高額商品を作るだけで事業が安定する3つの理由

高額商品を作るだけで事業が安定する3つの理由

高額商品と聞いた時あなたはどう思いますか?

 

怪しい

 

と思った人は高額商品の本当の魅力に気づいていない可能性があります。

高額商品には買う側にも売る側にもメリットがあり、そのメリットを突き詰めていくことができれば、お客様の満足度を高めながら事業をどんどん成長させていくことができます。

考え方次第では、低価格の商品を何個も売るより高額な商品を一つ販売することに専念したほうが事業自体が安定しやすくなるということもあります。

今回はなぜ高額商品が事業を安定を導くのかについてお伝えできればと思います。

 

高額商品とは?

引用元:https://gimon-sukkiri.jp/kogaku-tagaku-chigai/

 

高額商品とは、値段が高い商品の事を言います。

値段の高い商品は今の時代に適していないと言われています。

サブスクリプションが出てきたことにより高額な商品もレンタルという形で利用することができるようになりました。

なので多くの事業者がサブスクリプション型のビジネス形態に移っていっています。

サブスクリプション型のビジネスには弱点もあり、それは多人数に利用してもらわないといけないという点です。

値段を安くする分、利益率が低くなってしまうので多くの人に利用してもらって初めて利益が安定するようになります。

ある程度大きな会社であれば導入することは可能かもしれませんが、小さな会社やフリーランスの人たちがサブスクリプションビジネスを始めようと思ってもなかなか成功させることができません。

そこで大切になってくるのが高額商品です。

サブスクリプション型のビジネスは大きな企業がやるようなビジネスモデルなのですが、高額商品を販売するビジネスモデルは小さな会社や個人の方が行いやすいです。

さらには、あるメリットがあるので人によってはサブスクリプション型よりも高額な商品の方が嬉しいという人たちもいます。

次に高額商品を販売する上でのメリットとデメリットについてお伝えできればと思います。

 

高額商品のメリット、デメリット

高額商品を販売することで以下の様なメリットとデメリットがあります。

メリット

・利益率が高い

・満足度が高い

・販売数が少なくてもいい

 

・利益率が高い

高額商品を販売することで利益率を高めることができます。

値段の低い商品の場合、何百個単位で販売しないと元が取れないということがあるのですが、高額商品の場合は商品の原価にもよるのですが、基本的に原価以上の値段で商品を販売することができるので、利益が取りやすいです。

なので、大量生産ができない小規模の会社であれば高額商品を扱ったほうが事業が運営しやすくなります。

 

・満足度が高い

高額商品は商品に対して原価を多くかけることができるので、最高のサービスをお客様に提供することができます。

なので、利用した人の多くを満足させるような商品を作ることができるので、満足度の高い商品を提供することができます。

それによって生涯顧客を生み出しやすく高額商品を販売すればするほど事業が安定しやすくなります。

 

・販売数が少なくてもいい

高額商品を販売する際には数を売る必要はありません。

高額商品はお客様に満足をしてもらうことが重要で、数を増やすよりも質を高めてお客様の満足度を高めていくことが重要になります。

なので、考え方として数を多く売って利益を取るのではなく、質を高めて生涯顧客を増やして長期的な利益を増やしていくというような考え方にしていくことで、大量生産や営業をしなくても事業を回していくことができます。

デメリット

・売れにくい

・怪しまれる

・サポートが大変

 

・売れにくい

高額商品を扱う上で最もデメリットになる部分としてあるのが売れにくいという点です。

いくら素晴らしい商品を作成したとしても商品が売れなければ全く意味がありません。

なので高額商品を生み出す際には「どのように販売をしていくのか?」ということも踏まえた上で作成をしていく必要があります。

 

・怪しまれる

高額商品を扱っていると、「値段が高い」ということだけで怪しまれる場合があります。

これは日本人ならではの部分もあるのですが、日本人は「安い」とか「無料」という言葉に弱く、「高い」「高額」という言葉には抵抗があります。

なので無意識に高額商品を購入することを避けている人が多いので、セールスの仕方や PR の方法を考えておく必要があります。

 

・サポートが大変

高額商品の場合サポートをセットにする場合がほとんどなのですが、商品の内容によってはサポートが大変になってしまう場合が多いです。

値段が高いということもあり、お客様からの要求も強くなる傾向にあります。

なので高額商品を販売する時には、しっかりとしたサポート環境も整えておく必要があります。

 

高額商品を扱うことで以上のようなメリットやデメリットがあります。

 

事業に安定をもたらす3つの理由

引用元:https://www.pakutaso.com/20190649175post-21526.html

 

次に、本題であるなぜ高額商品を扱うと事業を安定へ導いてくれるのかについてお伝えできればと思います。

以下のような理由があるからこそ、高額商品を扱うことで事業を安定へ導いてくれます。

事業が安定する3つの理由

・事業が循環しやすい

・一人の顧客のために作れる

・多人数を必要としない

 

・事業が循環しやすい

メリットでもお伝えさせていただいたのですが、高額商品を扱うことで利益率を高めることができます。

なので、事業を開始した段階から利益がたまりやすく、たまったお金を事業投資に回すことができるので、早い段階でビジネスの基盤を構築することができるようになります。

そうすることで、お客様にさらに喜ばれる商品を作ることができ、生涯顧客を生み出しやすい環境をいち早く整えることができます。

利益を抑えているビジネスモデルではこの考え方をすることができないので、事業が安定するまでに時間がかかってしまいます。

なので、小規模のビジネスであれば高額商品を扱ったほうが早い段階で安定した基盤を作ることができ、その基盤ができてからサブスクリプションのようなビジネスモデルを導入した方が事業を効率的に成長させていくことができます。

 

・一人の顧客のために作れる

今の時代において「信用」というのはとても大切です。

情報が溢れている現代において信用を失ってしまったビジネスは淘汰されていく傾向にあります。

このことを考えた時に

 

低価格の商品でお客様の信用を得ることができるのか?

 

と考えてみると、ある程度基盤がしっかりしている大きな企業でなければ難しいと思います。

なので、小規模のビジネスが低価格の商品を販売することは今の時代においてはリスクになってしまう場合があります。

そうなるのであれば、原価がかかったとしても高額な商品を作成して、お客様が100%に近い形で満足してもらえるような商品を販売した方が信用を獲得しやすくなります。

 

・多人数を必要としない

高額商品は、お客様一人一人に向けて提供する場合が多いので、サポートが大変になることが多いです。

なので、手間がかかる場合が多く、大企業が高額商品を扱わない理由でもあります。

大企業は「大量生産」「仕組み化」を重視する傾向があるので、サポートが必要になるビジネスには手を出さないことがほとんどです。

なので、これから事業を始めたとしても、大企業がライバルになることがありません。

さらには、高額商品を販売すれば、商品の中にサポートとの代金も含めた上で販売してしまえばいいので、お客様一人一人に対応したとしても十分に利益をとることができますし、お客様ごとに柔軟な対応を行うことができます。

その結果、お客様の満足度も高めることができるので、生涯顧客になってくれやすいです。

 

これら三つの理由があるからこそ小規模ビジネスは高額商品を扱ったほうが事業が安定しやすくなります。

 

最後に

高額商品を扱うとなると少しばかり抵抗があると思います。

 

「本当に売れるのか?」「本当にこの値段で売っていいのか?」

 

と言った疑念が出てくると思うのですが、心配する必要はありません。

金額に対しての対価を決めるのはお客様です。

お客様が最もを求めているサービスを提供することができたのであれば、いくら値段を上げだとしてもお客様は商品に満足してくれます。

それが100円の商品でも10万円の商品でも同じことが言えます。

高額な商品を購入する人は100円の商品を購入して満足できなくて10万円の商品を購入してどうしても満足を得たいという人たちが集まってきます。

このような人たちに対して適切なサービスを提供することができれば、高額な商品を販売したとしても商品は売れていきますし、むしろ相手から求められます。

なので、最初は少し抵抗があるかもしれませんが、自身の商品に価値があるのであれば是非高額商品も取り扱ってみてはいかがでしょうか? 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です