コンテンツマーケティングとは?|成功させるために必要な3つのポイントも解説!!

コンテンツマーケティングとは?|成功させるために必要な3つのポイントも解説!!

「コンテンツマーケティングって何?」

 

と聞かれた時にすぐに答えることができますか?

名前だけ見るとコンテンツを使ってマーケティングをするということはわかると思うのですが、実際質問された時に明確に答えられる人は数少ないです。

マーケティングには色々な種類がありその中でもコンテンツマーケティングは今の時代に合ったマーケティング手法と言えるようなものです。

一度ビジネスにコンテンツマーケティングを導入することができれば時代の変化に対応させたマーケティングを随時行うことができるようになります。

コンテンツマーケティングは覚えて損がないマーケティング手法だと思いますので、今回ご説明させていただければと思います。

 

コンテンツマーケティングとは?

 

引用元:http://www.coralbasic.com/archives/764

 

コンテンツマーケティングとは、ターゲットとなっているユーザーに対してコンテンツを提供し、ファン化していくマーケティング手法のことを言います。

コンテンツの種類は様々で、ホームページを使ったコンテンツもあれば、ブログを使ったコンテンツ、メルマガを使ったコンテンツ、オンラインスクールを使ったコンテンツなど種類は様々です。

情報配信をコンテンツ化することによって相手にわかりやすく情報を伝えることができ、さらには、相手からも感謝されやすいのでファンになってくれる可能性を高めることができます。

 

コンテンツマーケティングのメリット、デメリット

コンテンツマーケティングには以下のようなメリットとデメリットがあります。

メリット

・潜在顧客をファン化できる

・流れを作ることができる(見ている人が見やすい)

・自動化することができる

 

・潜在顧客をファン化できる

コンテンツマーケティングのメリットの一つとしてコンテンツを通じて今まで気になっていた人たちをファンにすることができます。

ネットを活用したマーケティングの問題点としてよく出るのが、お客様との距離をなかなか縮めることができないという点です。

営業であれば、実際にお客様に会って会話をするので、相手に安心感や信用を与えることができるのですが、ネットを活用するとお客様との距離感を縮めることが難しく、今までと同じ営業を行ったとしても商品が売れないということがあります。

そこで、すぐに商品をセールスするのではなくて一度コンテンツを挟むことで相手に教育を行うことができ、教育を行うことで相手はあなたのファンになってくれて、あなたの言うことを信用してくれるようになり、ネットであったとしても商品が売れやすくなります。

 

・流れを作ることができる(見ている人が見やすい)

コンテンツを活用することで相手に一連の流れの下で教育を行うことができるようになります。

流れで情報を伝えることで相手は理解しやすく、流れになっていることで途中で離脱しにくくなります。

他の情報配信基盤を使って同じようなこともできるのですが、他の基盤では記事ごとの投稿になるので、流れがバラバラになることがほとんどです。

なので、一連の流れで教育を行うことができるというのはコンテンツマーケティングの大きなメリットの一つになります。

 

・自動化することができる

コンテンツマーケティングの最大のメリットとしてあるのが、一度基盤を作ってしまえば作業を自動化することができるという点です。

通常、商品を売る場合には

 

商品の買い手を探す→商品を販売する→商品のサポートをする

 

といった一連の流れがあるのですが、これらに対して全て基盤を構築してしまえるので、後に新商品を出すとなった時はその基盤に対して加えていく作業だけで商品販売を行うことができるようになります。

 

デメリット

・作成に時間がかかる

・費用がかかる場合がある

 

作成に時間がかかる

コンテンツマーケティングにはプラットフォームを活用することが多いのですが、そのプラットフォームを作成するのに時間がかかる場合があります。

最も簡単な方法に外注をしてしまうという方法があるのですが、一連のプロセスを全て作成するとなると、数十万円~数百万円の費用がかかってしまうことがほとんどです。

なので基本的にはシステムを自身で見つけて、そのシステムに対して自身の商品やサービスを加えていくような流れになります。

それら全てを行うとなるとどうしても完成させるまでに時間がかかってしまいます。

 

費用がかかる場合がある

上記でもお伝えさせていただきましたが、コンテンツマーケティングには明確な答えがないので様々な試行錯誤を行っていく必要があります。

その際に外注などを多用すると費用がかさんでしまい、基盤を構築するだけで数百万円の損失になる可能性があります。

そのようにならないためにも、コンテンツマーケティングの基盤を構築する際はある程度自身で作成することをお勧めします。

 

以上のようなメリットとデメリットがあるので理解した上でビジネスに導入するかどうかを決めていく必要があります。

 

コンテンツマーケティングの流れ

次にコンテンツマーケティングの一連の流れについてお伝えできればと思います。

一連の流れ

・集客(集客を行う)

・教育(興味付けを行う)

・販売(購入してもらう)

・リピート(リピーターになってもらう)

・拡散(広げてもらう)

 

集客(集客を行う)

集客は作成したコンテンツを見てもらうために必要になります。

いくらすばらしいコンテンツを作ることができたとしても、誰にも見られなければ意味がありません。

なので、ホームページやブログ、SNS、広告などを活用し集客を行います。

 

教育(興味付けを行う)

集客を行った後はコンテンツを活用して商品やサービスに対する知識を相手に伝えていきます。

教育を行うことで相手はあなたのことに対して興味を持ってくれて、適切な教育を行うことで相手はファンになってくれます。

ファンになってくれることで商品を購入してもらいやすい状況をつくることができます。

 

販売(購入してもらう)

教育を行った後はセールスを行っていきます。

教育の段階で覚えていただいた知識を元に、商品を購入するかどうか検討していただきます。

この時に注意しなければならないこととしてあるのが、押し売りのようなセールスを行ってしまうと後々の苦情につながってしまいます。

押し売りのようなセールスが教育を行っていないのであれば必要になるのですが、教育を行った後であれば、相手の背中を押す程度のセールスで問題ありません。 

ここを間違えてしまうと商品が売れないだけでなくファンを手放してしまうことにもなるので注意が必要です。

 

リピート(リピーターになってもらう)

商品を購入してもらった後は、その商品のファンになってもらうことを目指していきます。

一度商品のファンになってもらうと継続的に購入してもらえる可能性を高めることができるので、継続的に収入を得ることができるようになります。

事業を安定させる上では、リピーターの人たちをどれほど増やすことができるのかという部分が大切になってきますので、コンテンツマーケティングを導入する際は必ずこのリピートを生み出すような部分も含めるようにしましょう。

 

拡散(広げてもらう)

商品の良さを知ってもらった後は、商品を拡散してもらうための基盤も用意しましょう。

商品を販売するために毎回広告宣伝費をかけていては費用がもったいないですし、購入したお客様からの口コミほど強いセールスはないので、口コミがされやすくなるような環境を整えるようにしましょう。 

 

以上が一連の流れとなります。

 

コンテンツマーケティングを成功させるために必要な事

次にコンテンツマーケティングを成功させるために必要な三つのポイントについてお伝えさせていただければと思います。

成功させる3つのポイント

・全体を作ってしまう

・市場にいち早くだす

・改善を繰り返す

 

全体を作ってしまう

コンテンツマーケティングを成功させるポイントの一つ目としてあるのが、全体像を早く作ってしまうという点です。

よくやってしまうのが一つの部分に対して時間をかけてしまって、完成までに時間がかかってしまうということがあります。

基本的にマーケティングにおいて正解はないので、早く全体像を作ることを意識して作成するようにしましょう。 

 

市場にいち早く出す

全体像を早く作ったら、次に市場に早く出してしまいましょう。

全体像を最初に作ってしまう理由としては、この市場に早く出すということが非常に重要だからです。

上記でもお伝えしたようにマーケティング基盤には正解がありません。

ただ、市場に出すことで市場の声を聞くことができ

 

「何をお客様は求めているのか?」

 

というデータを取ることができるようになります。

このデータがなければ改善を行うことができず、求めている人たちに会ったコンテンツを作ることができないので、全体像ができたら早く市場に出すようにしましょう。

 

改善を繰り返す

市場に出したら次は改善を行うようにしましょう。

この改善作業がとても大切で、最悪の場合最初に作ったものを全て変更するということもあります。

ですが、お客様の声をもとに改善した基盤にすることができるので、市場に受け入れられやすく、ターゲットに対してしっかりとアプローチをすることができるような基盤を作ることができます。

最初の段階で作った基板は過去のデータを基に作成していくのがほとんどなのですが、改善を行った後の基盤は市場のリアルな声を聞いた基盤になるので、リアルタイムの市場に対して通じる基盤を作ることができます。

この基盤をいち早く作ることがコンテンツマーケティングを成功させる上で大切なことになります。

 

以上の三つのポイントを押さえておくとコンテンツマーケティングを最短で成功させることができます。

 

最後に

コンテンツマーケティングの手法はとても優秀です。

一度作ってしまえば半永久的に利用することができますし、改善を行い続けることでリアルタイムの相場に対応したコンテンツを提供し続けることができます。

さらにこの基板を作ってしまえばファンを徐々に生み出していくことができるので、宣伝広告費をなくすことができ、無理に集客をしなくてもリピーターの力で安定的な収益を得ることができるようになります。

私自身このコンテンツマーケティングをビジネスに導入してから事業に関係するあらゆる面を楽にすることができたので、もし今時間があるのであれば是非ビジネスに導入してみてはいかがでしょうか? 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です