売り上げを2割アップさせる市場分析のコツとフレームワークを徹底解説!!

売り上げを2割アップさせる市場分析のコツとフレームワークを徹底解説!!

自社の売上アップさせたいと思いませんか?

 

もし思ってるのであれば、この記事を見ていただくと思ってる以上の成果を出すことができるようになるかもしれません。

そのくらい重要なことを今回書かせて頂いたと思っています。

今回の内容は市場分析について書かせていただいたのですが、

 

「市場分析ってそんなに重要?」

 

と思われているのであれば是非ご覧になってみてください。

考え方が大きく変わると思います。

それくらい市場分析は重要なことで自社の売上に直結するような要素がそろっています。

今回は知るだけで売上を2割アップさせることができる市場分析についてお伝えできればと思います。

 

 

なぜ市場分析を行うのか?

引用元:https://eikaiwa-highway.com/interrogative-pronoun/

 

ビジネスを行う上で市場分析を行わないことは致命的です。

なぜそのようなことが言えるのかということなのですが、以下の要因があるからこそ市場分析を行うべきなのです。

 

市場分析を行うことで

・自社の戦略が見える

・戦うべき市場がわかる

・狙うべきターゲットがわかる

・敵を知ることができる

 

自社の戦略が見える

市場分析を行うことで自社の戦略をどのようにすればいいのかを明確にしていくことができます。

市場分析を行っていない状態で商品開発を行ったりセールスを行ってしまうと、

 

「誰が購入したい商品なのか?」

 

がわからないまま市場に出すことになるので、売れない商品、売れないセールスになりやすいです。

 

さらには、何もターゲットが決まっていない商品やセールスはライバルと重なる場合があるので、価格競争に巻き込まれたり要らない争いに巻き込まれてしまう可能性があります。 

 

戦うべき市場がわかる

市場分析を行うことで自社が今後どのように戦っていけばいいのかということを明確にすることができます。

 

「どのような商品を作って」「どのようなセールスをして」「どのようにサポートして」

 

といったようなことを全て明確にしていくことができるので、商品やサービスを販売していく上で必要な要素を手に入れることができます。

 

狙うべきターゲットがわかる

自社の商品やサービスが誰に対して効果を発揮しているのかというのを明確にすることができます。

例えば、お腹周りのダイエット商品を作ったとして、その商品が決してぽっちゃりとしている人だけに売れるとは限りません。

体系は普通でもお腹周りだけ痩せない方が利用するかもしれませんし、筋トレをしているのサポート商品として活用されるかもしれません。

このように商品のカテゴリーを絞っていたつもりでも、さらに細かく見ていくと新たな市場を見つけることができたり、今後の商品展開の新たな発想に繋がっていくこともあります。 

 

ライバルを知ることができる

市場を知ることでライバルがどのようなことをしているのかを把握することができます。

基本的にどのようなジャンルのビジネスを行ったとしてもライバルは存在しており、そのライバルが

 

「どのように市場と向き合って戦っているのか?」「何をして成果を上げているのか?」

 

などを知ることができます。

さらには、ライバルを分析することで自社の強みも知ることができ、今後市場で戦っていくためのヒントを手に入れることができます。 

 

以上のようなことがあるので市場分析を行っても損はありません。 

 

市場分析を行うべき最大の理由

上記のようなメリットがあるからこそ市場分析が行われるのですが、これらに加えてもう一つ大きな理由があります。

 

その理由というのが

 

無駄な費用を減らすことができる

 

という点です。

 

事業を行っていくうえで費用をかけないことはとても大切です。

市場分析を行うことで明確にターゲットを指定した上で広告費や宣伝費をかけていくことができるので、無作為に広告を出すよりも費用を抑えることができます。

さらには、費用を抑えたとしても興味を持っている人達に対してアポローチをかけることができるので、広告費が無駄になりにくいです。

他にも何かしらのコンテンツを作るときや商品を作る際にターゲットが明確になっていればその人たち向けに商品を作っていくことができるので、今後ビジネスでかかるであろう費用を軽減していくことができます。

市場分析を行うだけでお金を減らさず効率的にビジネスを活性化させていくことができるので、どのような事業においても市場分析を行うことをオススメします。

 

市場分析の種類

次に市場分析では「どのような分析を行っていけばいいのか?」についてお伝えできればと思います。

市場分析の種類

・自社分析

・顧客分析

・競合分析

 

これら三つの分析を行うことで自身のビジネスに関係する市場の分析を行うことができます。

 

自社分析

自社分析とは、市場における自社のポジションを分析することを言います。

自社分析を行うことで自社がどの市場のどこに所属していて、どのようなポジションを築き上げているのかなど、自社に関係するあらゆることを分析していき、今後の戦略ややるべきことについて明確にしていくことができます。

 

顧客分析

顧客分析とは、自社の商品やサービスを利用している人たちや興味を持っている人達が

 

「何を考えているのか?」

 

を明確にしていくための分析の事を言います。

顧客分析を行うことで、自社の商品を使った人がどのようなことを考えていて、

 

なぜ自社の商品を使ってくれるのか?

 

といった部分を明確にしていくことができ、今後のサポートの仕方や商品の改善点などを見つけていくことができます。

 

競合分析

競合分析とは、自社と同じような商品を販売している他の企業がどのような活動をしているのかを分析していくことを言います。

競合分析を行うことで、ライバルの強みと弱みを明確にしていくことができ、集めたデータから今後自社がどのように活動していけばライバルに勝つことができるのかなどを明確にしていくことができます。 

 

これら三つの分析を行うことで自社から見た市場を分析することができるので、事業に関わる様々なデータを手に入れることができます。 

 

代表的な市場分析の方法

次にそれぞれの分析を行う際に役に立つフレームワークについてお伝えさせていただければと思います。

「市場分析をする重要性はわかったけどやり方が分からない・・・」

という方はフレームワークを活用するとスムーズに分析を行うことができるようになります。

フレームワークは、当てはめるだけで分析を行うことができる便利なものになりますので、ぜひ活用してみてくださいね。

 

自社分析

PEST分析

引用元:https://cyber-synapse.com/dictionary/en-all/pest-analysis.html

 

PEST分析は、自社の事業や組織に与える「マクロ的な環境要因」を考える際に便利なフレームワークです。

PESTの略は「Politics(政治)」「Economy(経済)」「Society(社会)」「Technology(技術)」の頭文字を取った物で、この4要素を切り口として、変化を予想し、事業の未来シナリオを設計していきます。

時代の変化という大きな流れの中で自社について考えられるのがPEST分析のいいところです。

具体的な活用方法について知りたい方はこちら

 

PEST分析とは?|具体的な使い方と意味について解説!!

https://bizitore.com/2021/03/11/pest/

 

ファイブフォース分析

引用元:https://drm.ricoh.jp/lab/glossary/g00035.html

 

ファイブフォース分析とは、「買い手の交渉力」「売り手の交渉力」「業界内の競争」「新規参入者の脅威」「代替品の脅威」の五つの要因を切り口として業界の競争構造や魅力度を分析する方法です。

これら五つの要因が多かったり、強かったりする状態であればあるほど、その業界の競争は激しく、収益化のハードルが高いことを意味します。

自社の属する業界の競争構造を把握したり、参入を検討している業界の競争構造を分析する際に活用します。

具体的な活用方法について知りたい方はこちら

 

ファイブフォース分析とは?|具体的な使い方と意味について解説!!

https://bizitore.com/2021/03/12/five-force/

 

VRIO分析

引用元:https://dyzo.consulting/618/

 

VRIO分析は、経営資源と活用能力を分析する手法のことを言います。

分析対象となる資源に対して、「Value(経済価格)」「Rarity(希少性)」「Inimitability(模倣困難性)」「Organization(組織)」の4つの切り口から、情報収集や評価、今後の方針を検討します。

具体的な活用方法について知りたい方はこちら

 

VRIO分析とは?|具体的な使い方と意味について解説!!

https://bizitore.com/2021/03/13/vrio-analysis/

 

SWOT分析

引用元:https://keywordmap.jp/academy/swot/

 

SWOT分析は、自社を取り巻く周囲環境を分析し、強みや弱みを把握するフレームワークです。

「好影響、悪影響」と「内部環境、外部環境」の二つの軸で構成されるマトリックスを作成し、「Strengths(強み)」「Weaknesses(弱み)」「Opportunities(機会)」「Threats(脅威)」の4現象について分析を行います。

SWOT分析を活用することで、内部と外部、そしてプラス面とマイナス面の両方に目を向けて分析を行うことができるので、強みと弱みの両方を見抜いていくことができます。

具体的な活用方法について知りたい方はこちら

 

SWOT分析とは?|具体的な使い方と意味について解説!!

https://bizitore.com/2021/03/14/swot-analysis/

 

顧客分析

パレート分析

引用元:https://media.mar-cari.jp/article/detail/647

 

パレート分析は、「自社への貢献度が高い要素は何か?」「自社の資源をどこにどのくらいたくべきか?」といったことを考えるフレームワークのことです。

限られた資源の中で最大の成果を得るための意思決定をする際に、判断材料を見出すことができます。

マーケティングや営業の場面を始め、クレームや不良品の発生数を分析し、対策を検討する時にも活用できます。

具体的な活用方法について知りたい方はこちら

 

パレート分析とは?|具体的な使い方と意味について解説!!

https://bizitore.com/2021/03/15/pareto-analysis/

 

RFM分析

引用元:https://www.dangobros.com/crm/index.htm

 

RFM分析とは、自社にとっての優良顧客を抽出・分類する分析手法です。

顧客の状況や特性に合わせたマーケティング施策を実施していくために活用されます。

具体的には顧客を「最新購買日」「購買頻度、累計購入回数」「累計購買額」の三つの項目を切り口として分類分析します。

具体的な活用方法について知りたい方はこちら

 

RFM分析とは?|具体的な使い方と意味について解説!!

https://bizitore.com/2021/03/19/rfm-analysis/

 

ペルソナ分析

引用元:https://www.coprosystem.co.jp/persona/

 

ペルソナ分析とは、商品サービスの受け手となる代表的な顧客像を言語化してその行動や思考を分析する方法です。

年齢や性別などの基本的な情報のほか、どのような生活をしているのか、どのような情報に触れているのか、何を感じ考えているのか、といった情報を収集整理します。

集めた情報をもとに、一人の顧客を想像して、その顧客に対して「どのように商品を販売するのか?」「どのような商品をお求めているのか?」といった分析を行っていきます。

具体的な活用方法について知りたい方はこちら

 

ペルソナ分析とは?|具体的な使い方と意味について解説!!

https://bizitore.com/2021/03/02/persona-analysis/

 

競合分析

4P分析

引用元:http://www.i-i-b.jp/blog/2717/4p-marketing/

 

4P分析は「製品」「価格」「流通」「購買促進」の四つの要素からマーケティング戦略の分析や設計を行う分析方法のことを言います。

自社のマーケティング戦略を設計する際はSTP分析と組み合わせて

「誰に」「何を」「どのように」

提供するのかを検討していきます。

他社を分析する際は、それぞれの要素をチェックし他社の意図や自社が競争優位性を見出すことができるポイントを考えていきます。

具体的な活用方法について知りたい方はこちら

 

4P分析とは?|具体的な使い方と意味について解説!!

https://bizitore.com/2021/03/16/4p-analysis/

 

バリューチェーン分析

引用元:https://torteo.jp/media/atcl-6644/

 

バリューチェーン分析は、企業が顧客に提供する価値の連鎖を可視化する手法のことを言います。

活動を切り分けて考えることで、競争優位性を細かく分析したり、各活動のコストや貢献度を分析したりすることができます。

このフレームワークによって事業の流れを具体的にしていくことができ、事業戦略を考える際に便利です。

具体的な活用方法について知りたい方はこちら

 

バリューチェーン分析とは?|具体的な使い方と意味について解説!!

https://bizitore.com/2021/03/17/value-chain-analysis/

 

コア・コンピタンス分析

引用元:https://media.mar-cari.jp/article/detail/670

 

コア・コンピタンス分析は、「顧客への価値提供を行う能力の家他社には真似することのできない中核的な能力」を分析するフレームワークのことです。

簡単に言えば、競合と比較しながら「他社には真似できない自社の強み」を分析することができます。

具体的な活用方法について知りたい方はこちら

 

コア・コンピタンス分析とは?|具体的な使い方と意味について解説!!

https://bizitore.com/2021/03/18/core-competence-analysis/

 

以上のようなフレームワークを活用することでスムーズに市場分析を行うことができるようになります。

 

市場分析を行う上でのコツ

次に市場分析を行う上でのコツについてお伝えできればと思います。

以下のようなことを意識して市場分析を行うことでスムーズに市場分析を行うことができるようになります。

市場分析を行う上の3つのコツ

・ライバルとの違いを明確にする

・自社のポジションを正確に把握する

・情報収集の幅を広げる

 

ライバルとの違いを明確にする

市場分析を行っているときに意識していただきたいのが「ライバルと自社は何が違うのか?」というところです。

フレームワークに当てはめて市場分析を行うと、ある程度ライバルとの差は見えてくるのですが、意識せずに分析するのと意識しながら行うとでは分析の質が大きく変わってきます。

なので、フレームワークを活用する時もライバルのことを意識しながら分析を行うことで正確な分析を行うことができるようになります。

 

自社のポジションを正確に把握する

分析を行っている時によくやってしまうのが分析だけに集中してしまうことです。

 

「分析は何のために行うのか?」

 

ということを忘れて分析を行ってしまうと、データだけは取れるかもしれませんが自社では実現不可能なデータであったり、時代と会っていないデータになってしまうことがあります。

なので分析を行う際は

 

自社が今後どのようなことをしていかなければならないのかを明確にしていくために分析を行う

 

ということを忘れてはいけません。

 

情報収集の幅を広げる

分析を行う際は様々な媒体から情報を手に入れていくことがほとんどだと思います。

その時によくやってしまうのが、ひとつの媒体だけの情報を中心に分析を行ってしまうということです。

優秀なページなどを見つけるとそのページのことだけが分析の対象となってしまって、様々な視点から分析を行うことができなくなってしまいます。

そのようにならないためにも分析を行う際は、ひとつの媒体だけを信じるのではなく、複数の媒体から情報を手に入れるようにしましょう。

 

以上のような骨を踏まえた上で市場分析を行うことで正確な分析を行うことができるようになります。

 

最後に

市場分析は自社をを成長させるうえでとても大切です。

基本どのビジネスモデルも市場に対して何かしらの商品やサービスを提供し、それを購入してくれる人がいて初めてビジネスが成り立ちます。

なので、自社の理想だけでビジネスをしている間は売上を伸ばすことが難しくなります。

自社の考え方と市場の考え方が合わさって初めて売上をアップさせることができるようになりますので、ぜひ一度市場分析をしてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です