なぜキャラクターマーケティングを導入すべきなのか?|導入すべき3つの理由を解説!!

なぜキャラクターマーケティングを導入すべきなのか?|導入すべき3つの理由を解説!!

世の中にはマーケティング手法がいくつもあります。

「コンテンツマーケティング」だったり「デジタルマーケティング」であったりと、様々な名前のついたマーケティング手法があるのですが、その中でも今回ご紹介させていただく、キャラクターマーケティングはある意味どの手法よりも強力なものだといえます。

キャラクターマーケティングを事業に導入することで、売上を伸ばすことだけでなく今までの考え方を大きく変えることができる力を持っています。

それほど強力なキャラクターマーケティングについて今回お伝えできればと思います。

 

キャラクターマーケティングとは?

引用元:https://staseon.com/library/article_282/

 

キャラクターマーケティングとは、名前の通りキャラクターを用いたマーケティング手法のことを言います。

代表例で言えば、くまモンやふなっしーなどが挙げられます。

自身の事業を何かしらのキャラクターに置き換えて紹介することで、事業の印象を変えることができます。

 

事業の印象を変えることに意味はあるの?

 

と思うかもしれませんが、もしくまモンがいなければあなたは熊本県に興味をもちますか?

おそらく、くまモンから熊本県に興味を持った人はいるかもしれませんが、熊本県からくまモンにいくことはほとんどありません。

それぐらいキャラクターの効果というのは想像以上のものがあります。

 

キャラクターマーケティングのメリット・デメリット

キャラクターマーケティングのメリットとデメリットは以下のようなものがあります。

メリット

・顔出し声だしが不用

・キャラクターに価値を持たせることができる

・ビジネスのデザインに困らない

 

顔出し声だしが不用

キャラクターマーケティングを導入する際に、顔出しや声出しは必要ありません。

キャラクターは動いたり、話す必要はありません。

ウェブサイトをイメージして頂ければ分かりやすいと思うのですが、ウェブサイトのトップにキャラクターがのっているサイトを見たことありませんが?

そのキャラクターは別に喋るわけでも動くわけでもないのですが、特にキャラクターがのっているだけで事業をやらかいものに見せることができます。

そうすることで事業の活動に興味がなくても、キャラクターに興味があるからこそ事業のことを見てくれるという流れを作り出すことができるので、ウェブサイトであれ、SNSであれ、どのような媒体でも、キャラクターを持っていくだけで事業を変えることができます。

 

キャラクターに価値を持たせることができる

キャラクターを作ることで、キャラクター自体に価値を持たせることができます。

これもくまモンを想像して頂ければ分かりやすいのですが、商品にくまモンのイラストを載せるだけで商品が売れていきます。

逆に、商品にくまモンのイラストがなければ商品は売れにくくなります。

このように人気のキャラクターを商品に掲載するだけで商品の売れ行きを変えることができます。

なぜこのようなことができるのかと言うと、それはキャラクター自体に価値がついているからです。

このようにキャラクターマーケティングを導入して、事業ではなく、キャラクターを人気にしていくことでキャラクターだけでも収益を生み出していけるようになります。

 

ビジネスのデザインに困らない

ビジネスを行っていると、様々な物を作っていくと思います。

宣伝用の資料を作ったり、広告を作ったり、ウェブサイトを作ったりと

事業を行っていく上であらゆる場面でデザインが必要になることがあるのですが、その時にキャラクターがいればそのキャラクターを中心にデザインを作っていくことができます。

そうすることで一からデザインを作る必要がないうえに、キャラクターが載っている方がいい印象を与えることができるので、キャラクターを一つ作るだけでデザインで困ることがなくなります。

デメリット

・キャラクターがメインになってしまう

・現実感を出せない

 

キャラクターがメインになってしまう

キャラクターマーケティングを導入することで、キャラクターを有名にしていくことができるのですが、事業全体がそのキャラクター中心になってしまいます。

事業全体がキャラクター中心で良ければいいのですが、キャラクター以外の他の人をブランディングしたいと思った時にキャラクターが邪魔をしてしまう場合があるので注意が必要です。

 

現実感を出せない

キャラクターの種類によっては現実感をなくしてしまう場合があります。

キャラクターがどんどん人気になっていくのはいいのですが、キャラクターを見て商品を購入した人が

 

「あんな可愛いキャラクターが紹介してくれていたから・・・」

「キャラクターが楽しそうに紹介してくれていたから・・・」

 

といったような、商品を購入した後に現実とのギャップが生まれてしまう場合があります。

 

以上のようなメリットとデメリットがありこれらを理解した上でキャラクターマーケティングを導入していく必要があります。

次にキャラクターマーケティングを導入すべき三つの理由についてお伝えできればと思います。

 

キャラクターマーケティングを導入すべき3つの理由

キャラクターマーケティングを導入すべき理由は以下のようになっています。

キャラクターマーケティングを導入すべき3つの理由

・会社のイメージをよくできる

・「難しそう」を「簡単そう」にできる

・理想を作ることができる

 

会社のイメージをよくできる

キャラクターを導入するだけで会社のイメージや事業のイメージを良くすることができます。

なので扱っている商品によってはその商品だけで

 

「怪しい」「怖い」

 

と思われてしまうのですが、キャラクターに置き換えることでこのようなイメージをなくすことができます。

そうすることで商品の性能を見てもらえる「きっかけ」を作ることができます。

 

「難しそう」を「簡単そう」にできる

キャラクターを導入するだけで難しそうなことを簡単に見せることができます。

例えば、教科書をイメージして頂ければ分かりやすいと思うのですが、教科書に文字だけ書いてあったのどうですか?

 

読みたいと思いますか?

 

では、同じ内容で教科書の中に画像やイラストが入っていたらどうですか?

 

文字ばかりの教科書よりもみたいと思いませんか?

 

この考え方は実際に小学生の教材などにも活用されており、キャラクターを加えるだけで難しいそうなものを簡単に見せることができます。 

 

理想を作ることができる

キャラクターマーケティングの最大のメリットとしてあるのが理想を作ることができるという点です。

この部分が強いからこそある意味最強のマーケティング手法と言えます。

なぜ理想を作ると強いのかと言うと、例えば、ドラマとアニメがあった時にアニメでやってることをドラマ化するとクオリティが落ちたように思いませんか?

同じ内容の事を行ったとしても「理想で行われているもの」と「現実で行われているもの」だけで相手に与えるイメージが変わってきます。

このように理想の中で行われているものは、相手によく見せることができるので、最高のイメージを相手に与えることができます。

この事を例えると、有名人がいい例だと思います。

テレビで毎回出ている有名人が自身とは全く関係ないジャンルのことを紹介していたとしても

 

「この人が紹介しているのであれば安全」

「この人が紹介しているのであれば一番いいもの」

 

というように考えたことありませんか?

このように「○○さんが紹介したから・・・」というのをキャラクターでも置き換えることができます。

つまり、一つのキャラクターを作り出すことが出来れば、どのようなことも相手に「安心」と「信用」を与えることができるのです。

そうなると、どのような商品を紹介したとしてもお客様は購入してくれるようになるので、ある意味この手法は最強の手法と言えます。

 

このような大きなメリットがあるからこそキャラクターマーケティングは事業に導入すべきなのです。

 

キャラクターマーケティングの導入の流れ

上記デメリットの方をお伝えさせていただきましたが、では実際に何をすればキャラクターマーケティングを事業に導入することができるのかについてお伝えできればと思います。

 

キャラクターマーケティングを導入する流れは以下のような流れとなっています。

キャラクターマーケティングの導入方法

1.コンセプトを決める

2.キャラクターを作成する

3.キャラクターをブランディングする 

 

1.コンセプトを決める

まずはキャラクターを作る上でのコンセプトを決めていく必要があります。

 

何をするためのキャラクターにするのか?

どのようなことをキャラクターにさせるのか?

 

といったようなことを始めに決めておくことでキャラクターのデザインやブランディングの方向性を決めていくことができます。

 

2.キャラクターを作成する

1で決めたコンセプトをもとにキャラクターを作成します。

キャラクターについてはイラストでもいいですし、自分自身がキャラクターになるでも問題ありません。

これはあなたが行っているビジネスによって異なってくるので、自身のコンセプトに合わせたキャラクターを作っていくようにしましょう。

 

3.キャラクターをブランディングする

キャラクターが作成できたら、そのキャラクターを広めていきます。

キャラクターはただ広めるだけでは意味がないので、しっかりとしたブランディングも行っていくようにしましょう。

ブランディングを疎かにしてしまうとキャラクターマーケティングの効果が薄れていくので、広める際はブランディングも一緒に行うようにしましょう。

 

この流れ通りにキャラクターを作成するだけで、キャラクターマーケティングを事業に導入することができます。

 

最後に

キャラクターマーケティングをうまく活用することができれば、事業が劇的に変わります。

今まで売れなかった商品がキャラクターの効果で売れるようにもなりますし、今まで見向きもされなかった人たちに事業を見てもらえるきっかけを作ることがあります。

このようなことができるのは数あるマーケティング手法の中でもキャラクターマーケティング以外にはないので、もしどのマーケティングを導入するか悩まれているのであれば、キャラクターマーケティングを是非導入してみてください。

上手くいけば思ってる以上の成果を出すことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です