【ある意味最強】個人の働き方が最強である理由

【ある意味最強】個人の働き方が最強である理由

今の時代へ個人で働くことは当たり前になってきています。

専業として働く人もいれば、サラリーマンをしながら副業として個人で働くといったように、ネットの環境を活用すれば誰でも手軽にビジネスを始めることができるようになりました。

なので多くの方が個人の働き方を生活に導入しているのですが、現在のところ8割以上の人が3万円以下しか稼げていないというのが現状です。

 

「3万円もあれば十分!」

 

と思われるのであればこの記事を見る必要はないと思います。

ですがもし

 

頑張ってはいるが3万円しか稼げない・・・」

 

となっているのであれば是非この記事をご覧になってみてください。

この記事では稼ぐというよりも「個人で働く」という意味を理解することができる内容となっています。

個人で働くことはどういうことで

 

なぜ個人でも働けるようになっているのか?

 

ということを理解することで、個人で働くことは最強の働き方であるということに気づくことができます。

そのことに気づくことによって、月3万円の壁を超えることができるようになると思いますので、今回はそのことについてお伝えできればと思います。

 

個人で働くとは?

引用元:https://www.imajina.com/brand/entry/845

 

そもそも個人で働くとは、組織で仕事をするのではなく自身だけでビジネスを行うことをいいます。

代表的な個人の働き方としては、フリーランス、個人事業主などがあります。

他にも会社に属しながら個人で副業をするという働き方もあり、個人の働き方は様々です。

ネットが栄えるまでの時代であれば、このような働き方をすることは難しく、様々な弊害がありました。

それは今も続いており、

 

個人で働くなんて・・・

 

と思う方はたくさんいらっしゃいます。

ですが、ネットが栄えたということは思ってる以上に個人にとってメリットが大きく、個人でも企業並みに収益をあげることはそこまで難しくありません。

なぜそのようなことが言えるのかについて次にお伝えできればと思います。

 

個人と企業の違い

ネットが栄えた事でなぜ個人が強くなっていったのかと言うと、それは個人と企業の働き方の違いにあります。

個人と企業の働き方の違いとしては以下のような違いがあります。

個人と企業の働き方の違い

企業=時間による労働

個人=結果による労働

 

このような違いがあり、個人の働き方であれば、結果によって収益を決めることができるからこそネットが栄えた今の時代に合っているのです。

なぜネットが栄えたことと結果による労働があっているのかと言うと、例えば、あなたが YouTube を始めたとします。

 YouTube を動画を投稿して、その動画の pv 数によって収入を得ることができるのですが、この働き方を「個人でやるか」「企業でやるか」で違いを見ていこうと思います。

企業で YouTube を始めた場合、いくらあなたが PV 数を伸ばしたとしても、その収益はすべて会社のものになって、あなたがもらえるのは最初に契約をした固定給のみです。

一方、個人で YouTube を始めた場合、あなたがPV数を伸ばせば伸ばすほどその収益はあなたのものになります。

このように会社であれば固定給として毎月安定した収入をもらうことは出来るのですが、いくら頑張っても固定給しかもらえません。

ですが、個人であれば「結果=収入」なので、あなたが頑張れば頑張るほど収入を増やすことができます。

このような働き方がネットが栄えたことによって当たり前になってきており、この働き方をする上では個人の方が圧倒的に有利です。

 

このこと以外にも個人で働くことには様々なメリットがあり、次にそのことについてお伝えできればと思います。

 

個人で働くメリット、デメリット

個人で働くメリット、デメリットは以下のようなものがあります。

メリット

・仕事を自分で決めれる

・労働時間は自由

・人としての信用がある

 

仕事を自分で決めれる

個人の働き方は基本自由です。

会社や組織で働くのであれば、ある程度方向性が決まっている場合がほとんどです。

例えば、電気会社に勤めていて、いきなり仕事で生花をすることはないと思います。

 

「こんなことはありえない」

 

と思うかもしれませんが、個人であればこのような仕事の仕方も可能です。

このように自由に働き方を決められるというのは、個人の大きなメリットです。

 

労働時間は自由

個人の働き方は時間による労働ではないので、労働時間は自由です。

会社の働き方であれば、最初に決められた労働時間をこなさなければ、固定給をもらうことはできません。

ですが個人の働き方は、結果による収入なので、極端な話「労働時間0で月収100万円」といった働き方をすることも可能です。

 

人としての信用がある

企業で働いていると、あなたが出した実績は企業のものになります。

ですが、個人の働き方をしていれば、あなたが出した実績はあなたのものになります。

なので、仕事を行う際に会社であれば「会社に対して」仕事を依頼するのですが、個人の働き方であれば「あなたに対して」仕事を依頼してくれるようになります。

それによりお客様と信頼関係を築きやすいので、仕事の単価を上げることができたり、長期的に仕事をもらい続けることができるようになります

デメリット

・事業としての信用が低い

・社会的な地位が低い

 

事業としての信用が低い

個人の働き方のデメリットとしてあるのが事業の信用が低いというところです。

どのようなジャンルのビジネスを行うにしても企業と個人が争った場合、企業の方が信用が高くなりやすいので個人は勝つことが難しくなります。

なので、広告や宣伝を行ったとしても信用されず、なかなか成約に至らない場合があります。

 

社会的な地位が低い

個人の働き方は令和になって本格的になってきたので、社会的な環境が整っていないのが現状にあります。

会社で働いている方が社会的地位が高く、銀行の融資を受けることができたり、ローン組めたりすることができます。

ですが、個人は社会的地位が低いので、銀行から融資を受けることができなかったり、ローンを組むことができなかったりします。

 

これらのメリットとデメリットがあり、これらを理解したうえで個人での働き方を考えていく必要があります。

個人のメリットとデメリットが分かったところで、次は本題である個人の働き方が最強な理由についてお伝えできればと思います。

 

本題に入る前に

本題に入る前に少しお伝えしたいことがあります。

何をお伝えさせていただくのかというと、それは、ここで言う「最強」という意味は、どういう意味で最強なのかについてお伝えできればと思います。

ここで言う最強は、やりがいを持って仕事を行っていく上で「最強」という意味だと捉えていただければと思います。

最初の方にもお伝えしたように個人の働き方は、結果による収益です。

なので、あなたが努力すればするほどそれが結果として表れるので、仕事にやりがいを持つことができます

これは会社員でも味わうことが出来るのですが、個人の結果が成果に直結する割合を比べると低いです。

なので

 

「収益にしても」「やりがいにしても」「自由度にしても」

 

個人の働き方の方が仕事としてのやりがいが高いので働く上では最強の働き方になるのかと思います。

そのことを踏まえた上で個人の働き方が最強である理由について解説させていただければと思います。

 

個人の働き方が最強である理由

個人の働き方が最強である理由は以下のようなことがあるからここにいます。

個人の働き方が最強である理由

・システムが溢れている

・人件費がかからない

・環境が整っている

 

システムが溢れている

今の世の中はサブスクリプションビジネスが流行っていることにより、本格的なシステムを定額で利用することができるようになりました。

会社に勤めている間は、どのような業務にしても一つのシステムしか利用しないことがほとんどですが、個人であればそのような縛りもないので複数のシステムを自由に活用することができます。

それによって、色々な会社の強いところだけを利用することができるようになったので、会社で導入する高額なシステムよりも優秀なシステムを個人でも定額で利用することができるようになったので、本格的な仕事を家の中でも行うことができるようになりました。

 

費用がかからない

個人で働いている間は費用がかかることがほとんどありません。

個人の働き方では、人を雇う必要もありませんし、事務所を借りる必要がありません。

個人で働くうえでは、パソコン1台あれば家の中だけで仕事をこなすことができます。

なので、事業において無駄な費用がかかることがないので、超低資金からビジネスを始めることができます

 

環境が整っている

今の時代個人で働くことが当たり前になりつつあるので、様々な環境が整え始めています。

昔は「営業を取るには足を運ぶ」というのが当たり前だったのですが、今はパソコン1台あれば、世界中の誰とでも無料でつながることができます。

他にも様々な企業が様々なビジネスを展開してくれているお陰で、 個人ビジネスに必要なもののほとんどは、すべて市場に揃っています。

なので、これからビジネスを始めたとしてもあまり困ることがなく、スムーズにビジネスに取り組んでいくことができます。

 

これらの理由があるからこそ個人でビジネスを行う上では

 

「超低リスク」で「超自由」に「超収益」を稼ぐことができるので、個人の働き方は最強の働き方といえます。

 

最後に

個人の働き方は徐々に良くなりつつあります。

国が副業を推進し始めてから、様々なシステムや事業の形が登場してきたので、これから個人ビジネスの始める上では最高の環境が整いつつあります。

 

「もうすでに市場は飽和している」

 

と言っている人もいるのですが、個人の働き方には決まった形などがないので、ビジネスチャンスは無限大にあります。

ちょっとしたアイディアが何億円の利益に代わるかもしれないのがビジネスのいいところでもありますので、もし収益をもっと上げたいと思うのであれば個人の働き方というのを今一度勉強してみてはいかがでしょうか? 

 

そうすることで市場との戦い方を見極めることができ、3万円の壁を超えることができるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です