4P分析とは?|具体的な使い方と意味について解説!!

4P分析とは?|具体的な使い方と意味について解説!!

今の時代どのジャンルにおいてもライバルは存在しています。

ライバルは、あなたが事業を継続していく上で必ず弊害になる存在です。

ライバルが自社よりも優れた戦略を立てたのであれば自社の利益は下がっていきまし、最悪の場合、会社が潰れてしまうということもあります。

そのような状況に陥らないためにも市場で戦っていく上ではライバルの動向を確認しておく必要があります。

ですが、これだけを伝えたとしても

 

実際何をすればライバルの動向を知ることができるのか?

 

というのがわからないと思います。

そこでよく活用されるのが「4P分析」というフレームワークです。

4P分析を活用することでライバルの状況や戦略を把握することができ、その情報から自社の戦略を考えて行くこともできます。

今回はそんな便利なフレームワークについてお伝えできればと思います。

 

4P分析とは?

4P分析は「製品」「価格」「流通」「購買促進」の四つの要素からマーケティング戦略の分析や設計を行う分析方法のことを言います。

自社のマーケティング戦略を設計する際はSTP分析と組み合わせて

「誰に」「何を」「どのように」

提供するのかを検討していきます。

他社を分析する際は、それぞれの要素をチェックし他社の意図や自社が競争優位性を見出すことができるポイントを考えていきます。

 

4P分析の意味

4P分析の4つの「P」の意味は以下のようになっています。

4P分析の意味

Product(プロダクト:製品)

Price(プライス:価格)

Place(プレイス:流通)

Promotion(プロモーション:販売促進)

 

Product(プロダクト:製品)

競合が展開している商品・サービスに関する情報をチェックします。

どのような商品・サービスを提供しているか特徴や人気のポイントなどの情報を収集します。

 

Price(プライス:価格)

商品・サービスの価格をチェックします。

商品単価に加え、全体の価格帯、セット商品などのパッケージ戦略を調べます。

また業界全体の相場価格と比較できると全体での位置づけを把握しやすくなります。

 

Place(プレイス:流通)

商品・サービスを顧客に提供するルートに関する情報をチェックします。

店舗の立地や配送、EC サイトの有無など、顧客が商品・サービスをどこで知り、どこで購入するのかといった情報を収集します。

 

Promotion(プロモーション:販売促進)

商品サービスを知ってもらうためにどのような施策を行っているのかをチェックします。

営業活動や広告、マーケティング 、PR など、ユーザーとのコミュニケーション方法や、その頻度について情報を収集しましょう。

 

4P分析を行う目的

4P分析を行う目的

・競合の戦略を把握することができる

・自社の戦略を決めることができる

・成功例・失敗例を知ることができる

 

競合の戦略を把握することができる

4 p 分析を行うことで競合の状況を知ることができます。

 

「どのような商品を開発しているのか?」

「どのような戦略を導入しているのか?」

 

などの詳しい情報を手に入れることで、

 

ライバルに負けないためには何をしなければならないのか?

 

ということを明確にすることができます

 

自社の戦略を決めることができる

ライバルの戦略を知ることで自社の戦略を決めていくことができます。

ライバルと同じような戦略を取ってしまうとそれだけで価格競争が発生したり、消費者の取り合いになりかねないので、相手の戦略を理解して別の戦略を立てることでライバルとかぶることなく市場と向き合っていく事ができます。

 

成功例・失敗例を知ることができる

4P分析を行う最大のメリットとしてあるのが、成功例と失敗例を知ることができるということです。

ビジネスにおいて正解はありません。

どのような戦略をとったとしても、事業として売上が上がればそれが正解ですし、売上が上がらなければ失敗となります。

そのような事例はこの長い歴史の中でいくつもあり、その事例を知ることで成功しやすい戦略と失敗しやすい戦略を把握することができます。

それによって両方の視点から自社の戦略を考えていくことができるので、失敗しにくく成功しやすい戦略を立てていくことができます。

 

これらの目的をかなえることができるからこそ4P分析は、多くの事業で活用されています。

 

4P分析の流れ

4P分析は以下のような流れで行っていただくことで、正確に行うことができます。

1.それぞれの項目を書き出していく

2.情報を整理する

3.整理したデータからライバルの状況を把握する

4.ライバルの状況から自社の戦略を改善していく

 

1.それぞれの項目を書き出していく

 

2.情報を整理する(例:Webサイト代行サービス)

3.整理したデータからライバルの状況を把握する

4.ライバルの状況から自社の戦略を改善していく

 

このような流れで4P分析を行うことで、スムーズにライバルの状況を知ることができます。

 

最後に

4P分析を活用することでライバルの状況を把握することができるだけでなく、自社を見直していくこともできます。

同じ市場で戦っているライバルの戦略や現状を知ることで、その市場の状況や傾向などを知ることができ、そのデータから

 

自社の戦略が今の時代に合っているのか?

 

というのを確認することができます。

なので4P分析を定期的に行うことで、時代のトレンドを捉えた戦略を立て続けることができるので、事業成績が向上しやすくなります。

そういった上でも4P分析は、ビジネスにおいて大切なフレームワークになってきますので、ぜひ活用してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です