成果の出るランディングページ(LP)の王道の作り方と流れ

成果の出るランディングページ(LP)の王道の作り方と流れ

ランディングページを活用することで集客を行ったり、販売を行ったりすることができます。

なので、多くの企業で導入されているのですが、ランディングページを導入するだけでは意味がないのです。

ランディングページを活用し、集客力を強化したり、売上をアップさせるような結果が伴わなければページを作ったとしても意味がありません。

そこで今回は、成果の出るランディングページを作成するためには何をすればいいのかについてお伝えできればと思います。

 

成果が出ないランディングページの特徴

引用元:https://den-crea.com/professional/website/3466/

 

成果の出ないランディングページには以下のようなものが含まれている場合が多いです。

成果の出ないランディングページの特徴

・デザイン性に欠けている

・目的が明確じゃない

・自社中心のページになってしまっている

 

デザイン性に欠けている

ランディングページを作成する上ではデザイン性も重要です。

ランディングページを見る人の多くが初めてあなたの商品や会社を知る人がいる場合が多いです。

その時にデザイン性の低いページを見たお客様はどのように思いますか?

 

こんな適当なページから商品を購入したくない

 

という風に思われる可能性があります。

なので、成果の出ないランディングページほどデザイン性が欠けている場合があります。

 

目的が明確じゃない

成果の出ないランディングページほど何を伝えたいのかがわからない場合があります。

文章の構成段階で目的をしっかりしていないランディングページほど文章に一貫性がなく、読んでいてつまらないものになっていたり、何を伝えたいのかがわからないような文章になってしまっていることがあります。

目的が明確にされていないランディングページはお客様からみても

 

何をして欲しいのか?

 

が分からなくなってしまうので必然的に成果が出にくくなります。 

 

自社中心のページになってしまっている

ランディングページを作成している自社中心のページになってしまう場合が多いです。

商品の魅力だけを書いてしまったり、ライバルのことを何も書かず自社が有利になるような文章ばかり書いてしまうと

 

「読んでてもつまらない」「これって本当なの?」

 

と、読んでいて不満が出やすい文章になってしまいます。

このような文章を見たとしてもお客様は何も動いてくれません。

このような内容が含まれているランディングページは世の中に数多く存在しており、改善するには正確な知識を身につける必要があります。

次にランディングページの作り方についてお伝えできればと思います。

 

代表的なランディングページの作り方

代表的なランディングページの作成の流れは以下のようなものになっています。

ランディングページの作り方

・目標を決める

・誰に向けて作るのかを決める

・構成を決める

・コンテンツを作成する

・デザインを作成する

・セールス方法を決める 

 

目標を決める

ランディングページを作成するで

 

何を達成するためにページを作成するのか?

 

ということをまず初めに決めておく必要があります。

目標が定まっていない文章は一貫性がなくなってしまう可能性が高く、さらには、ページ全体の構成を目標に対して作らなければ成果が出にくいランディングページになってしまいます。

なので、目標を最初に決めておく必要があります。

あとここで注意していただきたい点としてあるのが、目標は「明確な目標」の方が成果が出やすいランディングページを作成することができます。

例えば

 

「とりあえず1000人ぐらい集客をしたい」

 

というような目標を立てたとしても、どのように集客をすればいいのかが明確になりません。

なので目標を設定する場合は

 

20代男性年収400万円以上のサラリーマンの人たちを1000人集客する

 

といったような明確な目標を立てることで、 その人たちに向けたランディングページを作成することができます。

 

誰に向けて作るのかを決める

ランディングページを作成する上では「誰に見てもらいたいのか?」 というのを具体的にしておく必要があります。

この際よく用いられる方法として「ペルソナ」を用いた方法があります。

 

ターゲットとなるペルソナを作成し、

 

「その人が何をすれば商品を購入してくれるのか?」

「その人たちに何を提供すれば集まってくれるのか?」

 

ということを明確にする必要があります。

これを明確にしていない状態でランディングページを作成してしまうと、誰に対してのメッセージかがわからなくなってしまうので、成果が出にくくなってしまいます。

ペルソナについて詳しく知りたい方は、こちらを参考にしてください。

 

ペルソナ分析とは?|具体的な使い方と意味について解説!!

https://bizitore.com/2021/03/02/persona-analysis/

 

構成を決める

目標とターゲットを決めた後は、ページの構成を決めていきます。

代表的なページの構成は以下のような流れになっています。

 

引用元:https://mtame.jp/advertisement/LP/

 

コンテンツを作成する

ページの構成が決まりましたら、次にランディングページに沿ったコンテンツを作成していきます。

ランディングページは、あくまでも相手に商品やサービスを見てもらうきっかけを作ることは出来るだけで、そこから後のことも考えていかなければいけません。

ランディングページはあくまでも目標を叶えるための過程をサポートするために作成するものなので、ランディングページを見たお客様を満足させるようなコンテンツも作成していかなければなりません。

コンテンツのクオリティが低ければランディングページの質がいくら高くても成果が出なくなってしまうので、コンテンツもしっかりと作成するようにしましょう。

 

デザインを作成する

全体の構成とコンテンツが決まりましたら、それに合ったデザインを作成していきましょう。

最初にもお伝えしたようにデザインが悪ければそれだけでお客様は離れていってしまいます。

逆に、デザインが良ければお客さまは最後までランディングページを見てくれるようになります。

そのくらいデザインは重要になりますので、ランディングページで成果を上げたい場合はしっかりと造り込むようにしましょう。

 

セールス方法を決める

ランディングページの中でセールスを行うと思うのですが、そのセールスの方法をターゲットに合わせて変えるようにしましょう。

よくやってしまうのが他の成功例を真似してセールスの構成を決めてしまうのですが、ターゲットによって好まれるセールスと嫌われるセールスがあるので注意が必要です。

同じような商品を販売している成功例であれば真似しても問題ないですが、違うジャンルの成功例を参考にしてしまうと嫌がられるセールスになってしまう可能性があるので、セールスはターゲットにあわせて設定するようにしましょう。

この部分で最終的な成果が決まってくるので何度もテストを行って

 

成果の出るセールスは何なのか?

 

を明確にしていくようにしましょう。

 

ランディングページを作成する際の注意点

次に ランディングページを作成していく上での注意点についてお伝えできればと思います。

ランディングページを作成していく上での注意点は以下のようなことがあります。

作成する上での注意点

・改善は定期的に行う

・目的だけにならないようにする

・ターゲットを広げすぎない

 

改善は定期的に行う

ランディングページを作成する上で最も重要なこととしてあるのが改善作業を行うということです。

ランディングページを作成するだけでは成果の得られるページを作成することはできません

市場の声を聞き何度も改善を繰り返すことでターゲットにあったランディングページを作成することができるようになります。

そのようになった時に初めて成果の出るランディングページを作成することができるようになるので、改善作業は欠かさずに行うようにしましょう。

 

目的だけにならないようにする

ランディングページを作成するにあたって目的だけに特化した内容になってしまうとお客様が見て面白くない文章になってしまうことがあります。

自社としては目的だけを伝えてお客様に動いてもらうことが最も良いのですが、実際のところ文章を見るのはお客様なので、 お客様に合わせた文章にしていく必要があります。

そこでオススメなのが、自身のストーリーをランディングページの中に含めるようにしましょう。

 

なぜこの商品をあなたに届けたいのか?

 

という裏づけになる部分をストーリーを用いることで導入することができ、さらには、商品の背景を知ることでお客様の感情を動かすことができます。

例えば

 

「この商品は我が社が自信を持って紹介する商品です」

 

という文章か

 

この商品は目の見えない20代の男性に向けた商品です

 

という文章の方が購入したいと思いませんか?

この部分を加えるだけでランディングページの成果も変わってきます。

 

ターゲットを広げすぎない

ランディングページを作成する上でターゲットを広げすぎないようにしましょう。

ターゲットを広げると見てくれる分母を増やすことができるので、成果が上がりやすいように思えるかもしれませんが、ターゲットを広げれば広げるほど内容の薄い文章になってしまいます。

例えば、「20代男性」に書く文章か、「20代男性、年収400万円以上、子供持ち、離婚歴あり」に対して書く文章では内容が大きく異なって行きます。

なので、ペルソナを作成する際は、ターゲットを広げすぎないように注意しましょう。

 

いいランディングページを作成するには?

最後に良いランディングページを作成するためには何をすればいいのかについてお伝えできればと思います。

いいページを作成するためには

・成功例を参考にする

・改善を繰り返す

 

成功例を参考にする

初めてランディングページを作成するのであれば、成功例を参考するようにしましょう。

初めて書くとき、自身の文章で書いてしまうと売れにくいランディングページになってしまう場合がほとんどです。

ランディングページに書かれている文章には、法則性があり、ランディングページにはそれが多く含まれています。

なので、成功例を真似して何度も文章を書くことで法則性を掴むことができ、成果の出やすいランディングページをいち早く作成することができるようになります。

 

改善を繰り返す

上記でもお伝えさせていただきましたが、成果の出るランディングページを作成するためには改善が必須です。

初めから成果の出るランディングページを書くことができるマーケッターはごくわずかです。

ほとんどの成功しているページは、何度も市場の声を聞き、改善を繰り返して、ようやく成果が出たものばかりです。

なので、失敗を恐れず、何度も挑戦して、何度も改善を繰り返せばおのずと成果が出るランディングページを作成することができるようになります。

ですので、何度も改善を行うようにしましょう。

 

最後に

成果の出るランディングページを一つでもを作成することができればビジネスを劇的に変えることができます。

そのくらいランディングページには可能性があり、お客様を直接動かすことができる部分です。

初めはうまく作成することができないことがほとんどですが、何度も改善を繰り返していくことで成果を出すことができるのがランディングページのいいところでもあるので、ぜひ何度もチャレンジして最高のランディングページを作成してくださいね。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です