ペルソナ分析とは?|具体的な使い方と意味について解説!!

ペルソナ分析とは?|具体的な使い方と意味について解説!!

今の時代に様々な媒体から商品やサービスを販売することができます。

ネットショップや営業代行、代理店などを活用して販売を行うことができるのですが、あることが明確になっていなければ全てにおいて成果が出ない可能性があります。

そのあることというのが「ターゲット」です。

商品を販売するターゲットが明確になっていない状態で、いくら様々な媒体を活用して商品を販売したとしても、思ったような成果を得ることはできません。

それほどターゲットを明確にするというのは大切なことなのですが、多くの方が曖昧にターゲットを設定してしまっている場合があります。

そのような状態でセールスを行ったとしても成果は出ません。

そこでオススメの方法としてあるのが「ペルソナ分析」です。

ペルソナ分析を活用することでターゲットを明確にすることができ、成果をもたらすためのセールスを行うことができるようになります。

今回はペルソナ分析についてお伝えできればと思います。

 

 

ペルソナ分析とは?

 

ペルソナ分析とは、商品サービスの受け手となる代表的な顧客像を言語化してその行動や思考を分析する方法です。

年齢や性別などの基本的な情報のほか、どのような生活をしているのか、どのような情報に触れているのか、何を感じ考えているのか、といった情報を収集整理します。

集めた情報をもとに、一人の顧客を想像して、その顧客に対して「どのように商品を販売するのか?」「どのような商品をお求めているのか?」といった分析を行っていきます。

 

 

ペルソナ分析の目的

 

ペルソナ分析を行う目的としては以下のようなことがあります。

 

ペルソナ分析の目的

・ターゲットを明確にすることができる

・アポローチの仕方を見極めることができる

・新たな可能性に気づくことができる

 

 

・ターゲットを明確にすることができる

 

ペルソナ分析を行うことで自社が誰に商品を提供するのかというのを明確にすることができます。

セールスやマーケティング基盤を構築する際、「誰のため」というのが明確になっていない状態でいくら素晴らしい商品を作ったとしても商品が売れることはありません。

例えば、今の時代に最新型のガラケーを作ったとしてもスマホには勝つことはできません。

ターゲットが明確になっていないとこのような問題が発生する場合があります。

このようにならないためにもペルソナ分析は必要になってきます。

 

 

・アポローチの仕方を見極めることができる

 

ターゲットが明確になることでアプローチの仕方を決めていくことができます。

商品やサービスを提供する上で、

 

「製品を作ってしまえば終わり」

 

というわけではありません。

製品を作ったのであれば、それを販売するためのマーケティング基盤を構築しなければいけませんし、商品を購入した後のアフターサポートもしなければいけません。

その際に商品と異なるセールスをしてしまうとそれだけで商品が売れなくなってしまいます。

例えば、旧型のスマホを最新のスマホを持っている人に提供して売れると思いますか?

ほとんどの場合売れないと思います。

このように商品を作ったとしてもターゲットに対してのアプローチが間違っていれば成果が出ることはありません。

それらの基盤を構築する上でもペルソナ分析は役に立ちます。

 

 

・新たな可能性に気づくことができる

 

ペルソナ分析を行うことで、新たな可能性に気づくことができます。

ペルソナを構築する場合ターゲットとなる人の細かな情報を設定していきます。

そのデータを集めることによってターゲットとなる人の様々な情報を手に入れることができるので、そこから新たなビジネスの可能性を導き出すこともできます。

例えば、ダイエットをしたいと思っている人が自社の商品であるダイエットサプリメントを購入した際に、ターゲットとなっている人を分析すると、運動を頻繁にすることが判明したので、ダイエットサプリメントに加えてスポーツジムの会員権もセットにするといったような発想をすることができるようになります。

他にも得た情報から様々な転換をすることは可能ですので、新たな可能性を見つけるという上でもペルソナ分析は効果的な方法です。

 

 

ペルソナ分析の流れ

 

ペルソナ分析の流れは以下のようなものとなっています。

 

ペルソナ分析の流れ

1.現段階で理想となっているターゲットを指定する

2.インタビュー、アンケートを行う

3.情報の整理をする

4.出来上がったペルソナを元に改善を行う

 

 

1.現段階で理想となっているターゲットを指定する

 

商品開発やマーケティング基盤を構築する際にイメージとしていたターゲットを明確にし ていきます。

この段階では、曖昧にしていた部分を具体的にしていくというのを意識して行うと効果的です。

 

 

2.インタビュー、アンケートを行う

 

商品を利用した人や街頭アンケートなどを行い、実際の市場のデータを集めていきます。

 

 

3.情報の整理をする

 

最初に設定したターゲットとアンケートやインタビューで手に入れた情報を合わせて明確なターゲット像を作成していきます。

 

 

4.出来上がったペルソナを元に改善を行う

 

明確になったターゲット像元に現在の商品の改善やマーケティング基盤の改善を行っていきます。

 

完成例

引用元:https://www.coprosystem.co.jp/persona/

 

このような流れでペルソナ分析を行うことで明確なターゲットを見つけていくことができます。

 

 

ペルソナ分析の精度を上げるためのコツ

 

ペルソナ分析を行う際に以下のことを意識すると精度を高めることができます。

 

ペルソナ分析の精度を上げるためのコツ

・詳細な情報を書き出すことを意識する

・多くのデータを集める

・リアルな声を見抜く

 

・詳細な情報を書き出すことを意識する

ペルソナ分析を行う際は必要じゃないと思った情報も書き出すようにしましょう。

その時には必要ないと思ったことでも、データを集めた後に必要だったということがあるので、正確なペルソナ作成するのであれば、少しでも気になった部分があれば、書き出すようにしましょう。

 

・多くのデータを集める

ペルソナ分析を行うときは色々な角度からデータを集めるようにしましょう。

ひとつの情報源を頼りにデータ収集を行ってしまうと偏ったデータが出やすくなります。

そうなってしまうと正確な分析が行えなくなります。

 

・リアルな声を見抜く

アンケートやインタビューを行う際は、そのままの意見をペルソナに取り入れてはいけません。

アンケートやインタビューの場合、多くの人達が本音を語ってくれません。

テレビのアンケートなどをイメージしていただければわかりやすいのですか、テレビのアンケートで本音で答える人はほとんどいません。

世間の建前を気にした言葉で話すので、これでは本当の声を聞くことができません。

なので、アンケートを行う際はその言葉をそのまま利用するのではなく、その裏側に隠された部分を意識しながらデータを取るようにしましょう。

 

最後に

ペルソナ分析はビジネス全体に利用することができるフレームワークです。

どのようなビジネスも第三者に商品を提供することで初めて利益を得ることができます。

なので、どのような企業も第三者に何かを提供することを考えてビジネスモデルを作るので明確な第三者の指定が行われていなければ、軸のぶれたビジネスになってしまいます。

そのような状態でビジネスを続けていってしまうと、最初は売れたとしても徐々に売れなくなっていき、改善したとしてもターゲットが明確になっていないので、成果の出ない改善になってしまい、最終的には事業が潰れてしまうということになりかねません。

なので、今後ビジネスを成長させていきたいのであれば、ペルソナ分析は有効な手段になってくると思いますので、ぜひ活用してみてはいかがでしょうか? 

ペルソナ分析とは?|具体的な使い方と意味について解説!!」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です