無料オファーで人を引き付けるために必要な3つのコツ

無料オファーで人を引き付けるために必要な3つのコツ

今のビジネスに無料で提供しているサービスはありますか?

 

この質問を受けたときに

 

「もちろん扱っています!」

 

という人は多いと思います。

無料で何かを提供して相手に興味を持ってもらったり、実際に利用してもらったりすることは有効的なマーケティングの手段ではあるのですが、多くの方が間違った商品を無料で提供してしまっている場合が多いです。

無料で何かを提供するということは、リスクがないように思えるかもしれませんが、実際は会社の信用をかけているほどリスクを負っている場合がほとんどです。

もし無料で提供することに関して何も知識がないのであれば今回の記事はお勧めです。

少し知識をつけるだけでリスクを減らすことができ、なおかつ事業をもっと活発にすることができます。

今回は良い面も悪い面もある無料オファーについてお伝えできればと思います。 

 

無料オファーとは?

引用元:https://www.kingsoft.jp/is/download

 

無料オファーとは、無料でコンテンツを第三者の人に提供してセールスをかけることを言います。

無料でコンテンツを提供することによって、自社のことを知ってもらったり、商品を実際に体験してもらうことで、お客様の興味を引いて商品を購入してもらったり、何かに登録してもらったりしてもらいます。

「無料」という言葉は最強のパワーワードで、

 

無料であればとりあえず・・・

 

という考えにお客様を持っていくことができるので、 相手も受け入れやすく、その上で有益なものを提供すればファンになってくれたりします。

このような効果があるので、多くの方が無料オファーを導入しているのですが、実際のところ無料オファーのことを正確に理解せずにおこなっている人が多いので、常にリスクが伴っている状態で無料オファーを提供していることがほとんどです。

 

無料オファーに潜むリスク

無料オファーに潜むリスク

・クオリティで会社の評価が決まる

・他社と比較される

 

クオリティで会社の評価が決まる

無料オファーの内容で会社の評価が決まってきます。

無料オファーは、お客様があなたの会社を知る時に初めて見る場合がほとんどなので、その無料オファーが劣悪なものや役に立たないものであれば、二度とあなたの会社の商品を購入してくれなくなってしまう可能性があります。 

一度嫌な思いほど人は印象に残りやすく、競合他社が多数いる中であなたの会社を利用するメリットはないのでこのようなことが発生する場合があります。

 

他社と比較される

無料オファーの内容は同業他社と比較される場合が多いです。

ビジネスを行う際必ずと言っていいほどライバルが存在していると思うのですが、ライバルも同じように無料オファーを出している場合がほとんどです。

その際に2社が同じ商品を提供していたのであれば、無料オファーでよかった方の会社を利用したいと思うようになります。

 

このように無料オファーの内容によっては会社の信用を失ってしまう場合もあるので、何も考えずに無料オファーを活用してしまうと、今まで以上に商品が売れなくなってしまうという事もあります。

なので無料オファーだからといって本当に無料の商品を提供してしまうと、ライバルに差をつけられてしまう可能性があります。

ですが、無料オファーが有利なセールス方法であることは変わりありません。

次にそのことについてお伝えできればと思います。

 

無料オファーを活用するメリット

無料オファー活用するメリットとしては以下のようなものがあります。

無料オファーを活用するメリット

・「きっかけ」を作ることができる

・「体験」を作ることができる

・「信用」を得ることができる

 

「きっかけ」を作ることができる

無料オファーは、あなたの会社を知ることが出来る「きっかけ」にすることができます。

基本どのような商品を提供したとしても先駆者がいることがほとんどなので、お客様に認知されることはありません。

なので、こちらからお客様に対してアプローチをかけていく必要があり、その時に無料オファーを活用すると

 

こんな商品出しましたよ!

 

と知ってもらうためのきっかけを作ることができます。

 

「体験」を作ることができる

商品やサービスを効率的に購入してもらう方法として、相手に一度体験してもらうという方法があります。

一度利用することで商品の良さを知ってもらい、その商品が欲しくなるように仕向けていくことができます。

その際に無料オファーを活用して「七日間限定」などの文言で商品を提供することで、怪しまれることなく商品を利用してもらうことができ、購入してもらえる可能性を高めることができます。

 

「信用」を得ることができる

無料オファーを活用することで相手からの「信用」を勝ち取ることができます。

お客様は基本的にお金を払うことに対して抵抗があるので、その抵抗をなくすために一度商品を利用してもらう機会を作ることで、商品の信用を相手に与えることができます。

そうすることで相手は、心置きなく求めている商品を購入することができるようになるので、相手の購買力を高めることができます。

 

以上のようなメリットがあるので、ビジネスに無料オファーを導入することは、有効な手段と言えます。

次に、無料オファーを活用して人を惹きつけるためにどういうことが必要なのかについてお伝えできればと思います。

 

人を引き付けるために必要な3つのコツ

無料オファーを活用して相手の興味を引くためには以下のようなコツがあります。

人を引き付けるために必要な3つのコツ 

・パフォーマンスを意識する

・ワクワクさせる

・具体的な未来を見せる

 

パフォーマンスを意識する

無料オファーは、自社に興味を持ってもらうことも大切ですか、最後まで内容を見てもらうことも大切です。

なので、途中離脱を防ぐためにもパフォーマンスを意識して作成するようにしたほうが離脱率を減らすことができます。

例えば、文章だけで商品の魅力を伝えてしまうと取扱説明書のようになってしまうことがあり、そのような文章を読みたいと思う人は少ないと思いますので、 少し笑えるような情報を加えたり、面白いと思えるような情報を加えておくことで相手の興味を継続させていくことができます。

今の時代であれば文章よりも動画で相手に見てもらう方が離脱率を減らすことができるので、今まで文章で伝えていたことを動画にしてしまうという方法も離脱率を減らす上で効率的な方法になります。

 

ワクワクさせる

無料オファーでは、相手をワクワクさせることも大切です。

ただ、商品説明をした無料オファーを見せたとしても、お客様からすると取扱説明書を見ているだけのように思われてしまうので、商品を説明するだけでなく雑談を入れたり盛り上がるところを作っていくことも大切です。

それによって離脱率も防ぐことができますし、相手が商品に対して興味を持ってくれやすくなるので、説明をしっかりと聞いてくれるようになります。

 

具体的な未来を見せる

無料オファーの目的は、相手に商品やサービスを無料で使ってもらうだけではなく、商品を購入してもらうまでが無料オファーになります。

なので、無料オファーで興味を引いた後はセールスを行うようにしましょう。

そのセールスを行う際に大切なのが、相手に具体的な未来を見せることです。

 

この商品を活用することで具体的にどのようなことが変わっていくのか?

 

というのを相手に理解してもらうことで、

 

この会社が提供しているこの商品だから欲しい!

 

という状況を作り出すことができ、ライバルの商品を購入することなく自社の商品を購入してくれるようになります。

ただ紹介だけをしてしまっては、ライバルに取られてしまう可能性があるので、この部分をおろそかにしないようにしましょう。

 

以上のようなコツを押さえた上で無料オファーを提供することで、自社の業績を伸ばしてくれるような無料オファーを提供していくことができます。 

 

最後に

無料オファー強力なセールス手法です。

「無料」という言葉はみんな好きで「無料なら使いたい」という人はたくさんいます。

なので、集客も行いやすいですし、利用してもらう可能性も高いです。

ただ、今の時代無料が溢れているので、無料から有料に繋げようとするとどうしても離脱が増えてしまいます。

なので、無料オファーできっかけを作ることができたのであれば、

 

お金を払ってもらうためには何をしなければならないのか?

 

ということも考えていく必要があります。

この問題を超えることができれば、無料オファーだけで事業が安定していくようになりますので、是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか? 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です