ファイブフォース分析とは?|具体的な使い方と意味について解説!!

ファイブフォース分析とは?|具体的な使い方と意味について解説!!

ビジネスを行っていく上で市場の価値を知ることは大切です。

市場の価値を知らなければ、今後ビジネスが成長していくかどうかも分かりませんし、逆にビジネスが衰退する可能性も知ることができません。

そのような状態でビジネスを続けて行ったり、新規参入を考えるのであればリスクが伴います。

なので、「市場の価値を知る」ということが大切なのですが、その際に活用できるフレームワークとして「ファイブフォース分析」というものがあります。

今回はファイブフォース分析についてお伝えできればと思います。

 

ファイブフォース分析とは?

ファイブフォース分析とは、「買い手の交渉力」「売り手の交渉力」「業界内の競争」「新規参入者の脅威」「代替品の脅威」の五つの要因を切り口として業界の競争構造や魅力度を分析する方法です。

これら五つの要因が多かったり、強かったりする状態であればあるほど、その業界の競争は激しく、収益化のハードルが高いことを意味します。

自社の属する業界の競争構造を把握したり、参入を検討している業界の競争構造を分析する際に活用します。

 

ファイブフォース分析の必要性

ファイブフォース分析が必要な理由としては以下のようなものがあります。

ファイブフォース分析が必要な理由

・市場価値を知ることができる

・参入、撤退のタイミングを知れる

・最適な資源をすることができる

 

市場価値を知ることができる

ファイブフォース分析を行うことで市場価値を知ることができます。

最初にもお伝えしたように市場価値を知ることで、事業の今後の成長度をはかることができたり、市場が衰退してしまう可能性を知ることができます。

それを知ることによって

 

このままの事業でいいのか?

 

というのを判断することができ、戦略を変えたり、新しいことに挑戦するべきなのかを判断することができます。

 

参入、撤退のタイミングを知れる

市場を知ることで参入するタイミングや撤退するタイミングを見極めることができます。

ファイブフォース分析で、今後市場が伸びることが予想できたのであれば参入するタイミングですし、逆に成長の兆しが少ないのであれば、事業から撤退するタイミングといったように分析を行うことができます。

 

最適な資源配分をすることができる

複数の事業を抱えている場合、ポートフォリオを組んで事業に対しての資産を分配することがあると思います。

その時に、ファイブフォース分析を行うことで、市場の価値に合わせて適切な資源配分を行うことができます。

 

「伸びていない」「成長に期待できない」

 

と言うのであれば配分を減らせばいいですし、

 

「これから伸びていく」「成長に期待」

 

となったのであれば、配分を増やしていくというようにすることができます。

 

このようにファイブフォース分析をうまく活用すれば、市場の中で有利にビジネスを進めていくことができるようになります。 

 

ファイブフォース分析の意味

「買い手の交渉力」

買い手とは、自社の商品サービスを購入してくれる企業や個人などの顧客です。

買い手が「独占的な状態にあるか?」「ニーズが変化していないか?」「他社製品に乗り換えしやすいか?」など買い手の交渉力が高くなる要素を考えます

 

「売り手の交渉力」

売り手とは、商品サービスを提供するために必要なパーツや素材などの仕入先です。

仕入先の企業や業界が自社に及ぼす影響を整理します。

 

「業界内の競争」

業界内に「どのような競合が存在しているか?」また「競合にはどんな工夫や戦略があるか?」について情報収集し、整理します。

 

「新規参入者の脅威」

業界への参入障壁の高さや、新規参入者の存在を整理します。

設備投資があまり必要でなかったり、技術の習得難易度が低かったりすると、新規参入者の脅威が高まります。

 

「代替品の脅威」

既存の商品・サービスと同様のニーズを、さらに高いコストパフォーマンスで満たすことのできるモデルが創出可能かどうか分析します。

 

ファイブフォース分析のやり方

1.分析する業界を明確にする(例:フリーランスの転職市場)

 

2.図の空欄を埋めていく

 

3.埋め終わったら内容を再度確認し、現在の市場を判断する

このような流れで分析を行うことで、ファイブフォース分析を行うことができます。

 

最後に

ファイブフォース分析を行うことで、市場の現状を知るだけでなく、市場の魅力知ることができるので、次のアイディアを考えていくこともできます。

 

今後何をすれば市場で勝ち残っていくことができるのか?

 

ということを考える際にもファイブフォース分析は活用することができるので、市場で生き残っていく上でファイブフォース分析のフレームワークはとても便利です。

なので、もし事業を持っていて、「攻めるべきなのか?」「引くべきなのか?」を明確にしていきたいのであれば、ファイブフォース分析をぜひ活用してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です