程」「宣伝をする工程」「サポートをする工程」など

 

いくつもの工程が合わさって一つのビジネスができています。

一つの工程もかけてはいけないですし、一つの工程をおろそかにしても事業が成り立ちません。

そんな大切な工程なのですが、事業を行っていくうちに曖昧になってくることがあり、曖昧になった状態でビジネスを続けて行ってしまうと改善を行うことができないので、事業が衰退する可能性があります。

そのようにならないためにも工程を明確にしていくことが事業を長期的に続ける上では大切になってきます。

そこでよく活用されるフレームワークとして「バリューチェーン分析」というのがあります。

このフレームワークを活用することで事業の工程を明確にしていくことができ、工程の改善を行うことができるようになります。

そんな便利なフレームワークについて今回お伝えできればと思います。

 

バリューチェーン分析とは?

バリューチェーン分析は、企業が顧客に提供する価値の連鎖を可視化する手法のことを言います。

活動を切り分けて考えることで、競争優位性を細かく分析したり、各活動のコストや貢献度を分析したりすることができます。

このフレームワークによって事業の流れを具体的にしていくことができ、事業戦略を考える際に便利です。

 

バリューチェーン分析の目的

バリューチェーン分析を行う目的としては以下のようなものがあります。

バリューチェーン分析を行う目的

・事業の流れを明確にすることができる

・事業の穴を見つけることができる

・工程の改善をおこなうことができる

 

・事業の流れを明確にすることができる

バリューチェーン分析を行うことで事業の流れを明確にすることができます。

初めにもお伝えしたように一つの事業の中には、いくつもの工程が含まれています。

その工程を事業を続けている間は何気なく行なってしまっているのですが、何かトラブルが発生したり改善が必要になった場合に工程が曖昧になっていると、明確な改善を行うことができなくなってしまいます。

その結果、何を改善すればいいのかが分からなくなってしまい、具体的な改善を行うことが出来なくなってしまいます。

そこで今回のフレームワークを活用すると、一つ一つの工程を分けて考えることができるようになるので、明確な改善とともに事業の明確化を行うことができます。

 

・事業の穴を見つけることができる

バリューチェーン分析を活用することで事業の穴を明確にしていくことができます。

工程を明確化していくと、今まで気づくことがなかった部分がいくつか出てきます。

何気なく作業を行っていると、気づきにくいのですが、一つ一つの工程を具体的にしていくことで不要な作業を見つけることができ、作業工程の短縮を行うことができます。

他にも不十分な部分を洗い出すこともでき、工程を補うこともできます。

 

・工程の改善をおこなうことができる

バリューチェーン分析を行うことで工程の改善を行うことができます。

一つ一つの工程を明確にしていくので不要な部分を見つけることができ、そこから

 

「どのように改善すればいいのか?」

 

ということも工程を明確化することによって判断することができるようになります。

さらには、一つの改善を行うことで、別の作業の改善も必要になったり、作業が不要になったりすることもあるのですが、バリューチェーン分析でまとめておくことで瞬時に対応することができるようになります。

 

このような目的があるからこそバリューチェーン分析は、多くのビジネスに取り入れられています。

 

バリューチェーン分析のやり方

1.バリューチェーンを可視化していきます。

自社や競合のメインとなっている事業の流れがどのようになっているのかを明確にする。

引用元:https://martechlab.gaprise.jp/archives/similarweb/post-12639/

 

参考例(通信業)

引用元:https://martechlab.gaprise.jp/archives/similarweb/post-12639/

 

2.工程を細分化していく

一つ一つの工程を見直して表にまとめていく

参考例:工場

引用元:https://bizzine.jp/article/detail/2940

 

3.整理したデータから改善を行う

 

このような流れで分析を行うことで、事業の工程を明確にしていくことができます。

 

最後に

作業をなくしていくというのは、事業の成長スピードを向上させる上で大切です。

不要な作業を続けるということは、その分時間を消費することになるので、その分事業の成長スピードが遅くなります。

1日単位で見ると数分のことであったとしても、年単位でみると、数十時間の損になってしまいます。

この数十時間が今の時代において、致命的になりかねません。

それくらい時代の流れは早いですし、 変化も早いです。

ですので、そのようにならないためにもバリューチェーン分析を活用し、作業の明確化を行うことで数十時間を有効活用することができるようになりますので、ぜひ活用してみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です