パレート分析とは?|具体的な使い方と意味について解説!!

パレート分析とは?|具体的な使い方と意味について解説!!

ビジネスを続けていくと多くの人たちと仕事をするようになると思います。

何かを作りたいと思った時には、

 

「材料を仕入れたり」「セールスページを作ったり」「ウェブサイトを作ったり」「デザインを作ったり」

 

色々な業種の人達と提携をしながらビジネスを進めていくと思います。

そうなると、関わってくれている人たちによって貢献度の違いが出てくることがほとんどです。

その時に貢献度の高い人達を優先的にしていく方がビジネスとして成長しやすくなります。

また貢献度の低いところは原因を究明し、改善を行ったりすることができます。

その時に活用されるフレームワークとして「パレード分析」というのがあります。

今回はパレート分析についてお伝えできればと思います。 

 

パレート分析とは?

パレート分析は、

 

自社への貢献度が高い要素は何か?」「自社の資源をどこにどのくらいさくべきか?

 

といったことを考えるフレームワークのことです。

限られた資源の中で最大の成果を得るための意思決定をする際に、判断材料を見出すことができます。

マーケティングや営業の場面を始め、クレームや不良品の発生数を分析し、対策を検討する時にも活用できます。

 

パレート分析の目的

パレート分析を行う目的は以下のようなものがあります。

パレート分析の目的

・優先度を明確にすることができる

・原因を探ることができる

・新たなパートナーを見つけるヒントになる

 

・優先度を明確にすることができる

パレート分析を行うことで取引先の優先度を明確にしていくことができます。

取引先に優先度をつけることで自社への貢献度を明確にすることができるので、

 

どの企業がどのくらい自社にメリットをもたらしているのか?

 

を把握することができるので、サポートの仕方を変えていくことができます。

貢献度が高い企業に対しては手厚いサポートをして、貢献度の低い企業にはサポートの仕方を見直すといったようなことができるので、自社の資産を効率的に活用していくことができます。

 

・原因を探ることができる

貢献度を明確にすることによって貢献している会社と、そうでない会社の違いを見極めることができます。

 

「貢献している会社はどのような特徴があるのか?」

「貢献できていない会社は何が足りないのか?」

 

というのを明確にしていくことで原因を究明することができ、そのデータをもとにサポートの仕方を変えることで貢献度の低い会社を導いていくことができるようになります。

 

・新たなパートナーを見つけるヒントになる

貢献している会社を調べることで、次に提携をする企業を選定するためのヒントにすることができます。

貢献している会社とそうでない会社の違いを知ることで

 

どのような企業なら貢献することができるのか?

 

を見極めることができるので、ビジネスの成長スピードを高めていくことができます。

 

パレート分析を行うことで、このような目的を達成することができます。

 

パレート分析のやり方

パレート分析を行う流れは以下のようになっています。

パレート分析の流れ

1.集計を行う

2.データをグラフ化する

3.今後の方向性を考える

 

パレート分析一例

引用元:https://media.mar-cari.jp/article/detail/647

 

集計したデータを基にグルーピングを行う場合があるので、集計したデータの形式は、自身の活用しやすい形式にしておくことをお勧めします。

個人的にオススメの形式はグラフによる表示をしておくことをお勧めします。

グラフにしておくと一目で貢献度を把握することができるので扱いやすいと思います。

 

最後に

今の時代複数の企業と仕事をしていくのは当たり前になってきました。

技術が進化したことにより、仕事の幅が広がり、どのような業種であったとしても「専門分野と何かプラスして」という考え方が増えてきたので、今後もさらに活性化していくと思います。

その時に、全ての企業と提携できるわけではないので精査を行っていく必要があります。

その際にパレート分析の考え方を身につけることができていれば、自社の事業に最も適した企業を選定していくことができると思いますので、ぜひ活用してみてはいかがでしょうか? 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です